じげんのサステナビリティ、京都にオフィスを新設し「ZIGExN UPDATERS.EXE」の立上げを決定

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs

じげんのサステナビリティ、京都にオフィスを新設し3人制バスケットボールプロチーム「ZIGExN UPDATERS.EXE」を立上げ

2022シーズンより、FIBA公認のグローバルプロリーグ 「3×3.EXE PREMIER」 に新規参入します

株式会社じげん(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:平尾丈、東証一部:3679、以下じげん)は、サステナビリティの重点項目のひとつとして掲げている「地域社会の創生」への取り組み第2弾として、京都に新たな拠点「じげん京都オフィス(名称仮)以下、京都オフィス」を新設し、京都を本拠地とする3×3(3人制バスケットボール)のプロチーム「ZIGExN UPDATERS.EXE(じげんアップデーターズ)」を立上げ、および2022シーズンより、国際バスケットボール連盟(FIBA)が承認する3人制バスケットボールのグローバルリーグ「3×3.EXE PREMIER」へ新規参入することをお知らせいたします。尚、じげんがプロスポーツチームのオーナーとなるのは、今回が初めてとなります。

「ZIGExN UPDATERS.EXE」設立の背景

じげんは2021年6月の創業15周年を機に、企業の存在意義「パーパス」を新設し、「Update Your Story あなたを、未来に。」という言葉を掲げています。「人生の主役は自分。じげんのサービスをきっかけとして人生を進化させてほしい」という想いを込め、パーパスに基づく経営を事業やサービスだけではなく、組織面やサステナビリティ活動にも取り入れ、持続的な会社の成長を支える基盤としてステークホルダーとの価値共創を重視しています。
2021年4月にサステナビリティ推進室を発足し、優先的に取り組むべきマテリアリティ(重点課題)を策定。その中のひとつである「地域社会の創生」の取り組みの一環として、今年春に開設予定の「京都オフィス」を本拠地とする3×3(3人制バスケットボール)のプロチーム「ZIGExN UPDATERS.EXE」の設立および3人制バスケットボールのグローバルリーグ「3×3.EXE PREMIER 2022」へ参入する運びとなりました。

国際バスケットボール連盟(以下、FIBA)によると、FIBAには215の国が加盟しており、競技人口は世界で4億5000万人といわれています。日本では5人制バスケットボールのプロリーグ「B.LEAGUE(ビー・リーグ)」が、2026年の新リーグ始動に向けて盛り上がりを見せています。ファン人口も、コロナ禍において567万人とV時回復となりました。※
同様に、3人制バスケットボール3×3も、2014年に世界に先駆けて日本でプロリーグ「3×3.EXE PREMIR」が開幕。昨年の東京2020オリンピックで初めて競技として採用され、スケートボードやBMXといったアーバンスポーツの一つとしてさらに注目を集めています。
また、京都は約16万人の学生が集まる日本でも有数の学生の町です。じげんでは、「京都オフィス」を開かれたオフィスとして活用し、3×3バスケットボールを通じ京都の学生をはじめとする若者が集える場所を目指していきます。
今後チーム選手の決定や、「京都オフィス」の活動内容については、決定次第、順次お知らせしてまいります。
※)「マクロミルと三菱 UFJ リサーチ&コンサルティングによる共同調査」

「ZIGExN UPDATERS.EXE」チーム概要

[チーム名] ZIGExN UPDATERS.EXE
[ホームタウン] 京都府京都市
[チームカラー] 濃藍
[代表者名] 株式会社じげん 代表取締役社長 執行役員 CEO平尾丈
[URL] https://zigexn.co.jp/sustainability/3×3
[SNS]Instagram : https://www.instagram.com/zigexn_updaters.exe/
Twitter : https://twitter.com/ZIGExN_UPDATERS
Facebook : https://www.facebook.com/ZIGExN-UPDATERS-109014761668889
TikTok : https://www.tiktok.com/@zigexn_updaters.exe
[ロゴ]

 3×3バスケットボールを通じて、自治体や地域社会とのつながりを大切に、持続的発展を意識したチーム作りと運営を行います。チーム名には、じげんが「3×3.EXE PREMIER」リーグに参入することで新たに関わることとなるステークホルダーの方々の人生を「Update(進化)」させていく、という決意が込められています。

[スローガン]
「UPDATE the YOUTH」~若者の挑戦を応援していきます~
スポーツ振興を通じた京都における地域活性化やスポーツ選手のセカンドキャリア支援、学生を巻き込んだチーム運営など、全国の中でも学生が集まる京都で、若者を主役に多方面のステークホルダーと連携した持続可能な活動を実現してまいります。

チームの選手およびインターンの募集について

①選手募集について

「ZIGExN UPDATERS.EXE」にご興味のある方は、LINEでチーム公式アカウントへお問い合わせください。
公式ラインアカウント:https://lin.ee/iDj1ygn

※)「3×3.EXE PREMIER」の選手となるには、リーグへのエントリーが必要です。
以下概要にしたがって、1月31日(月)までにエントリーを行い、その後チームとの交渉を経て4月上旬に決定する流れとなっています。2月には、「3×3.EXE PREMIER」が主催するオープントライアウト「3×3.EXE PREMIER JAPAN COMBINE」が実施されます。ぜひ奮ってご参加ください。
詳細はこちらをご覧ください。
エントリー情報:https://www.3x3exe.com/premier/2022_playerenties_ja.html
トライアウト情報:https://3x3exe.com/premier/2022_combine_jpn.html

②インターンの募集について

「ZIGExN UPDATERS.EXE」では、チームの運営やプロモーションを行うインターンを募集いたします。スポーツビジネスの興味をお持ちの方、またチーム運営を通じさまざまなイベント企画や実行に携わりたい方などいらっしゃいましたらぜひご応募ください。コミュニティを創出する開かれたオフィスを目指し、今年春に開設する「京都オフィス」を拠点に積極的に活動していただきます。
ご興味のある方は、下記URLよりご応募ください。
【URL】 https://zigexn.co.jp/sustainability/3×3/

インターン募集要項

・開始時期2022年3月以降、順次開始
・業務内容:
①チームの事業運営・マネジメント
②SNS等その他メディアの運営・チーム広報全般
③事業企画の立案・遂行
④ゼネラルマネージャー補佐、等
・求める人物像:プロスポーツチームの立上げ・スポーツビジネスに関心のある方
・勤務地:京都府京都市(弊社オフィス)

※リモートワークも可、要相談10:00~19:00(勤務日・時間は応相談)

京都オフィス概要

[名称]じげん京都オフィス(名称仮)
[設立時期]2022年春
[本社所在地]京都府京都市(予定)

株式会社じげん 会社概要

[社名]株式会社じげん (ZIGExN Co., Ltd.)
[証券コード]3679 (東証一部)
[本社所在地]東京都港区虎ノ門3-4-8
[設立年月日]2006年6月1日
[代表者]代表取締役 社長執行役員 CEO 平尾丈
[資本金]2,552百万円(連結)
[事業内容]ライフサービスプラットフォーム事業
[主要グループ会社] 株式会社リジョブ 株式会社ミラクス 株式会社三光アド
株式会社BizMo 株式会社ブレイン・ラボ 株式会社アップルワールド 株式会社TCV
ZIGExN VeNtura Co.,Ltd  株式会社にじげん
[URL]https://zigexn.co.jp/

じげんグループについて

当社グループは、企業の存在意義であるパーパスとして「Update Your Story - あなたを、未来に。」を掲げ、ライフイベント領域(求人・住まい・車・旅行など)において、人生の岐路に立つすべての人の未来をUpdateする40以上のサービスを提供しています。2013年に東証マザーズに上場し、2018年には東証一部へ市場変更いたしました。上場後は、M&Aによる事業領域の拡張へ積極的に取り組み、非連続の成長を続けています。


【SDGs について】

SDGs について
SDGsは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。

2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGs を踏まえたゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っており、中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。

SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。

SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。

各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先の銀行に相談してみるのも良い方法です。

【SDGs宣言の無料掲載を受付中】
また、「VOIX SDGs」では、多くの企業のSDGs宣言を掲載させていただいており、SDGs宣言を公表された場合、当方の「お問い合わせ 受付窓口」に”SDGs宣言掲載希望”とご連絡いただければ、ご覧の「VOIX SDGs」に無料で掲載させていただきます。(現在、広告掲載は承っていないので、純粋に無料紹介記事の掲載となります)

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【人気の記事】
LGBT住宅ローン おすすめ 比較」 同性パートナーや同性事実婚カップル向け住宅ローン特集
⇒ 日本での主なESG指数を解説、「GPIFも採用している5つのESG指数とは
⇒ ESGとSDGsの関係性、「ESG投資とは?SDGsや社会貢献投資との違い」を詳しく解説

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ