株式会社NMT Japanが横浜市SDGs認証制度“Y-SDGs”の認証を取得

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
株式会社NMT Japanが横浜市SDGs認証制度“Y-SDGs”の認証を取得

クリーンビューティブランド「Save ME(セイブミー)」運営会社、株式会社NMT Japan のSDGsへの取り組み

「Save ME(セイブミー)」の株式会社NMT Japanが、“Y-SDGs”において「Standard」の認証を取得

クリーンビューティブランド「Save ME(セイブミー)」を運営する株式会社NMT Japan (住所:横浜市中区/代表取締役社長:𡈽屋恵美)が、神奈川県横浜市が定めるSDGs認証制度“Y-SDGs”において、「Standard」の認証を取得いたしました。

SDGsの取り組み【クリーンビューティブランド「Save ME」として】

クリーンビューティブランド「Save ME」は、人と地球にやさしいサステナブルなスキンケアブランド。主に、環境問題への取り組みに力を入れて製品を開発・製造・販売しています。

実現が難しいと言われていたクラフト素材のパッケージを完成。プラスチックを可能な限り削減し、プラスチック廃棄物を最小限に抑えることに成功しました。

また、環境に負荷がかかりにくい独自開発成分「アミノクレイ」をパウチ商品全てに配合。
「アミノクレイ」はビタミンやヒアルロン酸などの有効成分を安定した状態でお肌に届けることができる、「誘導体」のような役割を果たす成分ですが、ミネラルベースで水に溶けやすいため、人にも地球にもやさしい成分です。

「Save ME」の理念「きれいは、巡る」

普段何気なく使っているスキンケア用品やシャンプーも、最終的には海や地に流れ自然に還っていきます。
地球から受け取ったものを、私たちが地球に返し、また私たちに返ってくるというように、全てのものは絶えず循環しています。
だからこそ、人にも地球にもより良い“巡り”が起こる製品をお届けしたいという想いからこのプロジェクトがはじまりました。

「きれいは、巡る」

私たちがキャッチコピーとして掲げているこの言葉に、そんな「Save ME」としての想いが詰まっています。

1月18日(火)〜31日(月)まで「そごう横浜店」で購入可能

1月18日(火)より、そごう横浜店で開催されるエシカルコンビニのPOPUP STOREに「Save ME」のスキンケア・ヘアケアが並びます。
横浜の企業として、地元横浜の皆様に製品をお手に取っていただけるというのは喜ばしい機会だと思っております。現在実店舗でのお取り扱いは東京のみとなっておりますので、この機会をお見逃しなく。

——————–
About US
株式会社 NMT Japan
代表取締役 𡈽屋恵美
神奈川県横浜市中区元町4-179 ウィスタリア元町3F
TEL:045-633-9275 FAX:045-263-6126
http://www.nmtgroup.jp

事業内容
化粧品製造販売、医療機器製造販売、健康食品製造販売、コンサルティング業、
環境保護製品の研究開発、生分解性分の開発提案・製造販売

NMT Japanグループは、上記以外に「バイオタッチメディカルクリニック」「医療アートメイクスクール®︎ Biotouch Japan」の運営をしています。
前向きに闘病を続け社会生活を送る方々の「QOL」の向上と、笑顔を増やすお手伝いとして、数多くの医療従事者の育成・技術指導を行っています。

〜事業を通じたQOL向上を目指すための取り組み〜
サンゴ育成活動サポート
海の環境保全サポート
森林資源の環境保全サポート
アピアランスケア(小児がん・乳がん等)・白斑症・口唇口蓋裂・無毛症等の多岐にわたるサバイバーサポート
女性活躍サポート
障害者サポート
カンボジア医療・教育・地域推進サポート

—Save ME 公式サイト—
Web site  https://saveme.co.jp/
Official shopping site https://saveme-jp.myshopify.com/
Instagram https://www.instagram.com/saveme_jp/
Facebook https://www.facebook.com/saveme.nmt
Twitter https://twitter.com/SaveME_nmt

—本件に関するお問い合わせ先—

●広報に関するお問い合わせ
湯川(ユカワ)
pr.nmtjapan@gmail.com
取材による製品のお貸出しやサンプルのご用意を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ