楽天の法人カード「楽天ビジネスカード」の評判と注意点を専門家が解説(楽天プレミアムカードとの2枚持ち)

法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

法人カード 最強
楽天ビジネスカード キャンペーン

目次

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、CMでもおなじみの「楽天カード」のビジネスカード版という位置づけの法人カードです。ビジネスカード自体の条件は悪くないのですが、申込み条件が特殊なのでビジネスカードとしては選ばれにくい点があります。

関連記事:法人カードおすすめ比較
専門家監修の元人気の法人カード10枚以上を年会費・還元率・機能で比較します。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

  1. ポイント還元率が1%と高還元!
  2. 年会費2,200円(税込)と低価格
  3. 法人・個人事業主が申込みOK
  4. 条件:楽天プレミアムカード(年11,000円税込)が必要

楽天の法人カード・ビジネスカード

国際ブランド VISA
年会費 2,200円(2年目以降2,200円)
※別途11,000円の「楽天プレミアムカード」が必要
追加カード年会費 発行不可
ETCカード年会費 1枚無料、2枚目以降550円
ポイント還元率 基本1.0%
マイル還元率 0.5%(ANA)

申込み条件

利用限度額 〜300万円
(楽天プレミアムカードと併せて)
申込条件 法人代表者、個人事業主(20歳以上)
必要書類(個人) 本人確認書類
必要書類(法人) 代表の本人確認書類・登記簿謄本
一般カードに比べて空港ラウンジや会食優待、保険、利用限度額などがグレードアップしています。ゴールドカードでこの年会費はお得感ありますね。

5,000ポイントプレゼント中
楽天プレミアムカード 公式ページ

重要:楽天ビジネスカードの申込み条件

通常、法人カードは単体発行が可能ですが、楽天ビジネスカードは単体では発行できません。

条件:楽天ビジネスカードは、個人向けクレジットカード「楽天プレミアムカード」を持っている法人事業主・個人事業主の方のみが追加発行することができる。
※楽天プレミアムカードは年会費11,000円(税込)のゴールドカード。

なので、楽天プレミアムカードを持っていない場合は、ビジネスカードと同時に個人利用の楽天プレミアムカードを申し込む必要があります。

そのため、法人クレジットカードとして楽天ビジネスカードを選択すると、個人利用の楽天プレミアムカードとビジネス利用の楽天ビジネスカードの2枚を所有することになり、年会費は合わせて13,200円(税込)と比較的高額になります。

関連記事:【年会費無料】法人カード特集
年会費無料の法人カードを特集。永年無料の高コスパカードもあります。

楽天ビジネスカードは只今入会キャンペーン中!

楽天ビジネスカードの新規入会で3,000ポイントプレゼントという入会キャンペーンを展開しています。

お楽天ビジネスカードは個人事業主でも申込みOK

楽天ビジネスカードは法人代表者・個人事業主ともに申込みがOKです。法人は起業年数や起業規模に規定はなく、設立間もない企業でも申し込むことができます。

ただし、「20歳以上の法人代表者様、および個人事業者の方」となりますので、年齢が満たない方は審査に申込むことができません。

楽天ビジネスカードの引き落とし口座は?

法人の場合

楽天ビジネスカードは法人の場合、法人口座からの引き落としになります。個人口座とは分けて使えるので経理の処理がスムーズで良いですね。

個人事業主の場合

個人事業主の場合は個人口座、または屋号口座を引き落とし口座として指定することが可能です。

楽天ビジネスカードの年会費

年会費は安いが…

楽天ビジネスカードの年会費は2,200円(税込)。
法人カードとしては高くもなく、安くもなく平均的な金額といえます。
ですが、実際には個人利用の楽天プレミアムカード(年会費11,000円税込)も同時に持つ必要があるので、あわせて13,200円(税込)の年会費支払いが必要になります。

関連記事:【年会費無料】法人カード特集
年会費無料の法人カードを特集。永年無料の高コスパカードもあります。

楽天ビジネスカードのETCカードは1枚無料

ETCカードは1枚目が年会費無料ですが、2枚目以降は年会費550円(税込)が必要です。

発行枚数が多ければ多いほど年会費は高くなりますので複数枚のETCカードを発行する場合、JCB法人カードのように年会費無料でETCカードが複数発行可能なカードを選ぶことをおすすめします。

楽天ビジネスカードのポイント還元率は高水準!

楽天ビジネスカードのポイント還元率は1.0%と高水準です。通常法人カードのポイント還元率相場は0.5%なので相場の倍ポイントが貯まりやすいカードといえるでしょう。

ただし、コスパを考えると年会費無料でポイント還元率1.0%というもっと効率の良い法人カードもあるので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事:法人カード ポイント還元率を比較 最強還元率カードは?
法人カードのポイント還元率ランキングです。

貯まったポイントは個人ポイントに合算可能

ポイントプログラムは楽天ポイントになります。

ポイントが貯まる条件は、カード利用100円につき1ポイント(還元率1%)で、貯まったポイントは楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなどで利用することができます。1ポイント=1円となります。この条件で楽天ビジネスカードを利用してもポイントを貯めることができます。

楽天ポイントの良いところは、最低1ポイントから使えることと、楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなど、何でも売っている楽天グループ会社で使えることです。

国際ブランドはVISA

楽天ビジネスカードで選べる国際ブランドはVISAのみで、それ以外のブランドはありません。VISAカードは日本全国、世界中で使えるカードなので困ることはないでしょう。

別途申込み条件となる楽天プレミアムカードとは?

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

おなじみの「楽天カード」の上位版で、ゴールドカードという位置づけの個人向けカードです。楽天ビジネスカード申込みの際には必ず必要となるカードです。
ゴールドカードということで、様々な特典が付いています。

楽天プレミアムカード キャンペーン

楽天市場でのポイント還元率が高い

ポイント還元率は高く、1%。カードの利用金額100円ごとに1ポイントが貯まります。

さらに楽天市場でポイントが4倍になります。その他にもプレミアムカード会員は、誕生月の楽天市場での利用で+1倍のポイントが貯まるなど楽天での買い物をする方は圧倒的にポイントが貯まりやすいです。

国際ブランドはVISA、Master、JCBの3つ

VISA専用のビジネスカードではありませんが、3つの国際ブランドから選ぶことができます。VISA、Master、JCBの3つのブランドから選ぶことができます。楽天プレミアムカードの年会費は11,000円(税込)。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パス・プレステージ会員(年会費399ドル)が付帯しています
このカードに付帯しているサービスの中でも、目玉は「プライオリティ・パス」です。

プライオリティ・パスとは、世界100カ国以上の300以上の都市・地域の600以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービスです。プライオリティ・パス会員は、航空会社や搭乗クラスに関係なく、世界中の空港にある提携ラウンジを利用することができます。

国内45空港のラウンジが無料で利用可能

国内の空港ラウンジも利用できます。
ゴールドカードなので、国内空港ラウンジの無料利用サービスが標準で付いています。
このサービスは国内主要45空港で利用することができます。

旅行保険

また、海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円(自動付帯)となっています。
楽天ビジネスカード まとめ

楽天ビジネスカードのポイント

  1. ポイント還元率が1%と高還元!
  2. 年会費2,200円(税込)と低価格
  3. 法人と個人のポイントを合算利用可能
  4. 条件:楽天プレミアムカード(年11,000円税込)が必要
  5. ビジネス付帯オプションなどがない

楽天ビジネスカードはポイント還元率が高く1%、年会費2,200円とわかりやすいメリットのある法人カードですですが、「楽天プレミアムカード」が必要になるということで年会費が他に11,000円必要となるのでコスパは良いとは言えません。

また、経理や出張、法務などのビジネス付帯オプションがないということで他のビジネスカードよりもやや選びづらいカードと言えそうです。

5,000ポイントプレゼント中
楽天プレミアムカード 公式ページ

楽天ビジネスカードのよくある質問

楽天ビジネスカードの申し込み方法と発行までの流れは?

楽天プレミアムカードがない場合は、まず楽天プレミアムカードの作成が必要です。

楽天プレミアムカード申し込みはこちら ⇒ 楽天プレミアムカード【公式】ページ

楽天プレミアムカードを所有している場合の楽天ビジネスカード発行の流れ。

  1. 楽天ビジネスカードの申し込み手続きをネットで行う。
  2. 5営業日ほどしてから申込書類が申込した会社住所宛に到着。
  3. 申込書類到着してから2週間以内に同封の返信用封筒で必要書類を返送する。
  4. 審査を行い、審査に通過すると楽天ビジネスカードが発送される。
  5. 2週間程度で楽天ビジネスカードが到着するので、まず楽天カード会員専用Webサービス「楽天e-NAVI」に楽天ビジネスカードを追加登録してください。

楽天ビジネスカードは何枚作れる?

楽天ビジネスカードの発行は1人一枚までです。 1人が複数の法人や個人事業主を経営していても1人一枚までになります。

楽天ビジネスカードと楽天ETCカードは同時申し込みできる?

できます。 ただし、ETCカードを同時に申し込みしても、ETCカードと楽天ビジネスカードは別々に発送されます。

楽天ビジネスカードの楽天ETCカードは複数枚発行できる?

できます。 楽天ビジネスカードの楽天ETCカードは複数枚発行でき、発行手数料は無料、年会費は1枚目が無料となり、2枚目以降はETCカード1枚につき年会費550円(税込み)です。

楽天ビジネスカードは法人口座から引き落としできる?

できます。 楽天ビジネスカードは法人口座や個人事業の屋号口座を支払い口座に設定できるので、楽天プレミアムカードは個人口座、楽天ビジネスカードは事業用の口座を引き落とし口座として設定することで、個人と事業の支出を分け、会社の経理処理の効率を向上させます。

楽天ビジネスカードの明細の確認するには?

楽天ビジネスカードの明細確認方法は、楽天カード会員専用Webサービス「楽天e-NAVI」に楽天ビジネスカードを追加登録することで、Web明細が確認できます。

年会費は?

楽天ビジネスカードの年会費は、2,200円(税込み)です。

入会条件は?

楽天ビジネスカードの入会条件は、20歳以上の法人代表者、もしくは個人事業主です。

利用限度額は?

楽天ビジネスカードの利用限度額は、最高300万円です。

国際ブランドは何が選べる?

楽天ビジネスカードの国際ブランドはVisaになります。

楽天市場でのポイント還元率は?

楽天ビジネスカード楽天市場で利用するとポイント還元が最大5倍になります。

タッチ決済は使える?

楽天ビジネスカードは Visaのタッチ決済 に対応しています。

楽天ビジネスビジネスカードでキャッシングはできる?

できません。 楽天ビジネスビジネスカードはショッピング利用1回払いのみです。

楽天ビジネスビジネスカードで2回払いや分割払いはできる?

できません。 楽天ビジネスビジネスカードは1回払いのみです。

楽天ビジネスビジネスカードでリボ払いはできる?

できません。 楽天ビジネスビジネスカードは1回払いのみです。

楽天ビジネスビジネスカードでボーナス払いはできる?

できません。 楽天ビジネスビジネスカードは1回払いのみです。

楽天ビジネスビジネスカードで「楽天カード ポイントPay」はできる?

できません。 「楽天カード ポイントPay」が利用できるのは以下カードです。

  • 楽天銀行カード
  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天カードアカデミー

楽天ビジネスビジネスカードで「楽天ポイントカード機能」を付帯できる?

できません。 「楽天ポイントカード機能」を付帯できるのは以下カードです。

  • 楽天ブラックカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天カード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天カードアカデミー

楽天ビジネスカードはマイナポイントに登録できる?

できません。 マイナポイントに登録できるのは以下カードです。

  • 楽天カード
  • 楽天ブラックカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天銀行カード
  • 楽天カード アカデミー
  • アルペングループ 楽天カード

会社の代表者が変わった場合は?

楽天ビジネスカードを契約している会社の代表者が変わった時は、カード裏面に書かれているコンタクトセンターに連絡し、一旦楽天ビジネスカードを解約します。 そして、新しい後任の代表者名義で申し込むことで更新を行います。

 

関連記事:【専門家監修】法人カードおすすめ比較

関連記事:コスパ最強 法人カード 年会費無料 おすすめ 特集

関連記事:個人事業主・副業向けのクレジットカード 特集

関連記事:法人ETCカードとETCコーポレートカード おすすめ

法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ