原貿易株式会社がサステナブルな商品・サービスを「エコプロ2023」に出展

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
原貿易株式会社がサステナブルな商品・サービスを「エコプロ2023」に出展

「木で良いモノ、木で良いコト」地域創生がテーマの新ブランド「Wood 4 Good(ウッドフォーグッド)」でエコプロ2023に出展(生活雑貨・ベビー用品を展開する老舗繊維商社:原貿易株式会社)

「Wood 4 Good」は、「木で良いモノ、木で良いコト」をコンセプトに多くの地域の人とつながり、人や環境に優しい未来を創生する新しいブランドです。

原貿易株式会社(本社:横浜市神奈川区、取締役社長:江守雅人)は、2023年12月6日(水)~12月8日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「エコプロ2023」に出展します。新ブランド「Wood 4 Good(ウッドフォーグッド)」を中心にサステナブルな商品・サービスをご紹介いたします。

「Wood 4 Good」は「木で良いモノ」の名の通り、木を通して生活のモノコトを提案するブランドです。多くの地域の人とつながり、人や環境に優しい未来を創生することを目指しています。
生命感を感じさせる木目に革・布の色彩を取り入れ、毎日使って行くことで、徐々に「自分の好きな木のモノ」を楽しめる文具や雑貨を提案しています。

地域材などの日本の国産材や環境に配慮した素材を活用し、日本の林業や製造業の活性化・雇用創出などを通じ地域創生に貢献していきます。

木と皮、木と布など異素材を組み合わせ、カラフルで働くことが楽しくなるワンランク上のアイテムを提案いたします。

松の木粉とプラスチックを配合してできたウッドバイオマスプラスチック製のオリジナル食器を提案いたします。

当社は『世界の人達との懸け橋となって人と環境に優しい価値ある情報と商品を「カチッ!」と提供する」』をパーパスとして掲げています。

今回の出展では、「Wood 4 Good」以外にも、企業様のSDGsや脱炭素活動をトナーカートリッジの再利用(リユーストナーカートリッジの使用)を通じて応援する「印刷で脱炭素」の取り組みや、アレルギーを26品目除去しパーム油や畜産由来原料不使用の備蓄用防災パンなど、SDGsや脱炭素に役立つ商品・サービスをご紹介いたします。

ぜひ当社のブースにお立ち寄りください。みなさまのご来場をお待ちしております。

出展概要

  • 名称:エコプロ [第25回]
  • 会期:2023年12月6日(水)~8日(金)10:00~17:00
  • 海城:東京ビッグサイト 東4・5・6ホール
  • ブース情報:エコプロ 東5ホール/小間番号:5-012
  • 入場料:無料  ※来場事前登録が必要
  • 来場事前登録:https://messe.nikkei.co.jp/ep/

原貿易株式会社について

原貿易株式会社は、横浜にある繊維商社です。原富太郎(原三渓)が養子入りした原商店(屋号:亀屋)が江戸時代に生糸、絹織物の商いを始め、その後、原合名会社に組織替えとなり、昭和17年(1942年)に織物統制に応じて設立された原産業株式会社が前身の会社で、昭和30年に輸出部門を継承、独立させて、原貿易株式会社が設立されました。
60年前には繊維商社として絹織物のスカーフやマフラー、スクリーンプリントに使う織物、タイプライターに使うリボン生地などの輸出をしていました。印刷技術に関係する仕事をしていたことから、1990年前半に、レーザープリンタ用のトナーカートリッジのリユース事業に参入し、機能部材・製品部で継続しています。繊維生活関連部門では、繊維製品以外にもベビー&キッズ向け用品も手掛け、バイオプラスチック食器などサステナブルな商品・サービスも手掛けるようになりました。

当社のSDGs活動

脱炭素やプラ削減に役立つリユーストナーカートリッジや、使用済みトナーカートリッジを再利用するために必要な消耗部材を販売しています。
また、バイオプラを使用した食器など、環境にやさしい天然素材を利用したファミリー向けの製品(ベビー・キッズ用含む)や、車椅子の利用者向け製品などの開発を通じ、育児・福祉などの社会課題の解決にも積極的に取り組んでいます。

会社概要

  • 商号:原貿易株式会社
  • URL: https://www.harabo.co.jp/
  • 設立:1955年7月16日
  • 代表者:代表取締役社長  江守  雅人
  • 所在地:本社 〒221-0841  神奈川県横浜市神奈川区松本町4-33-1
  • TEL:045-317-2251
  • FAX:045-317-2252

当社は、神奈川県の登録制度「かながわSDGsパートナー」の登録企業です。
また、横浜市認証制度“Y-SDGs”、かわさきSDGsパートナーの認証事業者です。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ