法人カード ポイント還元率を比較 最強還元率カードはこれだ!

法人カード ポイント還元率
法人カードを選ぶに際し最も重要視するもの一つが「ポイント還元率」だと思います。法人カードのポイント還元率相場は通常0.5%ですが、2倍の1.0%や3倍の1.5%の法人カードが存在します。当ページでは法人カードの「ポイント還元率」と「年会費」をあわせて比較してみたいと思います。
  • ポイント還元率相場は0.5%
  • 高還元率の1.0%や1.5%カードが存在する!
  • 年会費無料のカードも!
法人カードのポイント還元率を見ると、「最大5%」など最大の条件をアピールしているカードが多いですが、指定の店舗などごく限られたシチュエーションのみでの還元率となります。当記事では条件なしの「基本」の還元率で比較を行っていきます。

法人カードポイント還元率ランキング

法人カードのポイント還元率を比較していきます。ポイント還元率順に下記の通りで紹介しますが、年会費に大きな差があるのでコスパや利用目的を考慮して選ぶことをおすすめします。

  1. Airカード
  2. ラグジュアリーカード Black
  3. NTTファイナンス Bizカード レギュラー
  4. JCB法人カード

Airカード

AIRカードAirカードはリクルートの法人カードで、業界トップのポイント還元率1.5%を誇ります。さらに初年度年会費が実質無料というコスパの高いカードです。

リクルートの法人カード・ビジネスカード

国際ブランド JCB
年会費 実質無料(2年目以降5,500円)
追加カード年会費 無料(2年目以降3,300円)
ETCカード年会費 不明
ポイント還元率 基本1.5%

※初年度年会費分がキャッシュバックとなります。

申込み条件

利用限度額 10〜100万円
申込条件 法人代表者、個人事業主(18才以上)
必要書類(個人) 本人確認書類
必要書類(法人) 登記簿謄本、代表の本人確認書類
リクルートの法人カードです。何よりポイント還元率が1.5%と業界トップレベルの高さです。相場が0.5%程度なので3倍貯まりやすいということになります。月5万円or年60万円以上の利用が見込める方は0.5%の無料カードよりこのAirカードがおすすめです。

初年度年会費無料
Airカード 公式ページ

記事:Airカード(エアカード)リクルート

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

ラグジュアリーカード ブラックカード

国内で唯一の法人ブラックカードでありMastercardブランドの最高級クレジットカード。カードは金属製で高級感あふれるデザイン。ポイント還元率が1.25%と高く、付帯特典も豪華。年会費は11万円と高めに設定されているが、スペシャルなカードです。※登記簿謄本・決算書不要

ラグジュアリーカード 法人カード・ビジネスカード

国際ブランド Mastercard
年会費 110,000円
追加カード年会費 27,500円
ETCカード年会費 永年無料
ポイント還元率 基本1.25%
マイル還元率 0.75%(ANA,JAL)

申込み条件

利用限度額 一律の上限なし
申込条件 法人代表者、個人事業主
必要書類(個人) 本人確認書類
必要書類(法人) 代表の本人確認書類
年会費が11万円と高額ですが、ポイント還元率が1.25%と高く、付帯サービスもオリジナルでラグジュアリーな特典が豊富です。 素材も金属&カーボンと所有するだけで気分があがる貴重な法人カードです。 今なら特典やカードの質感などに満足できない場合は、解約すれば年会費は返金されるので、お試し利用も可能です。 法人カードなので年会費は経費にできますよ。

年会費返金 オプション付き
ラグジュアリーカード[公式]サイト

記事:ラグジュアリーな法人ブラックカードおすすめ

NTTファイナンス Bizカード レギュラー

NTTファイナンス Bizカード レギュラー の券面画像

還元率1%の高還元カード、しかも年会費は永年無料! 追加可能カードも年会費永年無料で付帯機能も優れるが限度額は低め。ポイント還元率+コスト重視の方におすすめしたい実力派カード!コスパでは法人カードNo1といえます。

NTTファイナンスの法人カード・ビジネスカード

国際ブランド VISA
年会費 永年無料
追加カード年会費 永年無料
ETCカード年会費 550円
ポイント還元率 基本1.0%(最大2.00%)
マイル還元率 0.4%(ANA)

申込み条件

利用限度額 40〜80万円
申込条件 法人代表者、個人事業主
必要書類(個人) 本人確認書類
必要書類(法人) 登記簿謄本、代表の本人確認書類
年会費は永久に無料で法人カードとしては異例、ポイント還元率が1.0%の高還元。年会費を抑えてポイントを重視する方には他のカードよりこれがおすすめです。

ポイント還元率1%で年会費永年無料
NTTファイナンスBizカード

記事:NTTファイナンス Bizカード

JCB法人カード

JCB法人カード

初年度年会費が無料。2年目でも1,375円と格安なのに幅広いビジネスで活躍するJCBのハイスペックカード。利用金額に応じて翌年のポイントが最大50%上がるのでポイント還元率が0.75%になることがあります。

JCBの法人カード・ビジネスカード

国際ブランド JCB
年会費 無料(2年目以降1,375円)
追加カード年会費 無料(2年目以降440円)
ETCカード年会費 永年無料
ポイント還元率 基本0.5%(最大1.25%)
※使用金額次第で基本0.75%に!
マイル還元率 0.3%(ANA)

申込み条件

利用限度額 10万〜100万円
申込条件 法人代表者、個人事業主
必要書類(個人) 本人確認書類
必要書類(法人) 登記簿謄本、代表の本人確認書類
定番のJCBの法人カード。年度の使用金額に応じてポイント還元率がUPし最大0.75%になります。ポイントが貯まりやすく、貯めたポイントをJCBギフトカードにして買い物すると良いでしょう。1枚めにまず持っておきたい大人気の法人カードです。

最大30,000円分プレゼント
JCBの法人カード

記事:JCB法人カード

 

法人クレジットカードポイント還元率 まとめ

法人クレジットカードのポイント還元率について特集しました。法人カードのポイント還元率は9割以上のカードで0.5%以下ですが、ごく少数のカードのみ、0.5%を超えるポイント還元率となっています。

ポイント還元率が高いということは

例えばポイント還元率が1.5%のカードは0.5%のカードの3倍ポイントが貯まりやすいということになります。利用金額大きくなればなるだけその金額差は広がっていきます。ポイント還元率が高いということは単純に経済的メリットがあり得ということです。

ポイント還元率
(基本)
年会費
初年度
年会費
2年目以降
Airカード 1.50% 実質無料 5,500円
ラグジュアリー Black 1.25% 110,000円 110,000円
NTTファイナンス Biz 1.00% 無料 無料
JCB法人カード 0.50-0.75% 無料 1,375円

法人カードのポイント還元率相場は?

法人カードのポイント還元率の相場は0.5%です。月10万円利用して500円分のポイントを取得できる計算です。

年間ポイント獲得シミュレーション

法人カードで月に10万円、50万円、100万円それぞれの利用金額を1年間続けた場合の獲得ポイントをポイント還元率毎にシミュレーションしてみました。

還元率/利用金額 10万円/月
(年換算)
50万円/月
(年換算)
100万円/月
(年換算)
0.50% 6,000 pt 30,000 pt 60,000 pt
1.00% 12,000 pt 60,000 pt 120,000 pt
1.50% 18,000 pt 90,000 pt 180,000 pt

結果として月に10万円程度利用する場合、還元率1.00%で6,000pt分得に、還元率1.50%で12,000pt分得になることがわかりました。

今回紹介したすべてのカードで1pt=1円相当に換算できる仕組みがありますので、”pt”はそのまま”円”に近い換算ができると考えて問題ありません。ポイント還元率が上がるだけでもかなり効率的な経営が実現できると言えるでしょう。

おすすめの高還元カードは?

ポイント還元率を見ると2021年1月末にリリースされたAirカードが1.5%と業界トップレベルの還元率です。年会費も含めたコスパだけで考えるとNTTファイナンスBizカードが年会費永年無料で1.0%なので相当優秀な還元率を誇っています。

ポイント還元率の高いカードでぜひ経営の効率化を図ってみてくださいね。

 

金融・カード特集
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ