ギフトで広げるSDGsの輪、「ラクサス」がサービス体験3ヵ月分をプレゼントとして提供開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
ギフトで広げるSDGsの輪、「ラクサス」がサービス体験3ヵ月分をプレゼントとして提供開始

【 ギフトで広げるSDGsの輪 】世界最大級のブランドバッグのシェアリングサービス「ラクサス」がサービス体験3ヵ月分をプレゼントとして提供開始

ラクサス・テクノロジーズ株式会社 のSDGsへの取り組み

ラクサス・テクノロジーズ(株式会社本社:広島県広島市、代表取締役:児玉 昇司)は、eギフトプラットフォーム事業を展開する株式会社ギフティ(本社:東京都品川区/代表取締役:太田 睦、鈴木 達哉)とコラボレーションし、世界最大級のブランドバッグのシェアリングサービス「ラクサス」のサービス体験3ヵ月分をeギフトとして提供開始いたしました(「ラクサス」ギフト販売ページ https://laxus.e-gift.co/)。
大切な人に「ありがとう」の気持ちとともに、クリスマスやカウントダウンパーティ、お正月などイベント目白押しのホリデーシーズンをブランドバッグで華やかに彩る体験をプレゼントいただけます。

「ありがとう」の気持ちとともに贈る3つの感動体験

私たちラクサスは、eギフトプラットフォーム事業を展開する株式会社ギフティとのコラボレーション企画として、世界最大級のブランドバッグのシェアリングサービス「ラクサス」のサービス体験3ヵ月分をeギフトとして提供開始いたしました。
このギフトでは、大切な人に「ありがとう」の気持ちとともに、以下3つの体験を贈ることができます。

①ホリデーシーズンのコーディネートに『本当のお気に入り』を取り入れて楽しむ

世界最大級のブランドバッグのシェアリングサービス「ラクサス」では、ルイヴィトンやシャネル、エルメスをはじめとする60ブランド40,000種類のブランドバッグをご用意しています。
たくさんのブランドバッグの中から『本当のお気に入り』を選んで、コーディネートに取り入れる体験を楽しんでいただけます。

②「ラクサス」のサービス体験で得られる『楽しさ』を大切な人と共有

「ラクサス」会員の皆さまより、かねてから「親しい人にラクサスのサービスをプレゼントしたい」とのご要望をいただいておりました。
今回のコラボレーション企画により、「ラクサス」のサービス体験で得られる『楽しさ』を、友人やご家族など大切な人と共有いただくことが可能になりました。

③ファッションを楽しみながら環境保護に貢献

私たちラクサスは、創業以来のパーパス【 サステナブルな社会の実現 】のため、会員の皆さまとともにサービス開始以来6年以上ブランドバッグの廃棄ゼロの継続、ブランドバッグを梱包する配送箱のリユースによる月間3トン以上のCO2削減などを実現してきました。
このギフトで、『ファッションを楽しみながら環境保護に貢献できる体験』をプレゼントできます。

■「ラクサス」eギフト販売ページ :https://laxus.e-gift.co/

ラクサスについて

【 ラクサスについて 】

「ラクサス(https://laxus.co/?adv=pt04)」は、世界で初めてラグジュアリーブランドのバッグに特化した
シェアリングサービスです。
世界最大級を誇るバッグの品揃えは、60ブランド40,000種類。全てのバッグが交換自由で定額使い放題。

また、クローゼットに眠るブランドバッグを貸し出ししてお小遣いを得られる『LaxusX』、ラクサスで利用したバッグを購入できる『買えちゃうラクサス』を展開し、循環型シェアモデルを形成。
2020年には循環型のビジネスモデルが評価され、内閣総理大臣表彰『日本サービス大賞』においてファッション業界初となる受賞を果たしました。

ファッションを愛する全ての人たちと共に「地球に優しく」「ファッションを楽しむ」世界を共創すべく、シェアリング・エコノミーを牽引するリーディングカンパニーとして事業を展開しています。
▷「ラクサス」無料アプリのダウンロードはこちらから(https://app.adjust.com/PT1201

【 SDGsに関する取り組み 】

ラクサス・テクノロジーズ株式会社は、創業以来のパーパス【 サステナブルな社会の実現 】のため、「12:つくる責任つかう責任」「13:気候変動に具体的な対策を」「7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「5:ジェンダー平等を実現しよう」「8:働きがいも経済成長も」「4:質の高い教育をみんなに」「17:パートナーシップで目標を達成しよう」などのゴール達成に向けて、さまざまな取り組みをしています。

◇ 【 サステナブルな社会の実現 】のための取り組み事例 ◇
■パリコレデザイナーや世界的翻訳者など、各業界の著名人にご協力いただき、『サステナビリティ』『エシカル』などをテーマとしたインタビュー動画を撮影。公式YouTubeより配信。
▷公式YouTube URL : https://www.youtube.com/channel/UCIRzezJsTjKjooVNElA7YwA
■自社のリペア技術者によるメンテナンスと、ラクサスの理念に共感した会員の皆さまの丁寧な取り扱いにより、サービス開始以来6年間で55万回以上バッグを貸し出し、廃棄したバッグはゼロ。
■会員の皆さまの約8割のご協力を得て、バッグをお届けする配送箱の再利用(エシカルボックス)を推進。月間3トン以上のCO₂削減を実現。
■配送箱として使えなくなった「エシカルボックス(リユース配送箱)」を裁断し、バッグ配送時の緩衝材として再利用する、梱包資材の『リサイクル100%』プロジェクトの推進。
■世界トップレベルのファッションの学校『文化服装学院』とともに、エシカルにファッションを楽しむ未来の共創への取り組み。

 ラクサス運営会社について

会社名:ラクサス・テクノロジーズ株式会社
東京オフィス:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー
広島オフィス:広島市中区中町8-18広島クリスタルプラザ
Laxus Base:広島市南区
代表者名:児玉 昇司
サービスサイト:https://laxus.co/?adv=pt04
コーポレートサイト:https://corp.laxus.co/?adv=pt04

株式会社ギフティについて

社名:  株式会社ギフティ
所在地:  〒141-0022 東京都品川区東五反田2丁目10−2 東五反田スクエア12階
設立:  2010年8月10日(サービス開始:2011年3月)
資本金: 1,892百万円(2021年9月末時点)
代表者:  代表取締役 太田 睦、鈴木 達哉
事業内容: eギフトプラットフォーム事業の展開
giftee サービスサイト: https://giftee.com/

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ