ダイナースクラブカードが凄い!メリットや年会費、還元率やラウンジについて解説

VOIX編集部VOIX編集部 クレジットカード
ダイナースクラブカードが凄い!メリットや年会費、還元率やラウンジについて解説

ダイナースクラブカードの特徴・メリット

ダイナースクラブカードは三井住友トラスト株式会社が提供しているカードです。申し込み条件は年齢27歳以上が目安となっており、クレジットカードの中でもステータスの高いハイクオリティカードといえます。

ダイナースクラブカード
公式サイトへ

メリット・特徴

ダイナースクラブカードの特徴メリットとして利用限度額に一律制限がないことがあげられます。会員1人1人の都合に合わせた設定であり、高額利用となるときでもセンターに連絡すれば対応してもらえることが多いです。無限に使えるわけではないですが、車の購入や結婚式費用の支払いなどの高額利用でもスムーズに対応できます。

付帯保険が充実しているところも魅力であり、カードを使って旅費を支払うことで国内旅行も海外旅行も最高1億円まで補償され、世界各地にヘルプデスクがあるのでいざというときには日本語で素早く対応してもらえるでしょう。

キャッシュバックや商品交換、三井住友信託銀行での利用など、ポイントの使い道が豊富であることも大きなメリットです。ダイナースクラブコンタクトレスというタッチ決済、Apple Payによる決済に対応していることも便利でいいですね。

ダイナースクラブカードの年会費とポイント還元率

年会費

年会費は24,200円(税込)となっています。家族会員は5,500円(税込)です。ETCカードに追加費用はなく、無料で発行することができます。

ポイント還元率

ダイナースクラブカードを利用するとポイントが貯まります。100円の支払いにつき1ポイントが付与され、還元率は0.3%から1.0%であることを知っておきましょう。ただし、ダイナースクラブポイントモールを経由するのであれば、還元率が更にアップします。利用する加盟店ごとに還元率は違っていますが、ダイナースクラブポイントモール経由での買い物で最大で4.0%の追加還元率となっているのでお得です。ショップは290件ほどあるため、ポイント還元を受けられるショップは非常に多いと言えます。交換先でレートが変わるなどの注意は必要ですが、ポイントに有効期限がなく貯めやすいので魅力的なカードだと言えるでしょう。

ダイナースクラブカード
公式サイトへ

ダイナースクラブカード招待日和がお得

招待日和

ダイナースクラブカード招待日和はとてもお得だと言えるでしょう。こちらを利用するのであれば、2名以上で対象レストランのコースメニューを予約すれば、1名分が無料となります。

どの店舗でも利用できるわけではなく対象店舗から選択する必要がありますが、対象店であれば何店舗でも利用可能です。同じレストランは半年に1回の利用という決まりがありますが、お店を変えるのであれば月に2度まで使うこともできます。

新しいお店をどんどん開拓していきたいと考える人、色々なお店でコース料理を堪能してみたいと考える人には、ダイナースクラブカード招待日和がピッタリです。各エリアに利用できる店舗がありますし、何と海外でも利用できる店舗があります。

普段から高級料理店を利用する機会がほとんどないという人もいるかもしれませんが、色々な地域で利用できるため、旅行などの特別なときに活用することも可能です。ダイナースクラブカード招待日和を所有していれば、お得に高級料理店での食事が楽しめるようになります。今まで以上に気軽に高級店を利用できるようになるので、グルメな方やお得なものが好きな方は所有することを検討してみることがおすすめだと言えるでしょう。

ダイナースクラブカードステータスの高いプレミアムカード

ダイナースクラブカードはステータスの高いプレミアムカードです。年会費が必要ですし、若い人や学生が入会するのが難しいことから、お金に余裕がある大人が持つステータスの高いカードという印象が強くなっています。

優待サービスも充実しており、ハイステータスなホテルやレストランの予約がお得になるところも嬉しいポイントです。魅力的なカードはたくさんあるものの、ステータスの高さも意識したいのであればこちらがおすすめだと言えます。

審査では一定の収入が必要か

以前は医者や弁護士などの職業に就いている人でなければ審査が通りませんでしたし、会社員や公務員でも審査を通過できるようになってからも、一定の収入がなければ審査に通ることはできない状況です。審査難易度は高めであるため、所有していればステータスの高さをアピールできるでしょう。

ダイナースクラブカードは空港ラウンジが使える?

空港ラウンジ クレジットカード

ダイナースクラブカードを持っている場合は、空港ラウンジを使うことができます。カードと当日の搭乗券を提示すれば、無料で利用することが可能です。国内と海外をあわせて1,000か所以上で利用することができ、国内では主要空港を含む30以上の空港が対象となっています。

海外の空港ラウンジの場合は無料利用が年間10回までとなっていますが、他のカードにありがちな別途年会費が必要となったり、対応カードへの加入が必要となったりすることがありません。ダイナースクラブカード1つで国内外の空港ラウンジが利用できるので、とても魅力的なカードだと言えます。旅行や出張で利用する機会が多い場合は、このカードを持つことがおすすめです。
ダイナースクラブカード
公式サイトへ


【おすすめのダイナースクラブカード】
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ