クレジットカードの作り方

目次
1.クレジットカード
2.法人クレジットカード
3.ビジネスカード(個人事業主)

カード選び方

クレジットカードとは?

クレジットカードの「クレジット – credit」とは「信用」という意味です。商品やサービスの対価としてその場でお金を支払うのではなく、お金を受け取る側が、支払う側を ”信用 – クレジット” して、後払いができる ”カード” のことです。

簡単に言うと「代金の後払いができるカード」が「クレジットカード」です。
わかりやすくデビットカードやプリペイドカードと比較すると、デビットカードはお金を支払う代わりにデビットカードに設定されている銀行口座から即時に引き落としされます。

プリペイドカードは、お金の代わりに事前にカードにチャージした金額から支払います。クレジットカードは、支払いに利用した月の翌月末に銀行口座から引き落としされるので、支払いをする利用者にとても有利にできています。

クレジットカード の選び方、作り方

クレジットカードはとても機能や特徴が多く、種類も1000種類以上あると言われクレジットカードを作るときに、まず、どういう基準でクレジットカードを選んだらよいかわからないと思います。
まずは、専門家がピックアップした 人気のおすすめクレジットカード を参考にするとよいでしょう。

2021年の大注目は?

2021年の大注目はナンバーレスカード。世の中が急速にデジタル化されクレジットカードについても将来アプリだけのバーチャルカードになるとも言われています。その流れを受けて2020年秋にセゾンカードが初となるデジタルカードを、2021年2月に三井住友カードからも 三井住友カード (NL) ナンバーレス が、さらに2021年7月には初のゴールドカードとなる 三井住友カードゴールド (NL) ナンバーレス が登場しました。

あわせて、ナンバーレスクレジットカードおすすめ比較即時発行クレジットカード にも特集しています。

さらにプリペイドカードなど即時利用ができる決済サービスも 即時発行できる決済サービス、スピーディ&クリーンなため急速に普及している非接触の クレジットカードのタッチ決済とコンタクトレス決済、クレジットカードの表面または両面にカード情報を記載しない新しいデザイントレンドである ナンバーレスカード も特集しています。

法人カード の選び方、作り方

クレジットカードには、個人用のカードとは別に経費の支払いなど業務用に便利な機能が付いた法人クレジットカード/ビジネスカードがあります。

仕事用と個人用に分けたほうが良い理由は、経費精算や経理処理、税務申告などがとても楽になるからです。さらに、経費で支払った金額に対してポイントが貯まり、支払いも1ヶ月程度後になるなどメリットが多いです。

法人カードを選ぶ際に重要なのは、審査の通りやすさです。カード会社がどのような審査をするかを事前に確認することをおすすめします。
法人カード 審査甘いのはどれ?

法人カード 審査なしはある?

法人カードも100種類以上ありますので、専門家が選んだおすすめクレジットカードを参考にしてください。
法人カードおすすめ

仕入代金や経費、税金も法人カードで支払うとポイントが貯まります。ポイント還元率が高い法人カードをピックアップしています。
法人カード ポイント還元率ランキング

年会費無料 法人カード

年会費が無料の法人カードをお探しの方は下記ページをご覧ください。
永年無料の法人カードと、初年度無料の法人カードを比較しています。
法人カード 年会費無料

法人カード 年会費永年無料

法人ゴールドカード

事業が安定すると、利用限度額が多く、出張時の旅行保険や高額な仕事道具の購入にショッピング保険がついた、1ステップ上位の法人ゴールドカードが便利です、6種類の法人ゴールドカードを比較しています。

法人ゴールドカード おすすめランキング

法人プレミアムカード

事業が軌道に乗ると、支払い費用も増えるので高額の限度額が必要になり、特別なサービスも提供される法人プレミアムカードが必要になる場合があります。 最上位のブラックカードの中でおすすめのカードを分析比較しています。

法人ブラックカード

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード法人向け

法人ETCカード

営業車や配送車など自動車が必要な業務には不可欠のETCカードですが、法人カードでもETCカードが発行できます。 1つの法人カードに1枚だけETCカードが作れるものや複数作れるもの、また年会費も有料のものや無料のものがあるので詳しく調べてから発行したほうが安心です。

法人ETCカードおすすめ

法人プリペイドカード

法人クレジットカードの審査に落ちてしまったり、会社を設立したばかりで、売り上げや役員報酬も低い段階で審査が不安な方も、キャッシュレス時代には法人カードが無いとかなり不便です。

また、通常の法人カードでは限度額が不足して不便な思いをされている経営者の方にも、審査がほぼ無い、限度額もかなり高い法人プリペイドカードという選択肢があります。

法人クレジットカードのように種類が多くないので3つの法人プリペイドカードを紹介しています。

法人プリペイドカード

法人カード個別分析ページ

NTTファイナンス Bizカード
三井住友ビジネス for Owners
アメックス ビジネスゴールド
セゾンプラチナビジネス 年会費無料
セゾン コバルトビジネス 年会費無料
セゾンの法人カードまとめ
オリコ EX Biz for Gold
JCB法人カード
ライフカードビジネスライト
Airカード リクルート JCB
テックビズゴールドカード
楽天の法人カード、楽天ビジネスカード

カード会社、ブランド別紹介ページ

三井住友クレジットカード

年会費永年無料 三井住友カード

年会費無料 三井住友 法人カード

年会費無料 JCB法人カード

年会費無料 Visa法人カード

Visaクレジットカード

Visa 法人カード、ビジネスカード

JFRカードの大丸松坂屋カード

エポスカード ナンバーレス&Visaタッチ決済 の新デザイン登場

三菱UFJカード ナンバーレス&タッチ決済 の新デザイン登場

法人カードキャンペーン

アメックスビジネスゴールド キャンペーン(年会費無料)

セゾンプラチナ 年会費無料 キャンペーン

ビジネスカード とは?

ビジネスカードの最大の特徴は、登記簿や決算書などが不要なため審査も優しいことです。設立直後の法人、個人事業主や自営業、フリーランス、副業としてビジネスをしている方に向いています。
ビジネスカードも種類が多いので、専門家が選んだおすすめクレジットカードを参考にしてください。

個人事業主 クレジットカード おすすめ

ページトップへ