株式会社テクノ菱和が「ESG投資」、日本学生支援機構が発行する「ソーシャルボンド」に投資

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ESG
株式会社テクノ菱和が「ESG投資」、日本学生支援機構が発行する「ソーシャルボンド」に投資

株式会社テクノ菱和が独立行政法人日本学生支援機構が発行する「ソーシャルボンド」への投資を決定

株式会社テクノ菱和(代表者名:黒田英彦)が、独立行政法人日本学生支援機構が発行する、社会的課題の解決に資するプロジェクト(ソーシャルプロジェクト)の資金調達のために発行される債券である、ソーシャルボンド「第64 回日本学生支援債券」への投資を決定した。

また、ソーシャルボンド、グリーンボンドとともに、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の要素を重視・選別して行う投資「ESG投資」の対象となる。

「第64 回日本学生支援債券」は、ICMA(International Capital Market Association/国際資本市場協会)が定義するソーシャルボンド原則に適合する旨、世界的なESG評価機関であるヴィジオアイリス(Vigeo Eiris・フランス)からセカンドオピニオンを取得しており、「ソーシャルボンド」として発行され、調達した資金は奨学金事業の内、貸与奨学金の財源として活用される。

ソーシャルボンド「第64 回日本学生支援債券」概要

  • 銘柄: 第64 回日本学生支援債券
  • 年限: 2 年
  • 発行額: 300 億円
  • 発行日: 2021年9月8日

  <以上>  

【SDGs私募債について】

SDGs について
SDGs私募債は、資金調達をすると同時にSDGsへの取り組みを簡単に実施できる新しく便利な融資商品です。
銀行に法人口座を開設すると利用でき、都市銀行から地方銀行が積極的に取扱っています。

私募債を発行する企業から金融機関が受け取る手数料の一部(発行金額の0.1~0.2%程度)を拠出し、SDGsに関連する団体などに寄付を行うサービスが付加されているため、企業が資金調達を行うことが一番の目的ですが、同時にSDGs達成への取り組み、地域への貢献、企業PRもまとめてできることが特色です。

SDGs私募債の詳しい仕組みや特徴など詳しくは「SDGs私募債とは? メリットやデメリット を詳しく解説」で解説しています。
VOIXでは他にも、資金繰りを楽にする「中小企業におすすめの法人カード」も特集しています。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ