新井紙材株式会社が「環境と人 -human at nature-」をリニューアル

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
新井紙材株式会社が「環境と人 -human at nature-」をリニューアル

サステナブルな社会とビジネスを考える循環思考メディア「環境と人 -human at nature-」がリニューアル。

「サーキュラーエコノミーの実現」に向け、環境と人のより良い関係構築を目指します。

新井紙材株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:新井重雄、以下「当社」)が運営する循環思考メディア「環境と人 -human at nature-」(https://humanatnature.com/)が、7月1日にリニューアル。
SDGs・サーキュラーエコノミー・脱炭素(カーボンニュートラル)も視野に入れ、本当に価値のある情報を発信してまいります。
 ▼「環境と人 -human at nature-」

「環境と人 -human at nature-」について

「環境と人 -human at nature-」は、
・サステナブルな社会とビジネスの相関関係
・自然と調和したライフスタイルに関する情報

これらの情報を、環境に良いことをしたいと考える人に向けて発信するメディアプラットフォームです。

「何も捨てないビジネス」の仕組みや「ごみから価値を生み出す」取り組みを紹介することで、環境と人とのより良い関係を目指してまいりました。

 ▼「環境と人 -human at nature-」

編集長:新井紙材株式会社 取締役副社長 新井 遼一

この度のリニューアルで、より幅広いユーザーに興味を持っていただくためにコンテンツを拡充。

具体的には、10分程度で気軽に視聴できる動画コンテンツシリーズが新たに加わりました。

さらに、SNSにもこれまで以上に注力し、素材や空間・エネルギーなどあらゆるモノの「再生」を軸として、最先端の取り組みを伝えてまいります。
また、編集長がさまざまな領域の専門家とディスカッションする対談企画も順次公開していきます。

7月1日本日配信スタートの対談企画

『アフリカのリアルから考える「ごみとの向き合い方」2.0』

環境と人 編集長 新井 遼一 × 株式会社DOYA 代表取締役社長 銅冶 勇人さん

銅冶 勇人さんプロフィール
1985年、東京都生まれ。慶応義塾大学経済学部を卒業し、2008年ゴールドマン・サックス証券に入社。10年にNPO法人「Doooooooo(ドゥ)」設立。15年にゴールドマン・サックスを退社、15年に株式会社「DOYA」を設立し、同年9月にアパレルブランド「CLOUDY」を立ち上げた。

「環境と人 -human at nature-」では今後も、「何も捨てないビジネス」を実現することを理念として、業界内外の事例やエシカルな商品・サービスの紹介をおこないます。さらにそこから新たな「循環型の取り組み」を創り出す場となるべく、発信をしてまいります。

また、本メディアのすべての活動を通じて、SDGs ゴール12「つくる責任つかう責任」におけるターゲットのひとつ”2030年までに、あらゆる場所の人々が持続可能な開発および自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。(SDGs 12.8)”への到達を目指します。

提携メディアおよびアライアンスパートナーの募集

「環境と人 -human at nature-」では、サステナブルな社会とビシネスの実現について共に考えるメディアとの提携および各領域においてアライアンス(業務提携)を積極的に推進しております。
お気軽にディスカッションの機会を頂戴できますと幸いです。

 ▼お問い合わせはこちら

運営会社「新井紙材株式会社」とは

不要になった段ボール、新聞・雑誌などの印刷物、コピー用紙といった古紙(recovered paper)を仕入れ、製紙メーカーなどの法人に納入する役割を果たす”古紙問屋”。
国内大手製紙メーカーへの直接納入が可能というポジションを活かし、国内循環をメインに安定したリサイクルを提供し続ける。

創業以来一貫して回収・選別という最前線でリサイクル業を営んできたが、事業や顧客の将来について深く考えていく中で、「何も捨てないビジネス」を企業と共創し発信していくことが使命であると考えるに至り、2021年、メディアプラットフォーム「環境と人 -human at nature-」を立ち上げた。

  • 会社名:新井紙材株式会社(Arai Paper Recycling Co. Ltd.,)
  • 代表者:代表取締役 新井重雄
  • 所在地:〒106-0045 東京都港区麻布十番2-7-1
  • TEL:03-3408-5862
  • FAX:03-3408-5107
  • URL:https://www.araishizai.com
  • 事業内容:
    古紙リサイクル回収
    機密書類処理
    産業廃棄物処理

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ