法人カード審査甘いのはどこ?通過の秘訣とは?専門家が大公開

法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

法人カード選び方
法人カード 審査

法人カードの作成は、個人用クレジットカードに比べて審査が厳しいイメージがあるのではないでしょうか。実際に審査落ちしてしまった人も少なくないでしょう。ですが、審査の基準を理解して適切なカードを選択すれば、審査を通過するのはさほど難しいことではありません。ここでは、法人カードを作成する際に重視されると言われる審査基準と事前の準備、そして比較的審査基準がゆるいとされるカードをご紹介します。

※クレジットカードの審査基準は明示されていない上、法人カードとなると過去の会社の信用だけでなく個人の信用や経歴など複雑な要素が絡んでいきます。あくまで参考として御覧ください。

法人カード審査基準で重要とされる3要素

法人カードを作成する際には審査基準が3つあります。

審査①:会社設立の年数

事業がどれくらい継続しているかを表す事業歴は重要度が高い判断基準になります。一般的な判断基準は3年以上とされており、起業直後や事業歴2年未満の法人はその事業歴の短さだけで審査落ちになるケースも多く見られます。会社という組織を維持・継続するのは難しいことです。3年以上を経過した会社は安定し、その後も事業を継続できる可能性が高いため、カード会社も未回収の心配はないと判断し審査が通りやすくなります。

審査②:財務状況

売上高や最終利益などの業績が悪い法人もなかなか審査を通過できません。赤字決算の法人は貸し倒れのリスクが高くなるためです。ただし、起業したばかりで実績がない、意図的に赤字決算としたなどという場合でも審査に通る可能性があります。カード会社はキャッシュフローに滞りがないかという点に着目するため、赤字であれば絶対に審査を通過できないというわけではありません。

審査③:代表者の信用

会社が審査通過の条件を満たしていても、代表者の信用情報に問題があると審査を通過できないことがあります。代表者自身に過去に滞納が多いことや自己破産、債務整理などがあれば、十分審査落ちの理由になってしまいます。経営者のクレジットヒストリーが重要な判断基準になると言えます。

この3つの基準で一定の基準を満たすことは重要だと言われています。

※これらの基準はあくまで大きな要素と噂される項目を抜粋しただけで、明示されているものではありません。

法人カード審査に落ちるという方へ

3つの審査基準を満たしていないからと言って諦めてしまう前に、審査通過の可能性が上がる事前準備と対策をまとめてみました。

固定電話回線を設置する

カード会社では申し込みのあった法人の実在確認のため、固定電話や事業所の所在について確認を行います。固定電話回線を設置することでカード会社に営業実態がつかみやすいとの好印象を与えることが可能です。大手カード会社ほど法人の実在を確認しているため、逆に携帯電話しか登録がないと審査落ちの理由になりかねません。

代表者の個人カードをグレードアップする

代表者個人のクレジットカードをグレードアップすると法人カードの審査に通過できる可能性が高くなります。ステータスの高い個人用クレジットカードを利用していると代表者自身の信用度が高いとみなされ、法人カードの審査に好影響となるからです。

プロモーションを利用して申し込む

プロモーションとは、カード会社が行うカード発行の促進活動です。空港やショッピングモールなどを利用して週末や休日に行われることが多いですが、プロモーションにはノルマが設定されているため、審査の際に優遇される可能性が高いです。

実は法人カード、審査通過しやすいカードがあるんです。

しかしこれらは決して簡単な方法ではないですよね。
実はここ数年クレジットカード会社も、カードの契約数を増やしたいために「起業したて」「信用が足りない」会社でも作りやすいカードをラインナップしているんです!

審査基準が甘い法人クレジットカードは?

審査条件を満たせない法人でも審査通過が可能なカードが存在します!

それが入会時に登記簿謄本や決算書類など法人として提出が必要な書類は一切不要、代表者個人の本人確認書類のみ提出すれば良いというカードです。

法人カード作成が初めてだという人や個人事業主、フリーランスの人を対象としていますので、審査に落ちてしまった人は諦める前に一考の価値があります。三井住友やJCBなど大手クレジットカードが参入しており、各社法人カードの特典はもちろんですが、中にはビジネスシーンで輝くステータスカードもありますので、是非検討してみてください。

【大公開】審査通過したい方向け法人カード一覧

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカードのおすすめポイント

  • 登記簿謄本・決算書の提出不要!
  • 法人・個人事業主が対象。スタートアップにも
  • 格式高い三井住友ブランドの法人カード
  • 最大21,000円分の入会キャンペーン中!!!
公式ページはこちら

NTTファイナンス Bizカード

NTTファイナンスBizカードのおすすめポイント

  • 年会費:無料。追加カードも無料
  • 高還元!ポイント還元率1%。
  • 保証内容も充実

詳細を見る:NTTファイナンス Bizカード

公式ページはこちら

法人カードの審査

法人カードには必ず審査がありますが、基準を理解して通過のための準備をすれば、ハードルを越えやすくすることは不可能ではありません。さらに審査基準がゆるいカードを選択すれば、失敗なしで作成することも難しくはないでしょう。審査条件を満たしていないからと諦めず、適切なカードを選択し準備をすれば法人カードの作成も可能ですので、是非参考にしてみてください。

法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ