NTTファイナンス Bizカード 専門家が分析 /年会費無料のビジネスカード

法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

法人カード 最強
NTTファイナナスBizカード

NTTファイナンス Bizカードは法人・個人事業主の方向けの入会費・年会費無料のビジネス用カードです。三井やJCBカードなどのクレジットカード会社と比べてやや地味に感じるかもしれませんが、「年会費無料でポイント還元率が1%」という点で実は玄人好みの隠れたハイスペックな法人カード/ビジネスカードといえます。

NTTファイナンス Bizカードは法人と個人事業主どちらもOK

NTTファイナンス Bizカード for Ownersは個人事業主向け

NTTファイナンス Bizカードは法人カードと「NTTファイナンス Bizカード for Owners」という個人事業主向けビジネスカードの2種類があります。基本スペックは基本的に同じですが引き落とし口座や支払い回数に違いがあります。小規模起業や個人事業主・フリーランスの方に人気の事業用カードといえます。

法人カード 個人事業主カード
引き落とし 法人口座のみ 個人口座・屋号名口座から
支払回数 1回払のみ 1回、2回、リボ・分割・ボーナス払い
名義 法人名義・代表者など連帯保証人が必要 個人名義

法人カードには連帯保証人が必要

法人カードのみ連帯保証人が必要となります。と言っても多くは会社の代表者本人がなることが多いです。

NTTファイナンス Bizカードは年会費無料の法人カード

NTTファイナンスbizカード 年会費無料

冒頭で述べたようにNTTファイナンス Bizカードのレギュラーカードは法人カード・ビジネスカードなのに年会費が無料。世の中の法人カードには「初年度だけ年会費無料」というものが多いですがNTTファイナンス Bizカードは永年無料です。

年会費の相場として一般カードなら年間数千円、ゴールドカードなら年間1万〜数万円かかります。これが10年20年続くとなると結構な出費になりますが、永年年会費無料なのでその分を別の目的に使えるのです。

年会費無料というのは大きなメリットと言えるでしょう。

追加カードの年会費も無料

従業員や用途によってカードを使い分けしたい場合に発行する追加カードの年会費も永年無料です。追加カードの発行枚数は複数枚可能となっています。

ETCカードの年会費は500円

ETCカードの年会費は500円です。カードや追加カードの年会費が無料なのを考えるとまぁ500円くらいならいいかなと思いますね。ETCカードの発行枚数は複数枚可能となっています。

NTTファイナンス Bizカードはポイント還元率1%

NTTファイナンスBizカード ポイント

一般的にビジネスカードの通常の還元率は0.5〜1%が相場といえます。例えばゴールドカードである「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は年会費が34,100円ですがポイント還元率は1%です。(一般カードは0.5%程度の相場が多いです。)

一方でNTTファイナンス Bizカードは年会費無料でポイント還元率1%。上限金額や保険など付帯サービスに差があるので単純にこれだけで比較はできませんが年会費と還元率だけで見ると非常に優秀です。

ビジネス経費100万円使えば1万円分相当という還元率になるのでこの点は明確に素晴らしいといえます。

NTTファイナンス Bizカードの旅行傷害保険

NTTファイナンス Bizカードには海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯。国内旅行傷害保険も同様に最高2,000万円付帯しています。一般カードには国内保険だけの場合やそもそも保険が付帯していないケースも多いので2000万円付帯は良い方だと思います。

NTTファイナンス BizカードはWeb明細編集サービス機能付きで経費精算が便利

クラウド会計システムの登場により経費精算が格段に進歩するこの頃。NTTファイナンス BizカードはWeb明細編集機能という便利な機能がついています。用途によりWeb明細を分割可能です。

例えば1枚のカードでも利用者や勘定科目などに応じて明細書を10枚まで分割して発行することができます。印刷やPDF出力、CSV出力が可能です。

個人事業主の方はプライベート用と事業用をこの1枚で使い分けることもできるのが利点と言えそうですね。

NTTファイナンス Bizカードの利用限度額は?

NTTファイナンスBizカードは小規模の法人や個人事業主(フリーランス)の方をターゲットにしたビジネスカードということもあり、利用限度額は40万円・60万円・80万円となっています。審査結果により上限が決められる他、自分で設定することもできます。
他のカードと比べると利用枠は大きいとは言えませんが、一般的な経費として使うにはちょうど良い金額とも言えます。
もう少し大きな利用枠が必要な方は100万円・150万円・200万円の利用枠のある「NTTファイナンスBizカード ゴールド」を選ぶか、他にも一般カードで利用限度額の大きなカードを探してみると良いでしょう。

NTTファイナンス Bizカードの審査は?甘い?

NTTファイナンス Bizカードが甘いかどうか…。審査についてはあくまで推測となりますが、このカードが小規模の法人人気があるという点や個人事業主向けにも対応しているという点、さらには法人の場合には代表者が連帯保証人になるため貸し倒れリスクが少ないという点から判断して審査ハードルは比較的低いと思われます。

別の法人カードやビジネスカードで審査落ちしたという方もぜひ一度トライしてみてください。質問系サイトやSNSを検索してみましたが、起業したての方や売上が低い方でも審査通過の報告が見られました。

関連記事:法人カード審査甘いのはどこ?通過の秘訣とは?専門家が大公開

法人の場合は登記簿謄本が必要

法人カードを申し込む際には登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行日より6ヶ月以内のものが必要です。コピーでも可です。もし申込書と本社所在地が異なる場合でも大丈夫です。公共料金や社会保険料の領収書や・税金の納税証明書で補完すればOK。

個人事業主は本人確認書類が必要

個人事業主の方はもちろん登記簿謄本は不要。

運転免許証やパスポート、健康保険証から2点か、1点+公共料金や社会保険料の領収書や・税金の納税証明書・住民票から1点の書類でOKです。

NTTファイナンス Bizカードの申込方法

NTTファイナンス Bizカードは下記公式サイトから申し込むことができます。法人の方と個人事業主の方で申込方法が分かれるのでそれぞれ紹介します。

NTTファイナンス Bizカード(法人)申込方法

申込みは資料請求が必要で→申込書を記載し返送する必要があります。

  1. 下記公式サイトから入会申込書を資料請求
  2. 入会申込書を返送
  3. NTTファイナンスでの審査
  4. カード到着

年会費無料のNTTファイナンスBizカード公式サイト

NTTファイナンス Bizカード for Owners(個人事業主)申込方法

申込みはオンラインで行うのが便利です。基本的に必要情報を入力するだけなのですぐ申し込めて楽ですね。

  1. 下記公式サイトにて申込み内容を入力
  2. NTTファイナンスでの審査
  3. 審査結果をメールで受信
  4. カード到着

年会費無料のNTTファイナンスBizカード公式サイト

NTTファイナンス Bizカードのキャンペーン情報

2020年9月17日までのキャンペーンとしてNTTグループカード会員向けのWEBマガジン「Trace」にて「デロンギ 全自動コーヒーマシン マグニフィカ」が当たるキャンペーンを実施中のようです。

 

関連記事:年会費無料法人カード 10枚以上を一気に比較
関連記事:希少! 年会費無料 アメックス法人カード を紹介
関連記事:希少! 年会費永年無料 法人カード を紹介
関連記事:年会費無料 Visa法人カード を紹介

関連記事:希少! 審査なし? 法人プリペイドカード を紹介
関連記事:法人カードの審査 についてプロが解説

 

法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ