ダイナースカードのSDGsへの取り組み 2022年

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
ダイナースカードのSDGsへの取り組み 2022年

ダイナースクラブと考えるSDGs

ダイナースクラブカードを発行している三井住友トラストクラブ株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:五十嵐 幸司)は、長年、ダイナースクラブ会員様とともに持続可能な未来のための活動を推進してきました。

2022年度は、今までの活動をさらに進化・深化させたSDGsに取り組みます。

ダイナースクラブは「ここでしか、見つけられないものがある。」というブランドスローガンのもと、会員様とともに「文化遺産の保護・保全」から「質の高い教育」まで、未来を考える活動を通して、社会に貢献してまいります。

 

2022年度 ダイナースカードのSDGsへの取り組み

ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2022

開催期間 2022年9月23日~10月16日

美⾷への探究⼼やその美しさから世界中で愛されているフランス料理をもっと気軽に楽しんでいただくことを⽬的としたグルメイベント。 ダイナースクラブは2011年の日本初開催からサポートし続けています。2022年は「サステナブル」と「日本の食文化」にスポットをあてながらお子様から大人まで参加いただける特別イベントを企画しています。

主なイベント

① 「アンスティチュ・フランセ東京」の改修寄付

フランス政府が管理・運営するフランス文化センターであるアンスティチュ・フランセ東京内にある、坂倉準三(ル・コルビュジエに師事)により設計された二重螺旋階段の改修プロジェクトを応援。

2022年10月31日(月)までダイナースクラブ会員様のご厚意(寄付)を募ります。

  • 寄付内容:「アンスティチュ・フランセ東京/坂倉準三改修プロジェクト」への支援
  • 募集数:4口募集(8,000,000円/1口)
②「KIDS & FOOD ARE OUR FUTURE ~こどもたちの「食」の未来に何を残せるか~」

(開催日:2022年8月29日)

「食・サステナブル・地産地消」をテーマに、こどもたちと一緒に今起きている問題と、これから取り組むべき課題について考えます。

③「グローバル美食パネルトークショー ~未来の料理を考える~」

(開催日:2022年9月21日/場所:パークハイアット東京)

トークショーのテーマは「SDGsとして料理界で将来のために変えるべきこと」。フランス料理界の巨匠アラン・デュカス氏など、日仏のパネリストが一同に会します。

④ 「200%ノーフード・ウェイストディナー」

(開催日:2022年9月22日/場所:パレスホテル東京)

食材、調理法、提供する器など、コースを構成するあらゆるエッセンスにサステナブルなコンセプトを取り入れたダイナースクラブ会員限定の特別な宴です。

食材や労働力のロスを削減「ごひいき予約.com」

予約の取りづらい有名店を含む優良飲食店で生じたキャンセル席を、ダイナースクラブが会員へご紹介するサービス。食材や労働力のロスを削減できるだけでなく、シェフが作る一皿に込められた思いをお客様にお届けします。

醍醐寺/ダイナースクラブ文化財修復プロジェクト

2014年から醍醐寺の伝統文化、文化財などの保全を目的とし、ダイナースクラブ会員とともに修復プロジェクトを支援しています。2022年度からは新たに堂本印象(どうもといんしょう)の襖絵を修復対象文化財として取り組んでいます。

アーティストサポートプログラム

2012年から才能ある若手音楽家に上質な演奏の機会を提供する目的で、東京藝術大学と開始したプログラム。毎年秋に開催しているスペシャルコンサートは、2022年の10周年を記念し特別な内容で開催予定です。

また、東京藝術大学の学生が、普段生の音楽に触れる機会のない方へ音楽を届ける「音楽アウトリーチ」活動を、ダイナースクラブのポイントやイベント参加費で支援する「ダイナースクラブ アーティストサポートファンド」も運営しています。

ダイナースクラブはポイントプログラムや会員限定イベントを通して、会員様とともに、持続可能な社会に貢献する以下活動も推進していきます。

  • SDGsをテーマにしたカルチャー講座の開催:会員限定「SDGs科学セミナー」を開催予定
  • 国連WFPの途上国での食糧支援へのポイントでの寄付
  • 障害者就労支援団体 ショコラボへのポイントでの支援
  • 海の豊かさを守る活動

また、社員が参加する地域の清掃活動にも積極的に取り組んでいく予定です。

おすすめのダイナースクラブカード


  <以上>

【SDGs について】

SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。

2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGs目標としてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。

SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。

SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。

各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先の銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ