プレスリリース無料 配信 おすすめ26選と効果的な使い方【2021年最新版】

VOIX 編集 監修者:VOIX 編集部 マーケティング
プレスリリースを無料 配信 おすすめサイト23選【2021年1月最新版】

目次

プレスリリース(PR)配信無料サイトを活用してプレスリリースやニュースリリースの告知、広報を成功させる

本記事では、ニュースリリースやプレスリリース情報を告知するための代表的なプレスリリース配信サービスである 「PR TIMES」を無料で配信する方法 など、プレスリリースを無料で効果的に配信したい方 に向けて、以下のサイトを紹介しています。

予算の都合で無料のリリース配信サービスを探している方はもちろん、有料プランを検討中という方も一度お試しで使ってみるのも良いでしょう。

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

当サイトVOIXでも無料でリリース情報受付中

人気の記事:コンビニ最強のおすすめクレジットカード はどれ?使い方次第で10倍お得に!?

プレスリリース とは

pr

プレスリリース(PR)は、企業の広報など情報を広く発信したい人が、自社の商品やサービスをWEBメディア・新聞などの報道機関に向けてお知らせすることです。

リリースした情報はメディアに有料広告ではなく無料の記事として掲載されることで、広く告知できることに加え客観的な信頼性を得られる上、SNSで拡散しされる可能性も高いです。

プレスリリース配信サービス・無料と有料の違い

企業・団体はプレスリリースサービスを介して情報発信することで新聞社やTV・大手WEBメディアにニュースを届けることができます。プレスリリースにも無料サービスと有料サービスがありますが大まかな違いは無料の場合は「配信先の質が高いとは言えない」 「掲載保証がないこと」が挙げられます。

例えば、最大手サービスの PR TIMES の相場が1記事30,000円程度,無制限配信プラン70,000円程度かかります。その代わり「配信先の質が高い」 「大手メディアに掲載されやすい」「記事チェックなどフォローが充実」など プレスリリースの効果を上げやすい というメリットが存在します。

PR TIMESを無料配信する方法もあるので、その点についても詳しく記載しています。

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

 

無料のプレスリリース配信サービス8選

有料プレスリリース配信サービスの無料プラン

企業が発信したプレスリリース情報を多くの主要メディア、登録ライター、登録記者およびパートナーメディアに配信し拡散する有料のプレスリリース配信サービスですが、条件付きで利用可能な無料のフリープランを紹介します。

PR TIMES 無料 スタートアップ チャレンジ

国内上場企業の40%以上が利用するプレスリリース配信サービス

株式会社PR TIMESによって運営され「企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐインターネットサービス」として、2007年4月にサービス開始、利用企業数は2020年6月2日に4万社を突破、国内上場企業の40%以上が利用、登録メディア記者が1万7000人、パートナーメディア203媒体、アクセス数も2020年5月に月間5221万PVに達する 拡散力国内No.1のPRサービス です。

PR TIMES のパートナーメディアは、203媒体

PR TIMES は、2021年6月18日より株式会社日本文芸社本社が運営するスポーツ総合情報サイト「ラブすぽ」と提携しプレスリリースの掲載を開始しました。これにより PR TIMES のパートナーメディア数は203メディアになっています。

PR TIMES の無料配信プラン スタートアップ チャレンジ

PR TIMESは原則有料ですが、2020年8月時点で57社ものベンチャーキャピタルとインキュベーターと提携するなど、個人事業主、中小企業、スタートアップやベンチャー企業のPR・プレスリリース支援に積極的で、いくつかの条件を満たす企業には スタートアップ チャレンジ という 毎月一回 PR TIMES に無料 でプレスリリースを配信できるプランが用意されています。

PR TIMES スタートアップ チャレンジ 応募資格

  • 会社設立24か月以内
  • 上場企業の子会社ではないこと
  • 広告代理店やPR会社を利用していないこと
  • 法人格の営利法人
  • PR TIMESに企業登録を申請し、フォロワーを3人以上集める

名称は ”スタートアップ” となっていますが、”ラーメンからアプリまで” と書かれているので業種・業態は問わないようです。

国内有数の拡散力を持つサービスだけに プレスリリースを無料で効果的に配信 できる可能性が高いですし、有料プランの場合、通常1配信30,000円かかることを考えると、使えるならぜひ使いたいサービスです。唯一考えられる PR TIMESのデメリット は、プレスリリース配信数が2020年度第1四半期だけで4万2926件と膨大な点で、他社のプレスリリースに埋もれてしまわないように登録していきなり投稿せず PR TIMESサイトの「プレスリリースランキング」などを研究してから利用してください。

PR TIMES スタートアップ チャレンジのサービス改定について

2021年1月27日に株式会社PR TIMESより、「PR TIMES」の無料サービス「スタートアップチャレンジ」の改定についてリリースが出されました。

現在は、期間中毎月出すことで最大24件の無料プレスリリース配信ができしたが、2021年5月1日より適用期間中の無料利用を最大10件までと制限が追加されます。

2015年1月より開始された「スタートアップチャレンジ」ですが、これまでの6年間で累計6,400超の企業に利用されたようです。

PR TIMES、無料の「スタートアップチャレンジ」などサービス改定を実施

https://prtimes.jp/startup_free/

地方金融機関や団体と提携した無料配信プラン

PR TIMESは、地方企業に対してのPR地域情報を流通させるための枠組みづくりを積極的に開拓しており、地方金融機関30例(22行・8信金)、地方メディア4媒体、地方自治体1府3市の合計38例と提携パートナーを拡充し、6カ月間に3回まで「PR TIMES」に無料配信できる特別プランを提供しています。 PR TIMESを利用したことが無く提携金融機関と取引があるのであれば、利用を検討することをおすすめします。

PR TIMES 地方金融機関との提携例

地方金融機関との提携は計29例に

valuepress(バリュープレス)無料のフリーコース

valuepress(バリュープレス)無料のフリーコース

国内最多 約63000社 が利用するプレスリリース配信サービス

valuepress(バリュープレス)は2004年にサービスを開始、プレスリリース配信サービスの利用企業数は62,792社(2020/8/5現在)とプレスリリース配信サービスでは最多となっており、配信先のメディアリストも11,000、最大1,000名の記者に配信がされます。

リリース概要を入力するだけで専属のプロのライターがリリース原稿を作成・添削してくれたり、専任スタッフによる記者への個別コンタクトなどサービスも充実しています。

バリュープレス 無料のフリーコース

プレスリリース配信サービスの大手 valuepress(バリュープレス)にも 無料でプレスリリース配信ができる「フリー」プラン があります。

有料プランの場合は単発配信で30,000円するところ、0円で1回配信可能です。フリープランが利用できる企業の利用条件も特にないのでほとんどの企業が利用できます。

機能はかなり限定され、有料では800~1,000のメディア関係者に配信されますがフリーでは、配信先が20メディアとかなり絞られ、配信タイミングも有料ではリアルタイム配信となりますが、フリーはダイジェスト版として1日1回、メディアが希望する時間に他社案件と共に一覧にて、プレスリリースが配信されます。(valuepressのサイトへは配信指定した時間に公開されます)

その他にも原稿作成サービスが無かったり、画像やPDFの資料や素材も1点(有料は10点)、効果測定やレポート機能も無いなどの制約があります。

バリュープレス フリーコース の正しい利用目的

valuepressサイトの説明にも、

フリーは、弊社サービス利用の流れを体感いただくことを目的としたプランとなっております。
プレスリリース配信によりなんらかの効果(メディアに掲載するなど)を得ることをご希望の場合、有料プランでのプレスリリース配信をおすすめいたします。

と記載されていますので、有料プランを使用する前に バリュープレス フリーコース で、valuepressの使い方やプレスリリース起案から配信までの流れを覚えるといった用途で活用してください。

(2020年8月5日現在の内容です)

https://www.value-press.com/

完全無料のプレスリリース配信サービス

ここで紹介するのは、企業が発信したプレスリリース情報を多くのメディア、ライター、記者に配信する拡散型でありながら、無料で利用できるプレスリリース配信サービスです。

PR-FREE(ピーアールフリー)

PR FREE(ピーアールフリー)

スマホでも使いやすい、無料のプレスリリース配信サービス

PR-FREE(ピーアールフリー)は、「プレスリリース無料で撃ち放題」のキャッチコピー通り、何度利用しても費用が一切かからない無料のプレスリリース配信サービスです。

会員登録も不要、「無料プレスリリース投稿フォーム」に必要情報を入力するだけで、とても簡単に投稿できます。

無料のプレスリリース配信サービスは、SSL化されてなかったり、スマホ対応されていないものも多いのですが、PR-FREE は SSL化されているので安心。 デザインも洗練されていてスマホでも使いやすいプレスリリース配信サービスになっています。

リリース文章にURLを入れても、リンク掲載されないサービスもありますが、PR-FREE はしっかりリンクが貼られるので Webサイトがある投稿者は「SEO効果」も狙えるかもしれません。 また、投稿するとTwitterにも投稿されるので、SNSにおいても拡散効果が期待できます。

PR-FREE の運営会社

運営者は「PR-FREE運営委員会」と表記されています。 Google AdSenseなどの広告掲載も無く完全に非営利で運営しているようです。

PR-FREE の利用条件

「会社・団体名・店名」が必須項目になっているので、法人、個人事業、屋号を持ったフリーランス、副業、店舗、団体の投稿はできますが、個人名での投稿はできないようです。

リリース内容も無条件で掲載されるのではなく、PR-FREEの運営者が内容を確認してから掲載されます。利用規約に公序良俗など最低限の基準があり常識的な内容なので一般的なリリース内容であれば問題なく掲載されると思います。

PR-FREE の注意点

投稿された内容は、全て無条件に掲載されるのではなく、利用規約に沿っているか内容確認した上で掲載されるようなので、リアルタイムに掲載はされません。また、掲載日時の指定はできません。

他のサービス同様、掲載された内容は後から修正や削除はできないので、無料のサービスとはいえ内容をしっかり準備してから投稿してください。

PR-FREE の使い方

入力必須項目は、以下の通りです。

 会社・団体名・店名
 担当者氏名(非公開)
 メールアドレス(非公開)
 サイトURL(非公開)
 カテゴリ
 サービス名・会社名
 リリースタイトル
 リリース本文(300文字以上必須)

リリース内容をフォームに入力して送信ボタンを押すだけです。

プレスリリース文章の作成は一定のコツが必要ですが、定型的なリリース文章を記載しやすいように入力項目が用意されているので、リリース文章を作成しやすくなっています。

入力項目のサイトURLは非公開となっておりますが、リリース本文にサイトURLを記載すれば、リンク掲載されます。

また、任意で画像も貼ることができ、横幅600px以上の画像が推奨、jpg,pngが対応、ファイルサイズは最大2MB、となっています。

(2021年2月18日現在の内容です)

https://pr-free.jp/

プレスリリース ゼロ

無料のプレスリリース配信サービス大手である「プレスリリース ゼロ」は、2021年5月20日をもってサービスが終了しました。 運営会社はプレスリリース配信最大手のPR TIMESであり無料サービスも一部提供していることから、プレスリリースサービスとしてはPR TIMESに集約されるようです。(2021年6月1日現在の内容です)

http://pressrelease-zero.jp/

プレスリリース ゼロ

プレスリリース ゼロは 無料のプレスリリース配信サービス

プレスリリース ゼロは、完全に無料のプレスリリース配信サービスです。

有料プランはなく、SSL化されていないのが気になりますが運営会社は株式会社PR TIMESなのできちんと運営されており、中小企業を中心に毎月350~550件のプレスリリース投稿が掲載され、活発に利用されています。

プレスリリース ゼロ の運営会社

運営者は「株式会社PR TIMES」です。 AdSenseなどの広告掲載も無く完全に非営利で運営しているようです。

プレスリリース ゼロの利用条件と使い方

プレスリリース ゼロの利用方法は、会員登録する必要もなく 投稿フォームに必要事項を入力するだけですが、法人名・担当者名・メールアドレス・サイトURL の入力は必須なので 法人格が有り自社ホームページ をもっていることが必要で、加えて利用規約には、「満16歳以上」「本規約を承諾」「虚偽の登録を行うことを禁止」と記載されており、このあたりが最低限の利用条件となります。

投稿した内容は、プレスリリース ゼロのサイトに掲載され、加えて新聞・雑誌・インターネットのメディアと登録されている記者に配信されます(提携先のメディアは非公開)。

プレスリリース ゼロの注意点

会員登録も不要、無料でプレスリリース配信ができる気軽に使えるサービスですが、投稿後の修正や削除はできません ので誤った内容を誤配信しないよう、きちんと配信内容を準備してから利用してください。

また、プレスリリースの配信や掲載は無料ですが、運営事務局の掲載基準により承認されないと掲載できないようになっていますので、プレスリリース ゼロのサイトに掲載されている他社のリリース内容や利用案内の掲載基準も確認してから利用してください。

(2020年8月6日現在の内容です)

DirectPress!(ダイレクトプレス)

DirectPress!(ダイレクトプレス)

無料のプレスリリース配信サービス DirectPress!

「Copyright © 2007」と記載されているので2007年から運営されていると推測される、有料プランのない無料のプレスリリース配信サービスです。

DirectPress! にて投稿されたプレスリリースだけではなく、インターネット上で紹介されている各種プレスリリース情報をピックアップして掲載されているようで、1日当たり2~8投稿程度のリリース情報が掲載されています。

DirectPress! の運営会社

運営者は「DirectPress!プレスリリース運営事務局」と表記されています。 AdSenseなどの広告は邪魔にならない程度に表示されます。

DirectPress! の利用条件

明記はされていませんが、投稿フォームの会社名欄への入力が必須となっているので、実質的に 法人や個人事業主向けのサービス となっていますが、URLは必須項目ではないので自社のウェブサイトを持たれていない個人経営の店舗のような業態の方にも向いていると思います。

DirectPress! の使い方

投稿者情報の必須項目として、会社名・担当者名・電話番号・メールアドレスの入力 が必要で、あとはプレスリリース配信するカテゴリやリリース内容のテキストと利用規約を読み同意にチェックするだけで投稿依頼は完了です。

投稿依頼した内容は DirectPress! の運営者が審査確認してから掲載されます。

掲載基準は、以下内容の通りですが常識的な内容なので、一般的なリリース内容であれば問題無いと思われます。

※掲載をお断りするプレスリリースは以下の内容となります。
・18歳未満に有害と判断されるアダルトに関する内容。
・法律に抵触する恐れのある内容。
・公序良俗に反す内容
・その他、弊社にてプレスリリース掲載不可と判断した場合。

掲載が否認されてしまった場合の理由については、教えてもらえません。

投稿されたプレスリリースが掲載されるタイミングですが、配信日時の設定ができず審査確認の後「速やかに掲載」されると記載されてますので、リリース可能な情報はできるだけ速く投稿して掲載を待つような使い方になります。

DirectPress! に掲載される投稿の項目は以下の通りですが、画像の投稿はできず テキストのみで、URLもリンクされず テキストとして掲載されるだけでリンクはされません。

<投稿情報>

  • 希望掲載カテゴリ:ITシステム/サービス、化粧品/コスメ、学校/教育/学習、転職/人材/求人など約30種類から選択します。
  • 会社名
  • タイトル:50文字以内
  • 概要リード文:300文字以内
  • リリース本文:3000文字以内
  • 公開連絡先:500文字以内

DirectPress! の注意点とその他

他のプレスリリース配信サービスにも共通して言えますが、投稿して掲載された内容は削除したり修正ができませんので、無料のサービスとはいえ内容をしっかり準備してから投稿してください。

投稿されたプレスリリースは、審査を通過すれば DirectPress! に掲載されますが、配信されるその他メディアや記者などについては一切記載がなく、TwitterのリンクをクリックしてもTwitterにリンクしていないので、DirectPress! に掲載することを目的として利用するのが良いと思います。

また、審査基準を満たせば無料で DirectPress! に掲載はしてもらえますが、投稿フォームに 担当者・電話番号・メールアドレス の入力が必要でSSL化されておらず、プライバシーポリシーも記載されていないため、ご自身の判断で活用してください。

(2020年8月8日現在の内容です)

http://www.directpress.jp/

ぷれりり(PRERELE)

ぷれりり(PRERELE)

無料のプレスリリース配信サービス ぷれりり(PRERELE)

ぷれりり(PRERELE)は、「誰でも無料・個人情報もなしで登録できるプレスリリース掲載サービスです」と記載されている通り、会員登録の必要もなく、リリース内容を投稿ページで入力するだけでプレスリリース掲載と配信が無料でできるサービスです。

住所や電話番号も必要なく、SSL化されていてきちんと運用されています。かなりシンプルでわかりやすいフォームから入力するだけなので、誰でも簡単に入力し投稿ができるようになっています。

プレスリリース ゼロ の運営会社

運営者は「Capilano」です。 AdSenseなどの広告掲載は比較的積極的に行っているようです。

ぷれりり(PRERELE)の使い方

ホームページのURLとメールアドレスさえあれば、法人ではない個人事業主や個人、その他団体でもプレスリリースが可能で、1日5~10件程度のリリースが投稿されています。

投稿フォームで入力された内容は、ぷれりり事務局が最短5分で審査をしてから配信されますが、公序良俗に反しないものであればどのような内容でも掲載する方針のようで、審査通過率は95%以上 と明記されています。

公序良俗以外に掲載を拒否される点としては、同じような内容を連続投稿したり、ニュース性が低い内容は掲載されないようです。

<ニュース性に関する説明>

(掲載される例)
*****というサービスを開始しました → ○
*****という商品の販売開始しました → ○
(期日前に)*****というイベントを開催します → ○
現在、割引期間中です → ○

(拒否される例)
(常日頃から)*****というサービスを提供しています → ×
*****というイベントを開催しました(もしくはレポートします) → ×
ニュース記事に関わらない内容が多く含まれている → ×
スパムのように無差別の投稿をする → (内容に関わらず)×

ぷれりり(PRERELE)の注意点

審査を通過してプレスリリースが掲載されても、後日になって事実と異なる点や公序良俗に反する内容が見つかった場合、予告なしに削除されることがあります。

他の無料プレスリリース配信サービスにも言えることですが、いくら無料といっても公開後の修正や削除は原則できないので、必ず事前に ぷれりり(PRERELE)の 利用規約やプライバシー・ポリシーを精読 し、実際に掲載されているプレスリリース記事も研究して準備してから投稿するようにしてください。

投稿された内容の変更・削除について原則不可ですが、どうしても変更・削除しなくてはならない場合は、ぷれりり(PRERELE)運営事務局に相談の上 有料(5,500円(税込)/1件)で応じてもらえるようです。

公開日時は審査通過次第、即時反映となり、公開日の細かい調整は難しいようなのですが、無料サービスということもありうまく活用してください。

ぷれりり(PRERELE)その他

公開される文章にE-Mailや電話番号が含まれている場合には自動で画像化され、スパムメールやスパム電話を抑制する仕様になっています。

プレスリリース内に記載されるURLは自動的にリンク化され、ぷれりり(PRERELE)の説明には「SEO対策に役立ててください」と記載されていますので SEO対策 に気を使われている方には良い機能だと思います。

投稿ページに ぷれりり(PRERELE)がプレスリリースの初配信の場合のチェックボックスがあり、ここをチェックすると「初」マークで目立たせる ことができます。

画像はもちろん、Youtube、iPhone、Androidアプリ、AmazonのURL、Googleカレンダーなどはコンテンツとして埋め込み利用できるようなので、うまく活用すれば表現豊かなリリース記事を作成できます。

プレスリリースとして投稿され審査を通過した内容は、ぷれりり(PRERELE)サイトと公式Twitterに掲載はされますが、どのくらいのメディアや記者に配信されるのか記載はないので、そのあたりも考慮して無料のプレスリリース配信サービスであるというメリットを最大限活用してください。

(2020年8月6日現在の内容です)

https://www.prerele.com/

HARMONY PRESS(ハーモニープレス)

HARMONY PRESS(ハーモニープレス)

無料のプレスリリース配信サービス HARMONY PRESS(ハーモニープレス)

HARMONY PRESSは、兵庫県尼崎市にある総合Webコンサルティング会社 株式会社HARMONY が運営しているプレスリリース掲載数 累積35,000件を超える無料のプレスリリース配信サービスの老舗です。
有料プランが無い完全無料のサービスで、月間130~200件ほど投稿されています。

HARMONY PRESS の利用条件

「老若男女・企業・個人問わず 、無料で受け付けております」と記載されており、企業、団体、グループ、SOHO、個人でも利用できます。
会員登録の必要もありませんが、投稿フォームに「メールアドレス」「URL」の入力が必須となっているので、Webサイトは必要です。

HARMONY PRESS の使い方

HARMONY PRESSのホームページに「出向のお申し込みはコチラ」という緑色のボタンがあるので、それを押すと投稿フォームになります。

必須項目としては、
 ・リリース内容本文
 ・メールアドレス
 ・URL
の3点が最低限の投稿内容となり、入力して利用規約を確認して送信ボタンを押すだけです。

その他、タイトルやカテゴリ、関連タグを入力できますが、ここを省略しても HARMONY PRESS運営者に設定してもらえます。

タイトルについては、投稿者が記載した内容を HARMONY PRESS運営者が記事本文を要約して作成する場合があるようです。

画像の投稿はできずテキストのみ、URLのリンクもされません。

また、記事の掲載期日、掲載取り下げ期日の指定もできません。

投稿された内容を 運営者が確認して問題なければ HARMONY PRESS サイトに掲載されます。

内容によっては掲載されない場合もあり、禁止事項が投稿画面の規約に書かれているので、よく確認してから利用してください。

HARMONY PRESSのプレスメンバー

HARMONY PRESSのサービスは会員登録しなくても利用できますが、「プレスメンバー」という登録機能があり、約5900人ほど登録されており、
 ・出稿時の出稿者情報の入力がいらない
 ・プレスメンバー専用ページでリリースの申し込み状態の確認
 ・出稿完了通知メール
 ・資料ファイルが添付できる
 ・URLのリンクができる
などの特典があります。

HARMONY PRESS の注意点とその他

リリース内容本文に特殊記号・文字を使用すると表示がうまくできない場合があるようです。

他の無料プレスリリース配信サービスと同様に、掲載後の記事の訂正、削除については原則対応していませんので、気軽に使える無料サービスではありますが、事前にプレスリリース内容をしっかり準備して投稿するようにしてください。

HARMONY PRESSは、無料のプレスリリース配信サービスではありますが、他メディアへや記者への配信については記載はありませんが、HARMONY PRESS のサイト自体には掲載されます。

HARMONY PRESSもSSL化されておらず、個別のリリース記事を見ようとするとサイトが重たくかなり表示に時間がかかったりなど、事前にサイトを確認してうまく活用するようにしてください。

(2020年8月8日現在の内容です)

http://news.harmony.ne.jp/

WEB PR

WEB PR

PRサイトではあるものの、カテゴリ型の登録サイトのような形で運営されています。企業のみならず、個人サイトやSNSアカウントでも登録できるため、SEO強化を目的として登録される方が多いようです。

https://prsites.biz/

プレスリリースを効果的に成功させる

ネット上のメディアでは、広告が蔓延しユーザーにとっても広告主にとってもマイナスになりがちな状況の中で、有料の広告ではなく、無料でメディアに取り上げられ記事として掲載されることは、PRとしてかなりインパクトがあります。

そのような状況がかなり認知されてきているのでPRの世界も競争が激しくなっており、代表的なPR配信サービスであるPR TIMESの配信数も急上昇、以前に比べて配信したプレスリリースをメディアに取り上げてもらうのが難しくなっています。

PR TIMESが累計100万件を突破

参照:PR TIMES

最初は自力でプレスリリースにチャレンジしてみる

大手企業の基幹部署など予算に余裕場ある場合はPR支援の業者や代理店に依頼できますが、小規模事業者や個人事業主、大手企業でも広報予算が少ない部門では、費用がかからず、何よりも試行錯誤をすることで自社に合った広報手法を磨けるので、最初は自社でプレスリリースを試みることをおすすめします。

その上で、ある程度広報力がついてからプロに依頼すれば、より的確に進めることもできますし、そのまま自社で効果的にPRを継続することもできます。

無料プレスリリース配信サービスで試してみる

自社でプレスリリースをするには、無料で簡単にできる方法を使って試しに始めてみましょう。 いきなり個別メディアに直接アプローチするのはハードルが高いので、初めての場合は無料で簡単に使えるプレスリリース配信サービスが最適です

個別メディアの場合、連絡先をリストアップしながら広報資料を作成、準備して、的確でインパクトがあるアピール文章を作りこんでメール送信するなど作業が大変ですし、相手もかなり忙しいので慣れていないとあまり相手にされません。

プレスリリース配信サービスの場合は、メディアのリストアップが不要でリリース資料も管理画面で投稿するだけなのでかなり楽です。

どのプレスリリース配信サービスを使うのが良い?

「有料プレスリリース配信サービスの無料プラン」と「完全無料のプレスリリース配信サービス」を併用することをおすすめします。

”有料サービスの無料プラン” は会員登録や審査が必要で配信数も制限があるので、最初は ”完全無料のサービス” から会員登録が不要なものを選んで、試しに配信してみるのが一番確実です

⇒ 有料プレスリリース配信サービスの無料プランは こちら

⇒ 完全無料のプレスリリース配信サービスは こちら

無料でプレスリリースを成功させるコツ

プレスリリースの成功率を上げるコツとして、リリース資料の品質を上げたり、配信タイミングを工夫したりするなどありますが、以下4つを実践することをおすすめします。

  1. SNSやブログでも告知する
  2. エゴサーチして拡散状況を把握する
  3. 自社サイトにもリリース情報を掲載する
  4. 自社サイトにメディア掲載実績ページを掲載する

SNSやブログなどで告知する

投稿した情報がプレスリリース配信サイトに掲載されたら、会社や広報担当者のSNSやブログのアカウント、自社Webサイトなどを使って、プレスリリース配信サイトに掲載された事実を告知してアピールしましょう

エゴサーチして拡散状況を把握する

投稿したリリース情報が配信サイトに掲載されたら1週間くらいは、”リリース情報のタイトル文” などで Web検索 と Twitter検索 をして拡散状況を把握してください。

忙しければ、リリース投稿してから3営業日後と5営業日後の2回くらいはやってみましょう。

自社サイトにもリリース情報を掲載する

プレスリリース配信サービスにリリースを投稿するだけでなく、同じ内容のリリース情報を自社サイトにも掲載しましょう。

拡散した場合に自社サイトにアクセスされる確率が高くなり、認知が向上したり、問い合わせが入りやすくなります。

自社サイトにメディア掲載実績ページを用意する

リリース情報がメディアに掲載されたことを見つけたら、自社サイトで第三者のメディアに取り上げられた事実を告知してアピールしましょう

リリース情報を”無料で”掲載したメディア担当者やライターもリリース配信元の企業に記事の掲載が認知され、メディア掲載実績として告知してもらえると嬉しいので、メディア掲載実績ページが充実しているとメディアに掲載してもらえる可能性がより高くなります

このように無料でプレスリリースをして、実際の反応を見て、メディアとのコミュニケーションができるようになると、費用をかけなくても広報力を高くすることがえきますので、是非チャレンジしてみてください。

最後に、リリース情報やメディア掲載実績などが充実している、お手本となる企業のWebサイトを紹介しておきます。

⇒ akippa

 

プレスリリースの無料掲載を受付中のメディア

無料でプレスリリースやニュースリリースを送ることができる個別のメディア毎のリリース受付窓口です。
プレスリリース無料配信サービスと比べると編集担当者やライターの方は多忙なことが多く、掲載してもらえない場合が多いですが、メディア側も読者に喜ばれる良い情報は熱心に探しているので、相手が必要としている情報でしたら掲載してもらえる可能性があります。

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

総合ニュースメディア

無料でプレスリリースを送ることができる総合ニュースメディアです。
話題のニュースや情報を中心に掲載しているので、掲載されるケースは非常にまれですが直接プレスリリースを送ることができるリリースの受付窓口をまとめています。

マイナビニュース

マイナビニュース

総合ニュースサイト。エンタメやビジネスニュースなど多ジャンルの記事を窓口に送ることができます。魅力的なリリースであれば取材が来ることもあります。

プレスリリース配信については審査がありますので掲載される確率は高いと言えません。

https://news.mynavi.jp/top/notice/press/

VOIX

VOIX

当サイト、VOIXでも無料でのプレスリリースを積極的に受け付けています。ビジネス・教育・金融など広いニュースでリリースを取り上げています。2020年代をリードするビジネスを中心にニュースを配信中です。いただいたリリースはすべて拝見いたします!

VOIX無料リリース受付ページ

はてなニュース

はてなニュース

「はてなニュース」は、Web・ITに関する話題を分かりやすく紹介するニュースサイトです。新製品、新サービスなどについてのニュースリリースを送ると、編集部のスタッフが実際に使ってみるなどして紹介してもらえることがあります。

https://hatenanews.com/about

フジサンケイビジネスアイ

フジサンケイビジネスアイ

フジサンケイ系列のビジネスニュースサイト・新聞です。日本・海外のビジネス情報や企業・経営情報を掲載しています。リリースによっては新聞や記事にも掲載されれる可能性があります。

http://www.business-i.jp/corp/inquiry.html

GIGAZINE(ギガジン)

GIGAZINE(ギガジン)

2000年より運営している老舗のニュースサイト。独立系ニュースサイトとしては最大規模と言えます。ITテクノロジー寄りの情報がメインですが、エンタメ情報・サイエンスなど幅広いジャンルの記事が並んでいます。やや柔らかめのネタ系記事も豊富です。

他にはないユニークなサービスをPRしたい場合にリリースするとよいでしょう。

https://gigazine.net/news/contact3/

ロケットニュース24

ロケットニュース24

日本を代表するネタ系ニュースメディア。「くだらないことをとことん追求するメディア」を自称しており、記者が顔出しをし、体を張って検証する記事に人気があります。

月間PV数が5000万PV〜6000万PVいる目がメディアで、SNSでの拡散力は凄まじいものがあります。

https://rocketnews24.com/advertise/

ねとらぼ

ねとらぼ

ITmediaが運営する、ネット上の旬な情報を国内外からジャンルを問わず幅広く紹介する情報サイト。どちらかというとエンタメ情報寄りのネタ記事が多い印象です。

https://corp.itmedia.co.jp/media/pr/

BRIDGE

BRIDGE

PRTIMESが運営する国内スタートアップを中心としたテクノロジー系ニュースを毎日配信するブログメディアです。

https://thebridge.jp/contact

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

 

IT・テック系メディア

無料でプレスリリースを送ることができる個別のメディアです。
プレスリリースサイトと比べると、掲載されるケースは非常にまれですが直接プレスリリースを送ることができるリリースの受付窓口があります。

ITmedia

ITmedia 企業のIT活用やデジタル関連製品のニュースやレビュー、社会とITにまつわるトピックまで幅広く網羅するIT総合情報メディアです。

https://corp.itmedia.co.jp/media/pr/

INTERNET Watch

INTERNET Watch

インターネットに関するリリース。とりわけ、デバイス・ガジェット・ITソフト関連やテクノロジーには強みを持っています。どちらかというと硬派なITメディアのイメージです。

こちらもプレスリリースの受付があります。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/common/contact.html

週アスPLUS

週アスPLUS

PC・スマホの他にもクラウド、IoT、AIなどテクノロジー情報を提供するITソフト情報メディア。

https://ascii.jp/support/

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

 

WEBマーケティング系メディア

無料でプレスリリースを送ることができる個別のメディアです。
プレスリリースサイトと比べると、掲載されるケースは非常にまれですが直接プレスリリースを送ることができるリリースの受付窓口があります。

MarkeZine

MarkeZine

日本最大級のマーケティング情報サイト。広告やマーケティングに関する記事を受け付けており、メールで送ることでプレスリリースが掲載される可能性があります。

https://markezine.jp/help/

Web担当者Forum

Web担当者Forum

Web担当者ForumはWebサイトの構築・運用、Webマーケティング、PR業務などを中心に扱う専門メディアです。

https://webtan.impress.co.jp/

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

 

ファッション系メディア

プレスリリースを無料掲載できるファッション系メディアの受付窓口をまとめています。

WWD JAPAN.com

WWD JAPAN.com

1910年に米フェアチャイルドが創刊した「WWD(Women’s Wear Daily)」の日本版ファッション業界専門紙「WWDジャパン」のWEBサイト版です。ビューティ・コンテンツ「WWDジャパン・ビューティ」の取り扱いも開始しています。

運営会社の株式会社INFASパブリケーションズがプレスリリース情報を受け付けています。

無料プレスリリース 受付窓口:https://www.infaspub.co.jp/contact/press

FASHIN PRESS(ファッション プレス)

FASHIN PRESS(ファッション プレス)

ファッションプレスは、株式会社カーリン (Carlin, Inc.)が運営する、ファッションを中心に、ビューティー、映画、音楽、アート情報を発信するメディアです。

無料でファッションなどに関するプレスリリースができる可能性があり、取材、情報掲載に関する問い合わせは常に受け付けています。

無料プレスリリース 受付窓口:https://www.fashion-press.net/press.htm

FASHION PRESS RELEASE by Style MORE

FASHION PRESS RELEASE by Style MORE

こちらも無料のファッションプレスリリース投稿を受け付けている、アパレル・ファッションに特化した、情報配信ポータルサイトです。

無料プレスリリース 受付窓口:http://press.style-more.net/about/

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

 

地域情報メディア

無料でプレスリリースを送ることができる地域情報特化型のメディアです。
かなり絞られてしまいますが、各メディアの運営地域と運営方針に沿っていれば、掲載してもらいやすいので、地域に特化した情報性が高いニュースでしたらおすすめです。

はまこれ横浜

はまこれ横浜

神奈川県“初出店”や“ご当地情報”、横浜・神奈川県に“初上陸”の情報は積極的に掲載してもらえる、横浜市西区・横浜市中区、その周辺地域が対象のエリアとなる、地域情報サイトです。

無料プレスリリース 受付窓口:https://hamakore.yokohama/press-release-form/

北海道ファンマガジン

北海道ファンマガジン

北の大地・北海道から、北海道の魅力を発信する、北海道ファン・北海道マニアのための老舗ウェブマガジンです。北海道の観光や活性化に資する内容、各地のディープな情報を常時募集しています。

無料プレスリリース 受付窓口:https://hokkaidofan.com/release/

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

最後に、無料のプレスリリースまとめ

最初は無料のプレスリリース配信サービスで

WEB時代の広報・告知手段としては手軽なうえ、必須となってきているプレスリリース。 無料でも掲載できる手立てはいくらでもあり、メディアに掲載され、拡散されるとビジネスの認知が大きく広げるチャンスとなるでしょう。

ただし、各媒体の連絡先を探してコンタクトをとるのは効率が悪く、掲載される可能性も低いので、PRやプレスリリースの”練習として”最初は無料のプレスリリース配信サービスを利用することをおすすめします

有料プレスリリース配信サービスの無料プランは こちら

完全無料のプレスリリース配信サービスは こちら

慣れたら有料プレスリリースがおすすめ

今回は 無料のプレスリリース を特集しましたが、有料プレスリリースでも月額1万円で無制限に配信できるドリームニュースや、1投稿5,000円でPRを投稿できるイノベーションズアイのような低価格サービスもあります。

無料のプレスリリースは機能が制限されたり、ほぼ管理されていないサービスも多いため、無料サービスでPRに慣れてきたら有料のプレスリリースを検討してみてはいかがでしょうか?

【告知】VOIXでもプレスリリースを受付中!

広報・マーケティング担当者の方

プレスリリース受付中

当サイトVOIXでもプレスリリースを無料で掲載受付中です。お送りいただいたプレスリリースはこちらで全て目視した上で、掲載する場合にコンタクトを取らせていただきます。

ぜひ一度 VOIX プレスリリース受付ページ よりご連絡くださいませ。

https://voix.jp/pr-post/

※取材やインタビューを提案させていただくこともあります。

※記事化の可否やその理由については個別に返信等はお送りしておりませんのでご了承ください。

プレスリリースのやり方、始め方についてはこちら。
⇒  無料でプレスリリースを効果的に成功させる方法
※ 小規模事業者 または 広報予算が無い企業向け

プレスリリース無料配信 最新ニュース

無料でプレスリリースができる最新ニュース

静岡新聞社・静岡放送とPR TIMESが業務提携、静岡情報サイト「アットエス」がパートナーメディアに

PR TIMES・静岡新聞社・静岡放送

株式会社PR TIMESと静岡県において最多発行部数を誇る株式会社静岡新聞社および静岡放送株式会社が、包括業務提携契約を締結した。 「PR TIMES」206番目のパートナーメディアとして、静岡新聞と静岡放送が運営するサイト「アットエス」が参画し、静岡新聞社または静岡放送から紹介を受けた事業者にたいして、利用開始から6ヶ月間 3件まで無料でPR TIMESにプレスリリース配信できる「静岡新聞社・静岡放送プログラム」を提供する。

詳しくは⇒ 静岡情報サイト @S[アットエス]にプレスリリースを掲載開始、PR TIMES・静岡新聞社・静岡放送の3社が業務提携

秋田銀行とPR TIMESが秋田県内の事業者に対してPR支援

秋田銀行とPR TIMESのロゴ画像

株式会社PR TIMESと株式会社秋田銀行が業務提携を行い、秋田銀行の取引先に対して利用開始から6カ月間で3件まで「PR TIMES」の料金が無料になる プランを提供するほか、PR TIMESが主催するPRのセミナーの開催も検討し、営業拠点が秋田県内に所在する企業・団体・個人事業主が、プレスリリースで自社の情報を全国に発信することを支援する。

詳しくは⇒ 秋田銀行とPR TIMESが業務提携、秋田県内の事業者に対してPRの支援を開始

PR TIMESが「デジタルの日」に賛同し企業・団体の広報PRのデジタル化を支援

PR TIMESが「デジタルの日」に賛同し企業・団体の広報PRのデジタル化を支援

PR TIMESが、「デジタルの日」に賛同し、2021年10月10日-11日の「デジタルの日」に参加する企業・団体の広報PRのデジタル化を支援する。 「デジタル広報デビュー支援セミナー」を実施し、セミナー参加者に「PR TIMES」のプレスリリース配信を無料 で利用できるプログラムを提供する。

詳しくは⇒ PR TIMESが「デジタルの日」に賛同、「PR TIMES」無料利用プログラムを提供

PR TIMESと山形新聞社が業務提携、PR TIMESの無料プレスリリースプランも提供

PR TIMESと山形新聞社が業務提携

株式会社PR TIMES と 株式会社山形新聞社が包括業務提携契約を締結し、山形新聞社が運営するWebサイト「やまがたニュースオンライン」が PR TIMESのパートナーメディアとして新たにが参画した。 さらに、山形新聞社の紹介を受けた事業者に対し、利用開始から6カ月間で3件まで PR TIMESで無料プレスリリース配信可能な「山形新聞社特別プラン」も提供される。

詳しくは⇒ PR TIMESと山形新聞社が業務提携を開始

PR TIMESと福島民友新聞が業務提携、 PR TIMESの無料プレスリリースプランも提供

無料でプレスリリースができる最新ニュース PR TIMESと福島民友新聞が業務提携

株式会社PR TIMES と 福島民友新聞株式会社が包括業務提携契約を締結した。 これにより、福島民友新聞が運営するWebサイト「みんゆうNet」がPR TIMESのパートナーメディアとして新たに参画し、福島民友新聞社の紹介を受けた事業者に対して利用開始から6カ月間で3件まで PR TIMESで無料プレスリリース配信可能な「福島民友新聞社特別プラン」も提供される。

詳しくは⇒ PR TIMESと福島民友新聞が業務提携を開始

群馬銀行とPR TIMESが業務提携、プレスリリースが無料で配信できるプランなどを提供

群馬銀行とPR TIMESが業務提携

株式会社PR TIMESと株式会社群馬銀行業務提携契約を締結した。 これにより、群馬県内に所在する企業・団体・個人事業主が、自らの情報を全国にプレスリリース発信できるよう支援、利用開始から6カ月間で3件まで「PR TIMES」で無料プレスリリースプランを提供、PR TIMESが主催するPRのセミナーを開催するなど、地方創生、経済活性化の後押しを推進する。

詳しくは⇒ 群馬銀行とPR TIMESが業務提携を開始

PR TIMESと福島銀行が業務提携、プレスリリースが無料で配信できるプランなどを提供

PR TIMESと福島銀行が業務提携
株式会社PR TIMESと株式会社福島銀行が業務提携契約を締結、福島銀行の取引先に対して利用開始から6カ月間で3回までPR TIMESでプレスリリース配信を無料で提供するプランなど、福島県内を中心とする地元の企業・団体に対してPR支援を開始する。 PR TIMESと金融機関との提携は今回で地方金融機関30例(22行・8信金)、地方メディア4媒体、地方自治体1府3市、合計38例となっている。

PR TIMESが東奥日報社と業務提携、無料でプレスリリース配信できる「東奥日報社特別プラン」を提供

PR TIMESが東奥日報社と業務提携

株式会社PR TIMESと株式会社東奥日報社が包括業務提携契約を締結し、東奥日報社が運営するサイト「Web東奥」PR TIMESのパートナーメディアとして、青森県と青森県に隣接する北海道、岩手県、秋田県を拠点とする企業の新情報、各県への新規出店やイベント、キャンペーン実施等のプレスリリースの掲載を開始する。 また、東奥日報社からの紹介事業者に対して利用開始から6カ月間で3回までPR TIMES で無料プレスリリース配信できる「東奥日報社特別プラン」を提供する。

PR TIMESがフューチャーベンチャーキャピタル株式会社と業務提携、プレスリリース無料プランを拡大

PR TIMESが「地方創生ファンド」を運営するフューチャーベンチャーキャピタル株式会社と業務提携

PR TIMESがフューチャーベンチャーキャピタル株式会社と業務提携し、「地方創生ファンド」の投資先企業へのPR支援等を開始する。
「IPOや事業売却などの出口戦略を目指すFVC投資先スタートアップ企業」には、利用開始から6カ月間に月1回まで「PR TIMES」を無償提供する。「地方創生ファンド投資先企業等、前述のスタートアップ企業に該当しない投資先企業」には、利用開始から6カ月間で計3回まで「PR TIMES」を無償提供する。

PR TIMESと福島民報社が業務提携、福島民報社サイトへプレスリリースコンテンツを掲載開始、PR TIMES無料プランも提供

PR TIMESと福島民報社が業務提携、福島民報社サイトへプレスリリースコンテンツを掲載開始

株式会社PR TIMESと株式会社福島民報社が包括業務提携契約を締結し、福島民報社が運営するニュースサイトに、福島県と同県に隣接する宮城、山形、新潟、茨城、栃木の各県を拠点とする企業の新情報、各県への新規出店やイベント、キャンペーン実施等のプレスリリースを2021年6月1日より掲載開始する。 また、福島民報の紹介企業に対し開始日から6カ月間、3配信まで「PR TIMES」に無料でプレスリリース配信できる「福島民報社特別プラン」も提供する。

PR TIMESと常陽銀行・足利銀行が提携、茨城県と栃木県の企業のPR支援を開始

PR TIMESと常陽銀行・足利銀行が業務提携し茨城県と栃木県の企業のPR支援を開始

株式会社PR TIMESと めぶきフィナンシャルグループの株式会社常陽銀行および 株式会社足利銀行が、業務提携契約を締結し茨城県と栃木県の企業・団体に対してPR支援を開始する。 地方金融機関との提携は29例目となり、6カ月間で3回までPR TIMES にて無料でプレスリリース配信できる特別プランやPR基礎セミナーを実施するなど、茨城県と栃木県の地場の企業・団体がプレスリリースを通して自社ニュースを全国に発信しやすくなる環境づくりを、3社が連携し推進するという。

PR TIMESと常陽銀行・足利銀行が業務提携

PR TIMESと千葉日報社が提携、「千葉日報オンライン」にプレスリリース情報を掲載、無料プレスリリース「千葉日報社特別プラン」を提供

PR TIMES、千葉日報社の「千葉日報オンライン」に千葉県に関わるプレスリリースを掲載開始

「PR TIMES」運営の 株式会社PR TIMESと株式会社千葉日報社が、包括業務提携契約を締結した。 これにより、PR TIMESに投稿された千葉県に関わる企業、イベント、キャンペーンのプレスリリース情報が、千葉日報社 運営の「千葉日報オンライン」に4月1日から掲載されるようになり、利用開始から6カ月間で3回まで PR TIMES にて無料でプレスリリース配信できる「千葉日報社特別プラン」を提供するなど連携を強める。 尚、「PR TIMES」パートナーメディアは総計201メディアとなった。

PR TIMESと千葉日報社の提携内容
  • 千葉日報オンラインへ「PR TIMES」より千葉県に関するプレスリリースコンテンツを掲載
  • 千葉日報社紹介企業へ「千葉日報社特別プラン」提供およびPRセミナー共催
  • 千葉県発の情報が全国に広がるための施策検討

参照元

愛媛銀行とPR TIMESが業務提携、愛媛県企業に無料プレスリリースができる特別プランを提供開始

愛媛銀行とPR TIMESが業務提携

株式会社PR TIMESと株式会社愛媛銀行が業務提携契約を締結し、愛媛銀行の対象取引先に利用開始から6カ月間で3回まで「PR TIMES」でプレスリリースが無料で配信できる特別プランなど、愛媛県企業のPR支援強化の提供を開始した。

PR TIMESは、2017年から地方金融機関と連携したPR支援を開始しており、今回の提携により、25都道府県、27例目の金融機関との提携となる。

詳しくは⇒ 愛媛銀行とPR TIMESが業務提携し「PR TIMES」無料配信プランの提供を開始

PR TIMES、無料の「スタートアップチャレンジ」などサービス改定を実施

PR TIMES、無料の「スタートアップチャレンジ」などサービス改定を実施

株式会社PR TIMESが、「PR TIMES」の無料サービス「スタートアップチャレンジ」や月額定額のプランにおいてサービス、料金の改定を2021年5月1日(土)より実施する。

「スタートアップチャレンジ」の提供内容を変更

会社設立2年以内の企業がフォロワー3人以上を集めると、毎月1件プレスリリースが無料となるプログラムにおいて、期間中毎月出すことで最大24件のプレスリリースが無料配信できしたが、2021年5月1日より適用期間中の無料利用を最大10件までと制限が追加される。

PR TIMES 定額プランの利用件数上限と追加プランの設定

現在は定額プランのご契約期間中は件数の制限なく利用可能となっているが、2021年5月1日より、基本料金で配信できるプレスリリース件数の上限を月間30件とし、月間31件以上利用の場合は4万円の追加料金が発生する。

参照元

PR TIMESと岩手銀行が業務提携、岩手県の企業に対しPR TIMES無料配信ができる「岩手銀行特別プラン」を提供開始

PR TIMESと岩手銀行が業務提携、岩手県の企業に対しPR TIMES無料配信ができる「岩手銀行特別プラン」を提供開始

株式会社PR TIMES と 株式会社岩手銀行が業務提携契約を締結、岩手県を中心とする株式会社岩手銀行の対象取引先に対し、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」が3配信まで無料「岩手銀行特別プラン」を提供し、岩手県の企業・団体・個人事業主の有益なニュースを全国に発信しやすくする環境づくりを推進する。

PR TIMESと岩手銀行の業務提携について

PR TIMESと琉球銀行が業務提携、沖縄県企業に対しPR TIMES無料配信ができる特別プランを提供開始

PR TIMESと琉球銀行が業務提携

沖縄県内で40%以上のシェアを有し、県内最多の企業のメインバンクとなっている 株式会社琉球銀行と株式会社PR TIMESが業務提携契約を締結、沖縄県企業・団体・個人事業主の有益なニュースを全国に発信するため、株式会社琉球銀行の対象取引先にPR TIMES無料配信ができる特別プランなどPR支援の提供を開始した。

PR TIMESと琉球銀行の業務提携について

プレスリリース無料配信サービス「PR-FREE(ピーアールフリー)」が正式にサービスを開始 ~プレスリリース無料で撃ち放題

「PR-FREE」プレスリリース無料配信サービス

無料プレスリリース配信サービス「PR-FREE」がβ版の反響が良好であり、システムのアップデートも完了したことから2020年10月1日より正式サービスを開始した。会員登録は不要で、法人、個人事業、屋号を持ったフリーランス、副業、店舗、団体の方ならどなたでも、何回でも無料で配信できるという。

プレスリリース 無料 PR-FREE

APU(立命館アジア太平洋大学)と PR TIMES、学生起業の広報PRで連携、PR TIMES 初期無料プランを発行

立命館アジア太平洋大学(APU)とプレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社PR TIMESが、学生起業の広報強化等を目的とする連携協定を締結、PRを学べるオンライン特別講義を開講、学生起業家向けに「PR TIMES」初期無料プランを発行、APUによる活動報告や成果発表を「PR TIMES」を活用し広く発信など実施する。

APUとPR TIMESの学生起業の広報PRで連携について

平塚信用金庫、PR TIMES無料 になる特典付きの「ひらしん創業応援パッケージ」を開始

平塚信用金庫が、事業開始後5年未満の中小・小規模事業者を対象とした「ひらしん創業応援パッケージ」を提供開始、PR TIMESのプレスリリースが3回無料で配信できるなどの特典を用意している。

「ひらしん創業応援パッケージ」についてはこちら

Instagramのマイクロインフルエンサーが無料でPR投稿するサービス「Hashgift」

株式会社Chocostoryが、Instagramのマイクロインフルエンサーに、商品・サービスのサンプルをプレゼントし、インフルエンサーがその商品・サービスを無料でPR投稿するサービス「Hashgift」の提供を開始する。

インフルエンサーが無料でPR投稿するサービス「Hashgift」について

関連⇒ プレスリリース 無料のファッションメディア

四国銀行 と PR TIMESが業務提携契約、PR TIMES無料配信できる特典「四国銀行特別プラン」を用意

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する 株式会社PR TIMES と 株式会社四国銀行が業務提携契約を締結し、高知県を中心とする企業・団体・個人事業主に対するPR支援として、株式会社四国銀行の対象取引先に利用開始から6ヵ月間で3回までプレスリリース配信サービス「PR TIMES」が無料で利用できる「四国銀行特別プラン」を提供することに加え、PR・プレスリリース配信の実践セミナー共催する。

四国銀行 と PR TIMES の業務体にについてはこちら

七十七銀行 と PR TIMESが業務提携契約、PR TIMESを無料で配信できる「七十七銀行特別プラン」を用意

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する 株式会社PR TIMES と 株式会社七十七銀行が、と業務提携契約を締結し、利用開始から6ヵ月間で3回までプレスリリース配信を無料で提供する「七十七銀行特別プラン」や、広報・PR未経験の企業や効果的にPRを行いたい企業に向けてPR・プレスリリース配信の実践セミナーを株式会社七十七銀行と株式会社PR TIMESが共催するなど、株式会社七十七銀行の取引先企業に対してPR支援を開始する。

七十七銀行 と PR TIMESの業務提携についてはこちら

旅行系インフルエンサーによるクチコミアプリ「RECOTORI(レコトリ)」、PRサービスを無料提供

インターネット広告・メディア運営事業の 株式会社インタースペースが運営する旅行系インフルエンサーによるクチコミアプリ「RECOTORI(レコトリ)」の新サービスとして、旅行・観光業関連の事業者様向けにトラベル・インフルエンサーによるPRサービスを無料で提供開始する。

クチコミアプリ「RECOTORI(レコトリ)」のPRサービスの無料提供について

小規模事業者が PR TIMES のプレスリリースを無料配信

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社 PR TIMESが、小規模事業者向けに無料でPRのプロに相談でき、提案発表の場としてPR TIMESに プレスリリースを無料で効果的に配信 できる「4 MEETSプロジェクト – 出会うPR -」サービスの長期サポート版を追加した。

PR TIMES「4 MEETSプロジェクト – 出会うPR -」について

Instagramから飲食店が無料でPR・集客できる予約サービス

飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営する株式会社エビソルが、Instagramと提携している テイクアウト予約サービス「Diny to-go(ダイニー トゥ ゴー)」を完全無料で提供開始、レストラン店舗はInstagramを使って無料で集客・PRができる。

エビソルのInstagram対応 テイクアウト予約サービス Diny to-go について

favyがテイクアウト・デリバリー対応店舗の無料PRを開始

2020年5月27日

飲食業界に特化したマーケティング支援サービスを提供する 株式会社favyが、web版グルメ雑誌『favy(ファビー)』に飲食店の新型コロナウイルス対策支援として、「テイクアウト・デリバリー特集」を設置し、テイクアウト・デリバリー対応店舗の無料PRを開始する。

favy(ファビー)の「テイクアウト・デリバリー特集」について

プレスリリースを無料で効率化「らくらく広告添削ロボ」キャンペーン

2020年5月26日

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供する株式会社いえらぶGROUPが、テレワーク・不動産業界のDXを推進するため ロボットが物件情報を自動で洗い出し情報の不足や禁止文字などの不備を添削、RPAがプレスリリース、広告出稿などを効率化する新サービス「らくらく広告添削ロボ」をリリース、1ヶ月無償提供のキャンペーンも実施する。

株式会社いえらぶGROUP「らくらく広告添削ロボ」キャンペーンについて

SNSを活用してPR・プレスリリースを無料で配信、グリーライフスタイルが「Social Pitt」をリリース

2020年5月25日 

グリー株式会社の100%子会社であるグリーライフスタイル株式会社が、Instagramを中心としたSNS運用・分析ツールとして2019年1月より一部の企業に運用代行とセットで提供を開始しており、累計400以上のアカウント運用の実績を持つツールをクラウドサービス「Social Pitt」としてリリース、1ヵ月無料キャンペーンを開始した。

グリーライフスタイル、SNS運用・分析ツール「Social Pitt」無料提供について

無料でPRを成功する、Instagramの運用支援ツール「Reposta」提供開始

2020年5月25日 

設立以来4年で300社以上のSNS運用を支援、SNSによる企業の事業成長をサポートするSNSマーケティングに特化したベンチャー企業である 株式会社ROC(本社:神戸市中央区、代表取締役:坂本翔)が、Instagramの ”なんとなく運用” を卒業するための運用支援ツール「Reposta(レポスタ)」のベータ版提供を開始した。

株式会社ROCの「Reposta(レポスタ)」β版を提供について

「キャンプクエスト」がプレスリリース無料掲載枠を提供

2020年5月19日

Webサイトの企画・制作・運営事業を展開する 株式会社noasobi の 運営開始10ヶ月で月間30万PVを突破したキャンプ情報メディア「キャンプクエスト」が、アウトドア関連企業のPR支援サービスを開始。プレスリリース無料掲載枠の提供を開始する。

株式会社noasobiのキャンプ情報メディア「キャンプクエスト」PR記事枠について

飲食店向けにプレスリリース(PR)の無料支援サービス「InDeli(インデリ)」開始

2020年5月19日

インフルエンサーやライブ配信者のプロデュース、マネジメント事業を展開する 株式会社レアプロデュース(本社:東京都港区、代表取締役:大城 正也)が、テイクアウト・宅配サービスをおこなう飲食店向けにInstagramのインフルエンサーによる無料のプレスリリース支援サービス「InDeli(インデリ)」を開始した。

株式会社レアプロデュースのInDeli(インデリ)について

PR TIMESが平塚信用金庫と提携、PR TIMESに無料で配信できる プレスリリース無料プランを開始

2020年5月18日

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMESが、平塚信用金庫と業務提携契約を締結。6ヶ月間に3回まで PR TIMESに無料で プレスリリース配信できる特別プランを、平塚信用金庫の取引先へ提供することで企業・個人事業主の無料PR支援を開始した。

PR TIMESと平塚信用金庫の提携について

PR TIMESが新たなPRサービス「PR TIMES STORY」の無料提供を開始

2020年5月18日

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMESが、開発秘話や創業ストーリーなど企業・団体内に秘められた背景や裏話を当事者が自ら公式発表できる、新たな広報サービス「PR TIMES STORY(ピーアールタイムズストーリー)」を開始、9月末まで「PR TIMES」でプレスリリース配信実績のある企業は無料で「PR TIMES STORY」が利用可能となる。

PR TIMESの「PR TIMES STORY」について

PR TIMES が 無料ファッションニュースメディア FASHION HEADLINE へプレスリリース素材を連携

2020年5月15日

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMESが、株式会社ファッションヘッドラインが運営する 無料のファッションニュースメディア「FASHION HEADLINE」の編集部が利用するCMSへ、「PR TIMES」のファッション関連プレスリリースを報道素材として転送し掲載するシステム連携を本格開始した。

「PR TIMES」と「FASHION HEADLINE」の連携について

関連⇒ プレスリリース 無料のファッションメディア

PR TIMESが大阪信用金庫と提携、PR TIMESに無料で配信できる プレスリリース無料プランを開始

2020年5月14日

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMESが大阪信用金庫と業務提携、大阪信用金庫の取引先に対して無料でプレスリリース配信できる特別プランのPR支援を開始した。

PR TIMESと大阪信用金庫の提携について

無料でプレスリリース(PR)を効果的に配信できる新サービス「P-NEWS」をリリース

2020年5月13日

株式会社P-NEWSが、メディアと企業を1to1でつなぎぐPRマッチングサービス『P-NEWS』をリリース、3ヶ月間無料でプレスリリース配信できる特別キャンペーンを開始した。

PRマッチングサービス『P-NEWS』について

PR TIMES がプレスリリースを無料掲載、効果的に配信する「4 MEETSプロジェクト」発足

2020年5月7日

株式会社PR TIMESが運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」は、2020年4月の新規企業登録数が初めて月間1000社を超えて1132社、また同月のサイトアクセス数は前年の2.6倍にあたる4916万PVを記録、ともに過去最高を更新した。

同時にPR TIMESにプレスリリース配信ができる「4 MEETSプロジェクト – 出会うPR -」を発足した。

  • 飲食店・施設・教室等の小規模事業者向けに、無料でPRのプロから提案を受けられる機会を用意
  • フリーランスや小規模事業者のPRパーソンには、各事業者への提案を1件3万円(税別)の仕事としてPR TIMESから依頼する
  • 事業者の相談とPRパーソンの提案は内容公開し、誰でも見られる社会の共有資産にする
  • その提案を実際に発表する際には、PR TIMESでのプレスリリース配信を無料掲載する

「PR TIMES」過去最高の新規登録と4 MEETSプロジェクトについて

PR TIMESが北海道銀行と提携、PR TIMESに無料で配信できる プレスリリース無料プランを開始

2020年3月19日 

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMESが北海道銀行と業務提携、北海道銀行の取引先に対して、PR TIMESに無料でプレスリリース配信できる特別プランのPR支援を開始した。

PR TIMESと北海道銀行の提携について

PR TIMESが佐賀共栄銀行と提携、PR TIMESに無料で配信できる プレスリリース無料プランを開始

2020年3月16日

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMESが佐賀共栄銀行と業務提携、佐賀共栄銀行の取引先に対して、PR TIMESに無料でプレスリリース配信できる特別プランのPR支援を開始した。

PR TIMESと佐賀共栄銀行の提携について

PR TIMESが阿波銀行と提携、PR TIMESに無料で配信できる プレスリリース無料プランを開始

2020年3月10日

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMESが阿波銀行と業務提携、阿波銀行の取引先に対して PR TIMESに無料でプレスリリース配信できる特別プランのPR支援を開始した。

PR TIMESと阿波銀行の提携について

その他の プレスリリース・PR に関する最新ニュース

PR TIMESが役員人事を発表した

PR TIMES ロゴ画像

2021年10月14日に、株式会社PR TIMESが取締役1名の辞任および新任取締役の内定について公表した。 これにより、2022年5月25日(予定)に開催する第17回定時株主総会以降の取締役会において支配株主からの独立性を有する独立社外取締役が過半数を占め、プライム市場上場会社に要請される人数構成を満たすこととなる。

辞任する取締役は 戸﨑康之氏で辞任日は2021年10月31日、新たに就任する取締役は小澤浩子氏で就任日は2022年5月25日に独立社外取締役の予定している。

チアリーダーズ協会がPR TIMESとPRパートナー契約を締結、「SPORTS TIMES」プロジェクトに参画

一般社団法人チアリーダーズ協会のロゴ画像

一般社団法人チアリーダーズ協会が、株式会社PR TIMESとPRパートナー契約を締結し、PR TIMESのスポーツチームや団体が自ら情報を発信することを支援するプロジェクト「SPORTS TIMES」に参画した。 これにより、プレスリリースを通じチアリーダーの魅力を積極的に発信する。

MONOLISIXが位置情報データを活用したPRサービスをリリース

MONOLISIX株式会社が「GeoPR」をリリース

MONOLISIX株式会社が、国内最大級の位置情報データを活用し、チラシ配り感覚で見込み客にPRできるサービス「GeoPR」をリリースした。 国内最大級の位置情報データを活用して、位置情報の履歴をもとに高精度なターゲティングができ、広告クリック単価200円で、多様なメディアやアプリに広告出稿ができる。

詳しくは⇒ MONOLISIX(モノリシックス)株式会社が「GeoPR」をリリース

PR TIMESが設立3年以内のスタートアップ向けに新プランの提供を開始

株式会社PR TIMESが設立3年以内のスタートアップ向けに「スタートアップPRサポートプラン」の提供を開始

株式会社PR TIMESが、PRパートナー事業において、各個別企業向けに月額35万円の「広報PR支援サービス」を開始し、さらに、設立3年以内のスタートアップに対しては月額10万円の「スタートアップPRサポートプラン」の提供を開始する。

「スタートアップPRサポートプラン」は、PR TIMES社のPRプランナーが専任となり、スタートアップの企業フェーズに合わせて、広報機能の立ち上げ支援から、PR企画へのアドバイスまで、総合的な広報PRサポートを実施する。

詳しくは⇒ PR TIMESが「スタートアップPRサポートプラン」を提供開始

PR TIMESが「PR TIMES LIVE」バーチャル配信プランを提供開始

「PR TIMES LIVE」のロゴ画像

株式会社PR TIMESが、記者発表会などイベントのライブ配信サービス「PR TIMES LIVE」において、実写映像と画像・CG背景をリアルタイムで合成するバーチャル配信プランの提供を開始する。 あわせて、PR TIMES社の専任PRパートナーが企画提案からメディア招致、当日運営、実施後の効果検証までを包括支援する「イベントプラン」も提供開始する。

「Positips」がPR TIMESのプレスリリース配信機能のメディアリストに追加

Positipsのロゴ画像

無料掲載可能なWEB業界の各種セミナー情報やWEBツールの使用レポートなどのオリジナル記事を連載する、株式会社ネモフィラのオウンドメディア「Positips」がPR TIMESのプレスリリース配信機能のメディアリストに公式追加された。

これによりPR TIMESのプレスリリース配信機能を利用するユーザーが、任意で選ぶ配信先メディアリストとして「Positips」を追加可能となる。

ライスカレーがインフルエンサーPRサービス「インフルエンサー・ブランドコンテンツ・サーキュレーション」を提供開始

ライスカレーがインフルエンサーPRサービスを提供開始

マーケティングサービスを提供する 株式会社ライスカレーが、Facebook提供の「ブランドコンテンツ広告」を活用したインフルエンサーPRサービス「インフルエンサー・ブランドコンテンツ・サーキュレーション」の提供を開始した。 広告出稿の結果をもとにインフルエンサークリエイティブを画一的に評価し検証でき、ブランド・サービスに合ったユーザーにインフルエンサークリエイティブが配信されるなどの特徴がある。

TOKYO LUXEYがNYタイムズを通じマーティングPR支援を強化

TOKYO LUXEYがNYタイムズを通じマーティングPR支援を強化

欧米豪を中心とした海外の富裕層向けにインバウンド事業を推進する企業、自治体のコンテンツ開発、国内外の富裕層向け事業のリサーチ、マーケティングPR、コンサルティング及びマッチングサービスを提供している 株式会社TOKYO LUXEYが、米ニューヨーク・タイムズ(NYT)の日本メディア・レプリゼンタティブとして、NYTの国内市場における新規ビジネスの開拓を支援し、日本のグローバル企業、政府、自治体向けに欧米市場でのマーケティングPR支援を開始した。

参照元

PR TIMESが個人事業主にも対応開始

PR TIMESが個人事業主にも対応開始

株式会社PR TIMESが、法人のみに提供してきた、報道機関向けのプレスリリースをメディア記者向けに配信し「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載するサービス「PR TIMES」を、個人事業主でも利用できるように2021年5月20日(木)より利用条件を変更した。 これにより、個人事業主でも月間5000万PVのアクセスがある「PR TIMES」に掲載され、130媒体あるパートナーメディアより15媒体以上に原文が掲載保証されるサービスが利用できる。

PR TIMESが個人事業主にも対応開始

PRサービス「ESG/SDGsドライブ」の提供を株式会社プラチナムが開始

ベクトルグループの戦略PR事業会社である 株式会社プラチナムが、コーポレートアイデンティティを「ソーシャルバリューコミュニケーションカンパニー」にアップデート、企業のESG/SDGs価値向上、サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)化を支援するコンサルティング・PRサービス「ESG/SDGsドライブ」の提供を本格的に開始する。

PRサービス「ESG/SDGsドライブ」の提供を開始

株式会社PR TIMES、2021年2月期(2020年度)通期決算を発表

株式会社PR TIMESが、2021年2月期(2020年度)の通期決算を発表した。

  • 通期の売上高と営業利益で過去最高を更新
  • 中期業績目標である営業利益10億円も達成
  • 営業利益はIPOを機に6期連続で過去最高を更新

「PR TIMES」のサービス動向も順調な推移となっている。

  • 利用企業社数は前期比13,916社増の50,633社
  • 中期業績目標である利用企業社数50,000社を達成
  • 国内上場企業の44.7%が利用
  • サイト閲覧数は最高で月間5,221万PVと大幅増加
  • プレスリリース件数は2020年12月に月間2万1838件と過去最高を更新
  • プレスリリース配信メディアリストは1万2071媒体
  • 会員登録しているメディアユーザー数は2万307名
  • プレスリリースを転載するパートナーメディアは200媒体

参照元

PR TIMESパートナーメディアに総合ゲーム情報サイト「ファミ通.com」が追加

株式会社PR TIMESが運営する「PR TIMES」のパートナーメディアとして 株式会社KADOKAWA Game Linkageが運営するゲーム・エンタメ総合情報サイト「ファミ通.com」が、2021年4 月12日(月)より、ゲーム関連を中心とした漫画・アニメなどのエンタメ関連の最新情報を発表文書で掲載開始される。 今回の連携により、「PR TIMES」パートナーメディアは総計202メディアとなっている。

参照元

「いろいろ株式会社」が「広報・PRの家庭教師」フランチャイズに加盟

企業の広報・PR活動を支援する株式会社シプードが提供する業界初の「広報・PRの家庭教師」サービスのフランチャイズ制度「広報・PRフランチャイズ制度」に企業の事業開発を支援するいろいろ株式会社が加盟し、2社共同で九州地方を中心とした中小企業向けに広報・PR支援をスタートする。

業界初となる「広報・PRフランチャイズ制度」は、広報・PR支援に取り組みたい企業やフリーランス(個人事業主)が、都内130社を中心にシプードが提供してきた広報・PRノウハウを生かし、加盟金など初期費用無料で広報・PR支援事業に参入できる制度となっている。

参照元

株式会社WORKING FOREVER、PRコンサルティング&プランニングを無償提供する「PR初体験プロジェクト」を開始

株式会社WORKING FOREVER(ワーキング フォーエバー)が、「すべての人にPR初体験を!」を合言葉に、本社所在地である東京都築地で頑張るPR(広報活動)未体験の中小企業・個人・団体を対象に、PRコンサルティング&プランニングを無償提供する『PR初体験プロジェクト~First Experience of PR for everyone~』を開始する。

「PR初体験プロジェクト」は、PR未体験の企業や個人、団体に向けて、まずはPRの必要性や意味、そして可能性を実感・体感してもらうために、PR相談やコンサルティングを無償で行い、その企業や団体にとって最適なPRプランを提案するプロジェクトとなっている。

参照元

PR TIMES、2021年4月開始の企業の代理返還システムを活用し「U30奨学金返還サポート制度」を開始

株式会社 PR TIMESが、日本学生支援機構が2021年4月より開始する「企業の代理返還(直接送金)」の仕組みを活用し、借入先が日本学生支援機構の場合に企業から機構への直接送金をすることで法人税の損金算入など様々なメリットが付与される制度を活用し社員の奨学金返還を支援するため、30歳未満で年収600万円未満の正社員に対して奨学金の返還を一定額サポートする「U30奨学金返還サポート制度」を開始する。

「平成30年度 学生生活調査(日本学生支援機構)」によると、奨学金を受給する大学生は47.5%、およそ2人に1人が利用しており、奨学金による教育機会の取得の反面、若手の社会人にとって奨学金の返還が経済的にも心理的にも負担となる社会課題が伴っている状況を鑑み、若手社員が働きやすい環境を提供する。

PR TIMESの奨学金返還の支援制度について
  • 満30歳未満、かつ前年年収600万円未満の正社員を対象に、毎月1.5万円分を最大8年間支援
  • 日本学生支援機構が借入先の場合、企業の代理返還システムを活用し、毎月の負担と返還総額をいずれも軽減
  • 4月より21年新卒を含む14名の当社社員へ支給開始

参照元

PR TIMESとグライダーアソシエイツが、動画流通パッケージを提供開始

株式会社PR TIMESが提供する動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」において、株式会社グライダーアソシエイツが運営するコンテキストマッチ型プレミアムアドネットワーク「craft.(クラフト)」、キュレーションメディア「antenna*(アンテナ)」と、企業の新情報を伝える動画の流通を高める、共同商品の提供を開始する。

共同商品としては、「PR TIMES LIVE」「PR TIMES TV」と「craft.」「antenna*」の4サービスを組み合わせた4つのメニューを展開する。

  • PR TIMES LIVE + craft. 動画配信パッケージ
  • PR TIMES LIVE + antenna* 記事配信パッケージ
  • PR TIMES TV + craft. 動画配信パッケージ
  • PR TIMES TV + antenna* 記事配信パッケージ

参照元

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の利用企業数が5万社を突破

株式会社PR TIMESが運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」が、2021年2月15日(月)に利用企業数が5万社を突破し、国内上場企業の利用率も44%を超えた。

2020年6月2日に4万社を突破してから、約8.5カ月で5万社を突破し、2020年4月以降は新規登録企業数が毎月1000社を超えているという。

参照元

PR分析サービス「Qlipper」がSNSモニタリング機能を実装

株式会社トドオナダが自社開発し提供するPR分析サービスQlipper(クリッパー)に、SNSを自動でデータ収集・分析を行う【SNSモニタリング】機能を追加した。現在はTwitterのみが対象となり、順次Facebook、Instagram、Youtubeにも対応する。

自社のプレスリリースやイベントとSNSユーザー動向変化を分析しながら、SNSに影響を与えたメディアの話題をランキング表示でき、PRがSNSに与えた影響をメディアとユーザーの両視点で把握できるため、より詳細なPR効果測定が可能となっている。

株式会社ルースター、「ペット(犬・猫)」に特化したInstagramインフルエンサーPRサービスをリリース

株式会社ルースターが、特定のジャンルに特化した、より専門的なキャスティングのニーズに応えるべく、Instagramにおいて発信力のある「ペット(犬・猫)」系のインフルエンサーによるPR支援サービスを開始する。

株式会社ルースター、「ペット(犬・猫)」に特化したInstagramインフルエンサーPRサービスをリリース

「PR TIMES」の記事を「ウォーカープラス」に配信開始

株式会社PR TIMESが運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」の記事を株式会社KADOKAWAが運営する「関西ウォーカー」や「東海ウォーカー」など地域情報雑誌のWeb版である、全国のイベント・おでかけスポット情報を掲載する「ウォーカープラス」に2021年1月27日(水)より掲載を開始する。プレスリリースに登録された位置情報を元に、その地域事業者による最新情報のプレスリリースがタイムリーに掲載される。

位置情報を元にしたプレスリリース掲載の取り組みを行うパートナーメディアは以下の通り。

  • みんなの経済新聞:各媒体の対応都道府県に掲載
  • 山陰中央新報:山陰地域
  • さんたつ:東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/茨城県/群馬県
  • ウォーカープラス:全国

参照元

アルテミス北海道、PR TIMESとPRパートナー契約を締結

北海道札幌市を拠点としたVリーグ参入を目指す女子バレーボールチーム「アルテミス北海道」を運営する一般社団法人北海道レディーススポーツクラブ と 株式会社PR TIMESが、PRパートナー契約を締結た。

PR TIMESが発足した『SPORTS TIMES』プロジェクトに参画し、クラブの魅力を積極的に発信する。

参照元

マテリアルとコネクテッドマテリアルがPR会社初の「J-Startup」民間サポーターズ参画

マテリアルグループ株式会社傘下の株式会社マテリアル と 株式会社CONNECTED MATERIALが、日本において成長性のあるスタートアップ企業に向けた広報・PR支援を目的として、経済産業省が主催する「J-Startup」の民間サポーターズに参画した。今後は、「J-Startup」により選定されたスタートアップ企業への広報支援と『CLOUD PRESS ROOM』の無償提供を行う。

参照元

PR TIMES、2020年度 第3四半期(2020年9月~11月)の四半期決算を発表

「PR TIMES」を運営する 株式会社PR TIMESが、2020年度(2021年2月期)第3四半期(2020年9月~11月)の四半期決算を発表、売上高が四半期で初めて10億円を突破し、売上高と営業利益は3四半期連続で過去最高を更新、2020年度の通期業績予想を上方修正している。

  • 2020年度第3四半期 四半期決算 概要
  • 売上高: 10億2700万円(前年同期比130.0%・前四半期比111.5%)
  • 営業利益: 4億7100万円(前年同期比262.3%・前四半期比133.1%)
  • 当期純利益: 3億2400万円(前年同期比266.9%・前四半期比147.4%)
  • 2020年度の通期業績予想 概要(修正後)
  • 売上高:37億7000万円
  • 営業利益:13億7500百万円
  • 経常利益:13億7500万円
  • 当期純利益:10億8500万円
  • PR TIMES 概況
  • 新規利用企業社数:3808社(2020年度第3四半期)
  • 利用企業数:4万7324社(2020年8月末時点)
  • 国内上場企業の利用率:43.1%(2020年8月末時点)
  • メディアユーザー会員数:1万9574名
  • プレスリリース月間件数:2万1746件(2020年10月、過去最高)
  • プレスリリース配信メディアリスト:1万2148媒体
  • パートナーメディア:199媒体
  • サイト閲覧数:月間5221万PV(2020年5月)

参照元

株式会社トドオナダ、PR効果測定サービス「Qlipper(クリッパー)」に「Webニュース仮想PV」機能を追加

株式会社トドオナダが提供している PR効果測定サービス「Qlipper(クリッパー)」が、Webニュース記事の仮想PVを算出し表示する「Webニュース仮想PV」機能を追加した。

今までわからなかったWebニュース記事ごとのPV(ページビュー:ウェブページが見られた回数)を想定することで、広報・PR効果をPVで測定することが可能になる。

PR効果測定サービス「Qlipper」の「Webニュース仮想PV」指標について

フードテックサービス「ごちめし」を運営するGigi株式会社と 株式会社PR TIMESが連携

フードテックサービス「ごちめし」を運営するGigi株式会社株式会社PR TIMESが連携し、「4 MEETSプロジェクト – 出会うPR -」においてコロナ禍にある飲食店の情報発信支援をプロのリリースで届ける取り組みを開始する。

Gigi株式会社が、2021年1月4日より開始した「2021 新春 福めしキャンペーン」に参加する店舗のうち「さきめし×4 MEETSプロジェクト 連携サポート」に申し込みのうえ登録審査を通過した店舗を対象に、PRのプロによる情報発信のサポートを2ヵ月間受けることが可能になる。

参照元

株式会社PR TIMESが、401名のPRに対する想いが詰まった書籍である「PR、415の使命」を発刊

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する 株式会社PR TIMESが、2020年8月24日から8月31日の期間に募集した「あなたが考える、PRの使命」に集まった401件の使命と PR TIMESによる「PR、14の使命」とを合わせた415個の使命を収蔵した書籍「PR、415の使命」を2020年12月21日に発刊する。

参照元

「PR TIMES STORY(ピーアールタイムズストーリー)」の記事が、「FNNプライムオンライン」と「フジテレビュー!!」にコンテンツ転載開始

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の 株式会社 PR TIMES が、開発秘話や創業ストーリーなど企業・団体内に秘められた背景や裏話を当事者が自ら公式発表できる広報サービス「PR TIMES STORY(ピーアールタイムズストーリー)」から発信されたストーリー記事を、株式会社フジテレビジョンが系列28局と共同運営するオンラインニュースサイト「FNNプライムオンライン」とオンラインエンタメサイト「フジテレビュー!!」へパートナーメディアとしてコンテンツ転載を本格開始した。

参照元

株式会社アダムテクノロジーズ、無料PRに有効なSEO最適化のための『WEBサイト表示スピード高速化サービス』をリリース

株式会社アダムテクノロジーズが、自社商品を無料でPRするためGoogleの検索結果に上位表示するための『WEBサイト表示スピード高速化サービス』をリリースした。

Webページの表示スピードの改善はSEO対策で上位表示するための必須課題となっており、13年以上のベテランのSEOコンサルタントとインフラにも詳しいエンジニアのチームのノウハウをサービス化して提供する。

アダムテクノロジーズ、『WEBサイト表示スピード高速化サービス』について

広告代理店を通さずPRができる、広告主とメディア運営会社のマッチングサービス「アドベース (β版) 」を株式会社サザンカがリリース

株式会社サザンカが、広告主のPR・マーケティング担当者とメディア運営会社の営業担当者を広告代理店を通さず直接マッチングするサービス「アドベース (β版) 」を開始した。

株式会社サザンカ、「アドベース (β版) 」について

PR人材データベース「SCALE Powered by PR」が開始9ヶ月で登録者数500名を突破

株式会社本田事務所と株式会社ベクトルが共同で運営する成長型PR人材データベース「SCALE Powered by PR」が、PRニーズの高まりを受けて、フリーランスや副業で働くPRパーソンと優秀な人材との出会いを求める企業をマッチングするため、2020年3月にサービスを開始してから9ヶ月間でPRパーソンの登録者数が500人を突破した。

参照元

総合PR会社 PRAP POINTS Singapore、デジタルPRマーケティングサービス「CROSS CONNECT」に新サービスを追加

広報・PRの支援・コンサルティングを手がける総合PR会社、株式会社プラップジャパンのグループ会社 PRAP POINTS Singapore PTE. LTD.が、東南アジア市場に向けたプレスリリース配信やオンラインPRイベントなどのPRメニューを含む、デジタルPRマーケティングサービス「CROSS CONNECT」に4つのメニュー(インフルエンサーPR)、LIVEストリーマーPR、メディア分析、訪日外国人向けプロモーション)を追加した。

PRAP POINTS Singapore PTE. LTD.の「CROSS CONNECT」新メニューについて

ユーザーの現在地情報を活用した高精度なPRができる、ジオターゲティング広告配信サービス「GeoLad(ジオラド)」をリリース

データを活用したマーケティング事業を展開する 株式会社Legolissが、テクノロジープラットフォームパートナー Xandr の「Xandr Invest」を通じて、訴求したい対象ユーザーの特定とダイレクトな広告配信が可能になる、高精度なオリジナル位置データを加味し、ユーザーの現在地情報を活用してPRや集客につなげるジオターゲティング広告配信サービス「GeoLad(ジオラド)」の販売を開始した。

株式会社Legoliss の「GeoLad(ジオラド)」について

株式会社CONNECTED MATERIAL、「P-NEWS」を刷新し、PRプラットフォーム「CLOUD PRESS ROOM」をリリース

広報・PR支援サービスの開発および運営を行う 株式会社CONNECTED MATERIAL(コネクテッドマテリアル)が、PRマッチングプラットフォーム「P-NEWS」を刷新した クラウド広報戦略プラットフォーム「CLOUD PRESS ROOM」の提供を開始した。

CONNECTED MATERIALの「CLOUD PRESS ROOM」について

広告もプロモーションも全てパブリックリレーションズの一つ、「PR EDGE(ピーアールエッジ)」を運営開始

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社PR TIMESが、広告・プロモーションの事例データベース「AdGang(アドギャング)」と、姉妹サイトで企業/団体のプロモーション動画事例のデータベース「BuzzGang(バズギャング)」を統合、国内外のPR・広告・プロモーション事例メディア「PR EDGE(ピーアールエッジ)」へと刷新し、2020年11月6日(金)より運営を開始した。

広告もプロモーションも全てパブリックリレーションズの一つであり、“どうしても伝わらなければならないこと”を届けるためにPRが存在するとのコンセプトから、サイト名のテーマを「Ad(広告)」から「PR(パブリックリレーションズ)」へ変更したという。

参照元

株式会社Miracle Japan(ミラク ジャパン)、戦略PRを60日間で実現する「PRアドバイザーサービス」の提供を開始

株式会社Miracle Japan〈ミラク ジャパンが、Facebook Japanの広報統括執行役員として全体のPR戦略に携わったCEO&数多の経験をもつPR strategistによる、戦略構築からすぐに実践できるパッケージ提供まで幅広く「ブランディング」PRをサポートし、”誰でも、どんなビジネスでも、どこからでもできる” 戦略PRを60日間で実現する「PRアドバイザーサービス」の提供を開始する。

株式会社Miracle Japan(ミラク ジャパン)の「PRアドバイザーサービス」

 

オリコン、オリコン・コミュニケーションズ株式会社を設立し、PRコンサルティング事業を開始

オリコン株式会社が、100%出資子会社である新会社「オリコン・コミュニケーションズ株式会社」を設立し、PRコンサルティング事業を開始する。

オリコン・コミュニケーションズ株式会社、PRコンサルティング事業について

スタートアップのPR・広報、マーケティングを支援する「朝日メディアアクセラレータープログラム」第7期の募集を開始

朝日メディアラボベンチャーズ株式会社(代表取締役社長:野澤博)が、「朝日メディアアクセラレータープログラム」第7期の募集を10月29日から開始、締め切りは11月13日23時までとなっている。

朝日メディアアクセラレータープログラムは、『朝日新聞アクセラレータープログラム」から発足した、D2CやサブスクなどtoCビジネスを展開するスタートアップのPR・広報、マーケティングを支援するプログラム。

第7期の約2か月のプログラムでは、Crucnch Styleの武井亮太代表、Snaq.me の服部慎太郎代表など、現役のスタートアップ経営者をアドバイザーとして迎え、toCビジネスに特化したマーケティングやPR広報の支援を行う。

参照元

PAエンタープライズ、世界最大手のPR・プレスリリース配信サービス「PR Newswire」と提携

株式会社ピーエイのグループ会社で、日系企業の中国・東南アジア進出サポートを手がける 株式会社PAエンタープライズが、世界最大手のPR・プレスリリース配信サービス「PR Newswire」を手がける PR Newswire Asia, Ltd.と業務提携し、中国・東南アジアを含む170カ国・40言語・30万以上のメディアやオンラインサイトへの広報配信をワンストップで実現する。

PAエンタープライズとPR Newswireの業務提携について

クラウド型のコンテンツマッチングサービス「とりもち」で、企業のPRを促進する

SMN株式会社のグループ会社であるSMT株式会社が、クラウド型のコンテンツマッチングサービス『Ballooon RW(Recommend Widget) 「とりもち」』をローンチする。ソニーグループで培った技術力をベースに、最先端のアドテクノロジー知見とコンテンツマーケティング力を駆使し、クライアント企業のPRを促進する。

コンテンツマッチングサービス「とりもち」について

海外在住のPRやマーケティングのプロフェッショナル人材と企業をつなぐマッチングサービス「WAUW(ワウ)」のβ版を開始

WAUW株式会社(ワウ)が、Work Anywhere u want(働きたいところで働く)をコンセプトとした、海外在住のPRやマーケティングなどのプロフェッショナル人材と企業をつなぐマッチングサービス「WAUW(ワウ)」のβ版を開始する。同時に、PRやマーケティングのデジタルマーケターを中心に事前登録を開始した。

マッチングサービス「WAUW(ワウ)」について

株式会社シプードが、業界初の「広報・PRフランチャイズ制度」を開始

企業の広報・PR活動を支援する 株式会社シプードが、PRを支援してきた120社超の成功ノウハウをパッケージ化し、新たに広報・PR支援事業に参入し収益を得たい企業や、独立を目指す個人は、フランチャイズ加盟金など初期費用が無料で「広報・PR事業」をスタートさせることができるようになる、業界で初めての「広報・PRフランチャイズ制度」を開始した。 同時に地方展開も本格参入する。

参照元

株式会社PR TIMESが2020年度第2四半期 四半期決算を発表、過去最高の四半期売上高と営業利益、 上期の業績予想を大きく上振れて着地

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する 株式会社PR TIMESが、2021年2月期の第2四半期(6月~8月)決算を発表した。売上高、売上総利益、営業利益、当期純利益の全てにおいて上期としては過去最高を更新した。

第2四半期は売上高成長率が 31.7%と3四半期ぶりに 25%を超え、営業利益率は 38.4%と過去最高を更新、売上高成長率と営業利益率の合計でも 70.1%と過去最高を更新している。

PR TIMES 2020年度上期業績 概況
  • 売上高 17億4100万円(前年同期比 126.7%・前半期比 114.8%)
  • 売上総利益 14億7900万円(前年同期比 126.8%・前半期比 116.8%)
  • 営業利益 6億3100万円(前年同期比 183.1%・前半期比 293.7%)
  • 当期純利益6億100万円(前年同期比 369.1%・前半期比 380.0%)
PR TIMES 2020年度第2四半期業績 概況
  • 売上高 9億2100万円(前年同期比131.7%)
  • 営業利益 3億5400万円(前年同期比245.2%)
  • 当期純利益 2億2000万円(前年同期比796.4%)
PR TIMES の概況
  • 利用企業数:4万3516社(2020年8月末時点)
  • 国内上場企業利用率:41.8%
  • 第2四半期新規利用企業社数:3576社、前年同期比で67.8%増
  • プレスリリース件数:2020年7月に月間1万8980件と過去最高を更新
  • プレスリリース配信メディアリスト:1万2274媒体
  • メディアユーザー会員登録数:1万8757名
  • プレスリリース転載パートナーメディア:198媒体
  • サイト閲覧数:2020年5月に月間5221万PVと過去最高を記録

参照元

デジタルマーケティングに精通したプロマーケターがPR支援するサービス、「Value Leap」の提供を開始

デジタルマーケティング事業、インターネット広告事業などを運営する 株式会社Revellyが、デジタルマーケティングに精通したプロマーケターが独自ノウハウを活用し、ブランディング、PR、プレスリリース、クリエイティブ、広告出稿などマーケティング課題の解決やインハウス化に向けた支援を目的としたサービス「Value Leap」の提供を開始した。

Revelly、「Value Leap」について

「さんたつ by 散歩の達人」へ地域のプレスリリースを掲載、PR TIMESパートナーメディアは200媒体に

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社PR TIMESが、株式会社交通新聞社が運営する大人のための深堀り散策サイト「さんたつ by 散歩の達人」へ、2020年10月9日(金)より、プレスリリースに登録された位置情報を元に、その地域に関連するプレスリリースをタイムリーに掲載する。

参照元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001026.000000112.html

PR支援サービス「RICE INFLUENCERS」、登録インフルエンサー数が200人を突破

Tomoshi Bito株式会社(福岡県福岡市、代表取締役:廣瀬智之)が運営する、SDGsやサステナビリティ、エシカルなど社会性の高い取り組みに特化したPR・マーケティング支援サービス「RICE INFLUENCERS」にて、登録する社会派インフルエンサーが200人、総フォロワー数が100万人を突破したことをご報告いたします。

引用元

PRを妨害する企業を見つける、リスティング広告の不正出稿対策リリース

株式会社メカニズムが、競合企業・アフィリエイターによるリスティング広告の不正出稿を検知し、検索広告においてPRを妨害する行為を対策できるサービス「チェックメイト」をリリース、30日間無料トライアルを開始した。

リスティング広告不正出稿検知サービス「チェックメイト」について

TVCMのPR効果を分析、「Market Watch Shoppers Heatmap for TV Planning」の提供を開始

CCCマーケティング株式会社が、TVCM出稿の分析ツール「Market Watch Shoppers Heatmap for TV Planning」をリリース、これにより従来分析が難しかったTVCMのPR効果などの分析ができるようになる。

CCCマーケティングのTVCM出稿の分析ツールについて

ベクトルとBloom&Co.が業務提携、マーケティング戦略の策定とPR領域の連携でスタートアップを支援

PR 事業、プレスリリース配信事業、ビデオリリース配信事業などを展開する 株式会社ベクトル と 顧客理解に基づいたブランド戦略/マーケティング戦略の策定・実行により事業成長を支援する、株式会社Bloom&Co.が業務提携を行い、非連続的な事業成長が必要とされるスタートアップ企業に伴走し、成長ステージと戦略にあわせた顧客理解に基づく本質的なマーケティングおよびコミュニケーション活動におけるPR戦略の策定・実行を通して、投資対効果の最大化と事業の成長を支援する。

ベクトルとBloom&Co.の業務提携についてはこちら

PR TIMES が、山陰中央新報へ島根・鳥取プレスリリースを掲載開始

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社 PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922)は、株式会社 山陰中央新報社(島根県松江市、代表取締役社長:松尾倫男)が運営する「ONLINE NEWS 山陰中央新報」へ、2020年9月25日(金)より山陰を拠点とする企業の新情報、山陰で展開されるキャンペーンやイベント、新店情報など、山陰に関するプレスリリースをタイムリーに掲載いたします。

通常、限られた紙面で取り上げることのできる取材対象は一部となりますが、今回の山陰中央新報とPR TIMESとの協業により、地元企業の活動、地元開催のイベントなど多種多様な企業ニュースが、事業者の発表文で読めるようになります。「PR TIMES」で発信されるプレスリリースのうち、山陰拠点の企業の新情報、山陰で展開されるキャンペーンやイベント、新店情報など、山陰に関するプレスリリースを「ONLINE NEWS 山陰中央新報」に掲載します。発信企業の所在地、プレスリリース内の位置情報、キーワードから、山陰に関するプレスリリースを抽出し、システム連携によりタイムリーに掲載します。

引用元

PR TIMESが、Webメディア制作や企業PR支援等を行う株式会社ismの全株式を取得

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922)は、2020年9月11日開催の取締役会において、Webメディア制作や企業PR支援等を行う株式会社ism(東京都渋谷区、代表取締役:鈴木碩子)の全株式を取得し、完全子会社化することを決議しました。

PR TIMESにismが加わることで、伴走を必要とする「PR TIMES」ご利用企業様の広報支援やWebコンテンツのマーケティング支援などPRパートナー事業の強化、PR TIMES運営メディアのコンテンツ制作体制の強化、働く女性向けコミュニティーとのシナジー効果の最大化に取り組んでまいります。

引用元

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」のPR TIMES STORYが、キュレーションアプリ antenna* へ記事掲載を開始

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社 PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922)は、開発秘話や創業ストーリーなど企業・団体内に秘められた背景や裏話を当事者が自ら公式発表できる広報サービス「PR TIMES STORY(ピーアールタイムズストーリー)」から発信されたストーリー記事を、株式会社グライダーアソシエイツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社⻑:杉本哲哉)が運営するキュレーションアプリantenna*[アンテナ]へ、2020年9月10日(木)よりパートナーメディアとしてコンテンツ転載を本格開始いたしました。

引用元

株式会社PR TIMES と 次世代ロボットエンジニア支援機構(Scramble)が、PRパートナー契約締結

プレスリリース配信サービス最大手の株式会社PR TIMES と 日本のものづくりを担う次世代のエンジニアの育成、およびものづくり業界・文化の活性化をミッションに掲げ次世代のエンジニア育成・支援を行っている 一般社団法人次世代ロボットエンジニア支援機構(通称:Scramble、所在地:京都府相楽郡精華町、代表理事:川節拓実)が、『Scramble Partner』(PRパートナー)契約を締結し、Scrambleが株式会社PR TIMESが2018年8月より始動した、スポーツチームや団体が自ら情報を発信することを支援するプロジェクト『SPORTS TIMES』に参画する。

引用元

企業向け「媒体資料」や「フリーペーパー」などPR、プレスリリース情報を1ヶ月間無料で掲載

株式会社hashout(ハッシュアウト)が、マーケティングや広報、営業などの担当者が製品やサービスを伝える際に必要なPR、プレスリリース資料、媒体資料などの「フリーペーパー」を1ヶ月間無料で掲載できるプラットフォーム「BiZCONE」を10月にリリースするにあたり、媒体資料/フリーペーパーが1ヶ月間利用料無料で掲載できる企業と資料がダウンロードができる会員の事前登録を開始した。

株式会社hashout(ハッシュアウト)の「BiZCONE」について

コロナ禍による消費者の行動、購買動向、商圏などの変化を活用し効果的にPRが可能に

クロスロケーションズ株式会社が、コロナ禍による消費者の変化を位置情報ビッグデータで把握し、効果の高い地域にSNS広告配信やDM、チラシ、ポスティングなどのエリアマーケティングを行いPR活動の精度を高め、効果測定まで可能なオールインワンの特別パッケージ Location AI Platform™️ (ロケーションエーアイプラットフォームの 「アフターコロナ対策広告パッケージ」の提供を開始する。

クロスロケーションズのロケーションエーアイプラットフォームについて

2020/8/31時点で総フォロワー数 約225万人のインフルエンサーに”PR投稿お願いし放題サービス”、サブスクギフティングプラン

10万人程度のフォロワーをもつInstagramのマイクロインフルエンサーに、PR商品・サービスのサンプルや試供品をプレゼントし、その商品・サービスをインフルエンサー自身のアカウントで、ストーリーズ投稿してもらうサービスになります。投稿の広告費用は送料とサンプルだけ。女性インフルエンサーをメインに、何を好きなフォロワーが集まっているインフルエンサーかまで確認でき、効率的に自社商品に興味があるユーザーにアプローチできます。費用は月額1480円。(総フォロワー数:2,256,350人 )

引用元

総合PR会社とクラウドマーケティング会社の知見を集結、広報PRのDXを推進する国内初のSaaS型クラウドサービス 「PRオートメーション」 β版を9月1日より提供開始

広報PRのデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する プラップノード株式会社が、広報業務のPDCAサイクルを一貫してデジタル技術でフルサポートし、PR業務を自動化、効率化しプロセスと成果を見える化する国内初のSaaS型ツール「PRオートメーション」β版を9月1日から提供開始する。

プラップノード株式会社の「PRオートメーション」について

グライダーアソシエイツ、PRコンテンツネットワーク「antenna* Brand Spread」をローンチ

株式会社グライダーアソシエイツが、ブランドの魅力を伝えるPRコンテンツを多様なメディアで一斉配信・リーチ最大化を実現する PRコンテンツネットワーク「antenna* Brand Spread」をローンチした。

株式会社グライダーアソシエイツの「antenna* Brand Spread」について

ヨガスタジオやフィットネスジムの運営企業向けPR、広報支援サービスの提供を開始

株式会社Rezony(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐武 秀)が、複数のフィットネス施設に通えるサブスクフィットネスサービス『mozaiq(モザイク)』運営などで培ったノウハウを活用し、ヨガスタジオやフィットネスジムを運営されている企業(会社・個人事業主)向けのプレスリリース、PR、マーケティングなどのWEB支援サービスの提供を開始する。

株式会社RezonyのWEB支援サービスについて

FacebookのニュースフィードやInstagramのストーリーズ にARエフェクトを使って、PR・広報活動を促進するサービスを開始

WebARやInstagramのARフィルターを使って体験型の広告を開発している福岡のスタートアップ 株式会社YONDEが、FacebookのニュースフィードやInstagramのストーリーズ にARエフェクトを使ったPR、広報、プレスリリース、広告の企画から制作・配信までを総合的にサポートする広告パッケージ「ARアドパッケージ」のサービスを開始した。

株式会社YONDEの広告パッケージ「ARアドパッケージ」について

宿泊施設に特化したPR・広告・宣伝を支援するサービスを提供開始

大手有名ホテル・旅館などホテルに関わる業務において多岐にわたる実績を有する イヴレス株式会社が、宿泊施設に特化したデジタルマーケティング支援サービス『postayle』(ポステイル)を提供開始した。

イヴレス株式会社の『postayle』(ポステイル)について

成長型PR人材データベース「SCALE Powered by PR」の登録者数が、開始から5ヶ月間で400人を突破

「世界でもっとも影響力のあるPRプロフェッショナル300人」にPRWEEK誌によって選出された日本を代表するPR専門家が代表を務める 株式会社本田事務所と株式会社ベクトルが共同で運営するフリーランスや副業で働くPRパーソンと、優秀な人材との出会いを求める企業をマッチングする成長型PR人材データベース「SCALE Powered by PR」が、3月のサービス開始から5ヶ月間で登録者数400人を突破したことを公表した。

株式会社本田事務所と株式会社ベクトルの「SCALE Powered by PR」について

プレスリリース配信後の分析が容易に、広報PR効果測定ツール【Qlipper】が機能強化

株式会社トドオナダが、広報PR効果測定ツール【Qlipper】に、新たに自社に合わせた重要な媒体を選び、プレスリリース配信後に社会や競合と広報PR効果のベンチマーキングを行うことが容易になる「メディア分析機能」と「重要媒体登録機能」を追加した。

株式会社トドオナダの広報PR効果測定ツール【Qlipper】について

オンラインで地方の中小企業の広報・PR活動をサポートする集客支援サービス「ネタコレ」をリリース

広報・PR活動の観点から企業を支援する 株式会社シプードが、地方の中小企業に向け、広報・PRのプロが「ネタづくり(企画立案)」から「プレスリリース作成(記者向け資料作成)」「記者へのプレスリリース配信」までを代行するオンライン完結型の集客支援サービス「ネタコレ」の提供を開始した。

株式会社シプードのオンライン完結型の集客支援サービス「ネタコレ」について

株式会社ワルツ、PR TIMESへの配信をサポートする「プレスリリース作成代行サービス」をスタート

株式会社ワルツ(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:井上ちから、以下ワルツ)は、全国の事業者様に向けて、「PR TIMES」への配信を対象とした「プレスリリース作成代行サービス」を、2020年8月25日より開始いたします。

引用元

たとえ読まれなくても、ぜんぶ書く。PR、14の使命を日経新聞に掲載

PR TIMES社が考えたPRへの問いとして、今、PRにどうしても必要だと考える14の項目「PR、14の使命」を企業広告として、2020年8月24日 日本経済新聞に掲載しました。

PR、14の使命
1 PRには物語がある。そこにたどり着くまでのプロセスと想いの物語、誰かが誰かに語りたくなる物語がある。
2 PRには平等がある。1人でも発信できる平等、1人でも受けとることができる平等がある。
3 PRには信頼がある。決してウソを発信してはいけないという想いから生まれる信頼がある。
4 PRには貢献がある。規模の大小に関わらず、たとえ誰か1人に対してだったとしても、役に立つ貢献がある。
5 PRには宣伝がある。その商品やサービスをできる限り広く、そして偽りなく伝えていくという宣伝がある。
6 PRには聴く力がある。世の中の誰かが発したその声を、広く聴く力がある。
7 PRには正直さがある。自分たちの都合のよいことだけを伝えるものではない正直さがある。
8 PRには愛がある。商品へ、一緒に働く人へ、情報を受け取る人へ……。いくつもの愛がある。
9 PRには熱がある。文字から行間から言葉から、人の体温やエネルギーを感じられる熱がある。
10 PRには夢がある。情報のひとつ1つに、どうしても叶えたい夢がある。
11 PRには思いやりがある。まだ見ぬ人たちへ、未来へ、想像を巡らし、具体的に考えて情報を発信していくという思いやりがある。
12 PRには行動がある。発信し、広げ、受け取り、変えていく行動がある。
13 PRには覚悟がある。まだ、知られていないその試みを、今、あきらめようとしてしまっているその決意を、世の中を変えるだろうその勇気を物語り、伝え、広げていく覚悟がある。
14 PRには表明がある。自らへの、そして公への意思の表明がある。

引用元

社団法人FCバサラマインツ ジャパンフットボールクラブが、株式会社PR TIMESとオフィシャルパートナー契約を締結

PR TIMES様のホームページ上に「Act now,Think big」と書いてあります。迷いが生まれるときほど一歩を踏み出し、未経験に臆さず、失敗を恐れず、駆け上がろう。 足元だけに気を取られず、顔を上げ、目を凝らし、遠く霞む先を見渡そう。 どんなときも、今日までの常識にしばられず、進むべき道を進む行動者でありたい。そして行こう、未踏峰へ。我々 FC BASARA Mainzが掲げる世界で通用する日本人プレーヤーの輩出。また世界でプロのサッカー選手になることを夢見てやってくる選手達。側から見たら不可能だと思うかも知れません。そんな大きな夢に向かってPR TIMES様と一緒に1歩1歩、歩んでいきたいと思います。

引用元

DOOHを活用した商品・サービスPRを促進、広告配信サービス「YUNIKA VISION DOOH」の提供を開始

マーケティングテクノロジー事業を展開する 株式会社ジーニーと株式会社ユニカが、DOOH(Digital Out of Home)向けの広告配信サービス「YUNIKA VISION DOOH」の提供を開始、デジタル屋外広告で企業のPRを促進する。

株式会社ジーニーと株式会社ユニカの「YUNIKA VISION DOOH」について

企業のPRやプレスリリース業務を支援、フリーランスで活動するPRのプロを企業に紹介するサービス「PRプロクル」を開始

オンラインショッピング・ギフト事業、専門家マッチング事業などを展開する 株式会社エンファクトリーが、PR業務で課題を抱える企業を対象に、PRやプレスリリース業務を支援するため、副業もしくはフリーランスで活動するPRのプロを紹介する人材マッチングサービス「PRプロクル」の提供を開始した。

株式会社エンファクトリーの「PRプロクル」について

ストックウェザー株式会社、Webで簡単に投資家向けにPRやIRができるサービス『IR Room(アイアール ルーム)』の提供を開始

上場企業向け「WEB IRツール」を180社以上に提供している ストックウェザー株式会社が、決算説明会、事業説明会などIR、事業PR、新規事業プレスリリースなど投資家に向けて事業の魅力や質疑応答をWebでライブ配信しWebで簡単により多くの投資家との信頼関係の構築を支援するサービス『IR Room(アイアール ルーム)』の提供を開始した。

ストックウェザー株式会社の『IR Room(アイアール ルーム)』について

PR TIMES×モリサワ共催 自治体情報発信オンラインセミナー 「伝える」から「伝わる」へ

株式会社モリサワが、2020年8月21日(金)、8月28日(金)に株式会社PR TIMESとの共催でオンラインセミナーを開催する。

  • 日程:2020年8月21日(金)、2020年8月28日(金)14:00〜16:50(Web開場 13:30)
  • 形式:Web会議サービスZoomによるオンラインセミナー
  • 対象:自治体職員
  • 費用:無料
  • 人数:各回200名 ※アーカイブ視聴をご希望の方もお申込みください。
    お申込み詳細はこちら

株式会社モリサワと株式会社PR TIMES共催のオンラインセミナーについて

画像を360度自由に動かすことでユーザー主体となりPRやプレスリリースの表現力が著しく向上

THE HILL OFFICE合同会社が、株式会社リコーが提供する360度バナー広告『RICOH 360 for Ad』を活用した新たなサービスの提供を開始、ユーザーがバナー内の画像を360度自由に動かすことでユーザー主体となりPRやプレスリリースの表現力が著しく向上される全く新しいバナー広告となる。

THE HILL OFFICE合同会社の『RICOH 360 for Ad』について

採用サイト構築システムがFacebookに対応、採用PRの配信力を強化

株式会社ダトラが、採用サイト構築システム「トルー」の求人検索エンジン提携先としてindeed・Google for jobs・Yahoo!しごと検索・求人ボックスに加え、「Jobs on Facebook」と提携し、採用PRの配信力を強化した。

株式会社ダトラの採用サイト構築システム「トルー」について

LINEで店舗の予約から商品PR、物販まで対応する囲い込みサービス

株式会社TriDentが、美容室やエステ、鍼灸サロンなど幅広い業態に対応し、Instagram連携や物販も可能となるサロン予約をLINEで自動化できるサービス『RE:RE』をリリースした。

株式会社TriDentの『RE:RE』について

成果報酬でグローバルにインフルエンサーにPR・告知依頼ができる

AnyMind Group株式会社が、独自にネットワーキングしている16万人以上のインフルエンサーとWEBニュースなどのプレミアムメディアとの連携による成果報酬型マーケティングサービス「Performance Growth -パフォーマンス グロース- 」を開始した。

AnyMind Group の Performance Growth について

「広報・PRプランナー&PRライター養成講座」2020年9月開講 第5期 と「PR人材のプロダクションis Closet」の受付を開始

PR・マーケティング、キャリアプロデュースをサポートする 株式会社itty selectionが、2020年7月27日(月)より「広報・PRプランナー&PRライター養成講座」2020年9月開講 第5期 へのエントリー受付を開始する。

また、講座受講生でなくとも所属できるPR人材のプロダクションis Closetも再始動し、メンバー受付もスタートした。

itty selectionについて詳しくはこちら

スポーツスポンサーシップのPRにフォーカスしたWEBメディア『スポマチ』のβ版をリリース

株式会社shake hands が、JリーグやBリーグの営業収益の約40%〜55%はスポンサーシップによる収益で占めており、スポーツスポンサーシップのPRやプレスリリースにスポットライトをあてたWEBメディアとして『スポマチ』をリリース。

株式会社shake handsの『スポマチ』についてはこちら

非接触でプレスリリースイベントなどが可能、バーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会」のサービスをリリース

SoVeC(ソベック)株式会社が、VR(バーチャルリアリティ)空間共有技術を活用したバーチャル展示会プラットフォーム「そのまま展示会」のサービスをリリース、受付を開始した。

SoVeC(ソベック)の「そのまま展示会」についてはこちら

InstagramでのプレスリリースやPRを加速する、合同会社SNAPLACEが社内用ツール「スナップレイス解析」を一般公開

合同会社SNAPLACE(スナップレイス)が、社内でのみで活用していたインスタグラム運用の分析ツールのうち自社アカウントの分析、競合分析機能の一部を「スナップレイス解析」として一般公開した。

合同会社SNAPLACEの「スナップレイス解析」についてはこちら

店舗のPRを無料でGoogleマップで効率的にする口コミ獲得促進ツール「locome(ロコミー)」をリリース

株式会社NOVASTO、店舗の新情報などのプレスリリースや新メニューのPRなどを効率的にする Googleマップの口コミ獲得促進ツールである「locome(ロコミー)」をリリース、月額利用料は無料、顧客にキャンペーンやセールの案内、クーポンをSMS送信する場合のみ費用が発生する。

株式会社NOVASTOの「locome(ロコミー)」についてはこちら

テイクアウト対応の飲食店が無料でPRできる、テイクアウトレストラン検索サービス

京都を拠点に200社以上のWEBマーケティング支援を行ってきた株式会社ランプ(京都府京都市、代表取締役:河野匠)が、全国約9000店舗の中から現在地近くのテイクアウト対応店検索ができるサービス「TakeEatsお店検索」をリリース、掲載料は無料となっている。

株式会社ランプの「TakeEatsお店検索」について

BtoB領域において、プレスリリース・PR・マーケティング・インサイドセールスの業務フローを効率化

株式会社Brizzyが、BtoB領域において、プレスリリース・PR・マーケティング・インサイドセールスの業務フローを効率化・最適化のためのリードデータのインポート自動化ツール「Lead Brizzy」の提供を開始した。

株式会社Brizzyのリードデータのインポート自動化ツール「Lead Brizzy」について

新型コロナウイルス感染症対策に関する様々なプレスリリース・PR・情報発信をビデオリリースで配信

ベクトルグループのビデオリリース制作/配信事業を展開する子会社 株式会社NewsTVが、各企業において新型コロナウイルス感染症対策に関する様々なプレスリリース・PR・情報発信を支援するため『withコロナ対策応援パッケージ』をリリース、期間限定特別価格で提供を開始した。

株式会社NewsTVの『withコロナ対策応援パッケージ』について

マンション・オフィスビルのエレベーター内の壁面に広告・PR・プレスリリースを表示

株式会社 WallBankが、マンション・オフィスビルのエレベーター内の壁面を使って、広告・PR・プレスリリース配信ができるシェアリングプラットフォーム「wallbank」の運用を開始した。

エレベーター内の壁面を使ったメディア「wallbank」について

Instagramの広告や、無料配信したプレスリリース・PRなどマーケティング全般の運用を支援するツール

株式会社ROCが、ベータ版公開後9日で100社以上の導入実績を誇り、Instagramの広告や、無料配信したプレスリリース・PRなどマーケティング全般の運用を支援するツール「Reposta(レポスタ)」の正式版の提供を開始した。

株式会社ROC「Reposta(レポスタ)」について

Spotify や ポッドキャストで音声広告・プレスリリース・PRの最適化配信が可能に

株式会社オトナルが、『Spotify』『radiko』『朝日新聞アルキキ』『ポッドキャスト』などのデジタル音声メディアにおいて、音声コンテンツを聴くリスナーの日時、曜日、天候、気温、エリアなどの状況に合わせてリアルタイムに音声広告クリエイティブを変化させ、広告、プレスリリース、PR内容を自動最適化して広告配信を行う音声広告プラン『ダイナミックオーディオアド』を開始した。

株式会社オトナルの『ダイナミックオーディオアド』について

位置情報を元にリアルタイムで効果的なPR・広告配信が可能に

クロスロケーションズ株式会社が、位置情報ビッグデータの解析結果を元に LINE,Facebook, Instgram広告と連携し効果的なSNSで広告・PRの配信を効率的にできる配信可能な新サービス「XLロケーションベース広告」をLAP利用企業に提供開始した。

クロスロケーションズ株式会社「XLロケーションベース広告」について

店舗・施設の人の流れを「見える化」しPRや感染防止策を的確に行えるWi-Fi 認証サービス

株式会社トライ・ワークスが、既存のWi-Fi設備を活用し店舗・施設の人の流れを「見える化」し、施設運営者がPRや感染防止の的確な施策が実行できる、Wi-Fi 認証クラウド・サービス「d-dive(ディーダイブ)」をリリースした。

株式会社トライ・ワークスの「d-dive(ディーダイブ)」について

デジタルマーケティングとPRをシームレスにワンストップで提供する「デジマPR」をリリース

WEB集客事業、PR事業の 株式会社J・Gripマーケティングが、デジタルマーケティングとオンラインPRを組み合わせ、シームレスな戦略と施策実行までワンストップで提供する新サービス「デジマPR」をリリースした。

株式会社J・Gripマーケティングの「デジマPR」について

地方事業者を対象にネットショップ構築から、プレスリリース・PR・のマーケティング領域まで一貫で行うサービスを開始

ECマーケティング株式会社と株式会社フルスピードが、地方事業者を対象に、開発・制作・運用などのネットショップ構築から、プレスリリース・PR・広告などのマーケティングまで一貫で行う「Start DX(スタート ディーエックス)」を開始した。

ECマーケティング株式会社と株式会社フルスピードの「Start DX」について

無料でPRやプレスリリース、広告の効果測定が可能、SNSの分析ツール無料新規キャンペーン

株式会社hashoutが、Instagram/Twitterを計測するSNSアカウントの効果測定ツール「hashout (ハッシュアウト)」を2週間無料新規キャンペーンを実施、無料でプレスリリース、PR、広告効果などの分析が試験導入できる。

「hashout (ハッシュアウト)」を2週間無料新規キャンペーンについて

感染症対策をしている事業者が無料でPRできるキャンペーン

株式会社ビースタイル メディアが運営する、主婦に特化した求人サイト『しゅふJOBパート』に新型コロナウイルス感染症対策が求人詳細ページで確認できる機能を追加し、対策をしている事業者が求人情報を無料でPRできるキャンペーンを開始した。

株式会社ビースタイル メディア『しゅふJOBパート』の無料掲載について

ショートムービープラットフォーム「TikTok」が、中小企業向けの広告ソリューションをリリース

ショートムービープラットフォーム「TikTok」が、中小企業がTikTok For Businessの力を活用してブランドを成長させることができる新しい広告ソリューションを全世界で発表した。予算が限られる中小企業でも動画とSNSの組み合わせにより効果的なPRも可能になる。

TikTok For Business、セルフサービス型広告プラットフォームについて

最短1時間で公式ECアプリを作成、商品PRや新商品のリリースも無料で配信

株式会社NappsTechnologiesが、価商品やオーダーメイド商品の販売を行う小規模EC事業者へ向けて、PR内容、商品やロゴ画像を変更するだけで、最短1時間でECアプリを作成・公開できる「Nappy Town スターターキットforEC)」の提供を開始した。自社ECサイトを持つことにより商品のPRやプレスリリースを無料に配信することも可能となる。

株式会社NappsTechnologiesの「Nappy Town スターターキットforEC)」について

オンラインコンテンツの複製・転載防止で、プレスリリース・PRを安全に運用できる

データとAIの活用に強みをもる d.a.t.株式会社が、無断でWeb上に複製・転載されているコンテンツをAIが自動で検知して削除申請までをサポートする、「RighTect」(ライテクト)をリリースした。オンラインにおけるPRやプレスリリースも含めて知らずに権利を侵害してしまったり、権利を不当に利用されたりすることを防ぐことができる。

d.a.t.株式会社のコンテンツ著作権侵害抑止サービス「RighTect」(ライテクト)について

制作、広告、PR・プレスリリース費用も無料の成果報酬型リード獲得サービス

Wasld株式会社が、BtoB商材に特化した完全成果報酬型オンラインリード獲得支援サービス「Morb(β版)」の提供を開始した。広告費だけではなく、クリエイティブ、PR・プレスリリースも無料にて掲載、配信し効果が出た分だけ課金する仕組み。

Wasld株式会社の成果報酬型オンラインリード獲得支援サービス「Morb(β版)」について

訪日観光PRの無料掲載で効果的に配信、インバウンド再開に向けて情報提供を開始

訪日観光インバウンドPRを主要業務とする株式会社アジアクリックが、東南アジア現地旅行会社向け情報提供Webサイト「JAPAN TRAVEL SHOWCASE」を開設。主に東南アジア地域を対象とし、日本の自治体や民間観光事業者の英語でのPR無料掲載を開始する。

株式会社アジアクリック「JAPAN TRAVEL SHOWCASE」無料掲載について

バーチャルの展示会・ショールーム・プレスリリースイベントなどを安価かつスピーディーに開催が可能

XR開発企業の株式会社ロマンテックジャパンが、実際に対面せずOculus QuestやPCから展示会、ショールームやプレスリリースのイベント会場を安価でスピーディーに開催できる「バーチャル展示会・バーチャルショールーム」パッケージを提供開始した。

株式会社ロマンテックジャパンの「バーチャル展示会・バーチャルショールーム」パッケージについて

D2Cブランド総合支援サービス「Growth Palette」をリリース

ブランド支援事業、ECシステム事業などの 株式会社MyColorが、商品の企画・製造、広告・PR・プレスリリースなどのマーケティング、EC運営、カスタマーセンター、物流までサポート可能な、D2Cブランドの総合支援サービス「Growth Palette」をリリースした。

株式会社MyColorのD2Cブランドの総合支援サービス「Growth Palette」について

クリエイティブ、広告、プレスリリースの配信から解析・最適化・レポート作成を一元化

デジタルマーケティングプラットフォームの開発・販売などを行う、株式会社SIVAが、LP作成・広告やプレスリリース配信・解析・最適化・レポート作成まで一元化できる、新しい仕組みのデジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond」を正式リリースした。

株式会社SIVAのデジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond」について

Web広告、PR、プレスリリースの効果を無料で分析

Re.Hatch株式会社が、Google Analyticsやadjustなどの計測ツールや、AdWords、Facebook、Twitter、LINEなどのメディアを横断して分析ができる無料の分析サービスDashboard 『ONE』をリリースした。これにより広告効果やPR・プレスリリースの効果を無料で効率的に行うことができる。

Re.Hatchの分析サービスDashboard 『ONE』について

新規事業開発専門のマーケティング支援サービスを開始

株式会社FINOLABと株式会社アドタグが、新規事業開発におけるマーケティング支援サービス「SUBPOSI(サブポジ)MARKETING」開始した。 リサーチ、プロモーションやPRやプレスリリースを無料で行うなど、プロダクトマーケットフィットのためのマーケティング支援を行う。

アドタグ の新規事業開発に特化した サブポジマーケティング について

広告代理店自体が無料でプレスリリースやプロモーションが可能に

ネット広告代理店育成支援事業を手掛ける デジマチェーン株式会社が、ネット広告代理店ポータルサイト「デジマチェーン」にて無料掲載枠を設置、これによりネット広告代理店自体のプロモーションやプレスリリースが無料で掲載できるようになる。

ネット広告代理店ポータルサイト、デジマチェーン 無料掲載枠について

ネット、紙、TV媒体を360度網羅したリアルタイム分析ツールを提供開始

Talkwalkerが、SNSとWeb媒体に新聞や雑誌などの紙媒体とTV媒体を加え、メディアを360度網羅しリアルタイムに分析できるツールを提供開始、プレスリリース、プロモーションなどの施策を横断的にワンストップで分析できるようになる。

Talkwalkerの最先端AI搭載のSNS分析ツールについて

1分でオンラインイベント用の集客ページを作成できる

trevary株式会社が、1分でオンラインイベント用の集客ページを作成でき、収益化まで行えるamply(アンプリー)を正式リリース。オンラインで会場費が無料のプレスリリースイベントを実施したり、有料ライブ配信など収益化まで対応している。

trevaryの新サービス amply(アンプリー)について

永年無料のアプリマーケティングツール、無料でアプリのPR・プロモーションの最適化が可能に

モバイル広告効果計測プラットフォームとマーケティングアナリティクスを提供する AppsFlyer Japan株式会社が、業界最高水準のアプリマーケティングツールが永年無料で利用できる新サービス「Zero Plan(ゼロプラン)」を提供開始、企業・マーケターはアプリのプロモーションやPRが無料で実現できる。

AppsFlyer Japanの Zero Plan(ゼロプラン)について

有料ホームページ作成サービスが60日間無料、プレスリリースなど無料で運用

株式会社ペライチと 株式会社Another worksがサービスを連携した、これによって「Another works」の会員が『ペライチ』の有料プランを60日間無料で利用可能になり、新規サービスやキャンペーンなど、プレスリリース情報も無料で掲載できるようになる。

Another worksとペライチの連携について

飲食店が知りたい情報を無料取得、飲食店経営者向け媒体が掲載情報の募集を開始

CAROT株式会社は、元ミシュラン星付きフランス料理店のシェフが飲食店経営をもっと効率化したいとの思いで立ち上げた、飲食店が知りたい情報や欲しい資料を無料で手に入れる事が出来る飲食店向けサービス比較メディア『CAROT(キャロット)』のプレスリリース、PRなど掲載情報の募集を本格募集した。

飲食店経営者向け情報メディア「CAROT」について

沖縄の宿泊施設が無料でプレスリリース・PRできる

登録メンバーに独自の旅行情報や体験を提供しているトラベルズー・ジャパン株式会社が、毎週水曜日に発行している会員向けのメールマガジン『Top 20』において国内エリア人気No.1である沖縄県全域の宿泊施設を対象とした無償掲載キャンペーンを実施、これによって宿泊施設が無料でプレスリリースやPRが可能になる。

トラベルズー・ジャパン無料掲載キャンペーンについて

オンラインイベントをサポートする新サービスを開始

国内No.1のレシピ動画サービス「kurashiru」を運営するdely株式会社が、リアルな接点を前提としないプレスリリース・PR・マーケティング・ブランディングを可能にする、クライアントのオンラインイベントをサポートする新たな広告メニューを開始した。

クラシルのオンラインイベントをサポート広告メニューについて

Instagramを活用したPRを成果報酬で提供する新サービス

 

SNSに特化したデジタルマーケティング会社である セスグモ株式会社が、1フォロー数の単価やエンゲージメント率での単価などを設定することで低リスクでプレスリリースやPRができる、成果報酬型 Instagramアカウント運用代行サービスの「TakeCoco」(テイクココ)のサービスを開始した。

成果報酬型 Instagram運用代行「TakeCoco」(テイクココ)について

プレスイベントのオンライン完結化した「PR TIMES LIVE」を開始

 

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社 PR TIMESが、ライブ配信サービス「PR TIMES LIVE」において、会場を手配することなくプレスイベントを実施できるようになるイベント会場を必要としないオンライン完結プランを新設した。

PR TIMES の 「PR TIMES LIVE」について

PR専門家が月額5000円で広報の相談に対応する「広報サロン」開始

 

マーケティング企画会社の シェイプウィン株式会社が、角川アスキー総合研究所が運営するテクノロジー・スタートアップメディア『ASCII STARTUP』が、知見が一般化されていない プレスリリース、PR、広報などの相談を専門家や先輩に相談できるようになる『広報サロン』を開始した。

シェイプウィン株式会社と『ASCII STARTUP』の『広報サロン』について

国内最大級の電子チラシ「Shufoo!」において自治体向け掲載料を無料に

 

凸版印刷株式会社のグループ会社、株式会社ONE COMPATHが、運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」において自治体がエリア内に告知するための情報掲載料を永年無料にした。 これにより自治体がエリア内に対して無料でプレスリリースやPRが行えるようになる。

電子チラシ Shufoo! の自治体向け情報掲載料を永年無料化について

アウトドア・スポーツ領域で無料でプレスリリースやPRが可能

nd.Agency(本社:東京都豊島区西池袋1-44-3栄成ビル6F 代表:野村 千鶴)が、アウトドア・スポーツに特化したトレーニング情報が見つかるサービス「Greenfield Training」を2020年6月10日にリリース、「無料掲載キャンペーン」を開始した。 これによりアウトドア・スポーツにおいて無料でプレスリリースやPRの配信が可能になる。

アウトドア・スポーツ特化「Greenfield Training」無料掲載キャンペーンについて

訪日外国人観光客向けに無料でPR掲載が可能

アイズが、訪日外国人観光客の受け入れ対策および国内企業のグローバル化を支援する目的で、訪日インバウンド対策サービスのポータルサイト「インバウンドレーダー」への資料掲載の無料期間を2020年12月末まで延長する。これにより訪日外国人観光客向けに無料でPRやプレスリリース配信が可能となる。

株式会社アイズの「インバウンドレーダー」無料掲載について

WeChatミニプログラムを活用した中国向け商品PRが実現

日中間のクロスボーダービジネスを行う株式会社クロスシーが、WeChatミニプログラムを活用した中国向け越境ECサービスにおいて1品目当たり月額4万円の手数料が無料になる「出品費用無料キャンペーン」を実施する。

株式会社クロスシーのWeChatミニプログラム中国向け越境ECサービスについて

最短2営業日で導入可能なWEBキャンペーンシステム提供開始

WEBキャンペーンシステムを展開し年間に100件以上のキャンペーンを運用する 株式会社デジタルラインが、最短2営業日で導入可能な法人向けWEBキャンペーンシステム「スピードシリーズ」の提供を開始した。 これにより、自社WEBサイトを活用したキャンペーンのPRやプレスリリースが迅速行えるようになる。

デジタルラインのWEBキャンペーンシステム「スピードシリーズ」について

 

中国向けにライブ配信でオンラインPRが実現

中国、香港、台湾の映像業界に強い映像コーディネート・リサーチを行う株式会社フライメディアが、20年以上に及ぶ、中国へのアプローチの実績を活かし、中国向けのライブ配信事業を本格的に展開、中国の配信プラットフォームに全対応し映像を通じてプレスリリース、PRが可能となる。

中国の配信プラットフォームに全対応したライブ配信サービス

東南アジア向けにオンラインでプレスリリースやPRイベントが可能

2020年6月5日

日本の食材を東南アジア・東アジアに向けて迅速に安く届ける物流事業を展開する 株式会社For Bridgesと、アジア向け食材卸を事業とする沖縄トレーディング株式会社は、東南アジア向けに海外オンラインのプレスリリース・PRイベント + 現地ライブコマースのサービス提供を開始する。

東南アジア向け「海外オンラインPRイベント + 現地ライブコマース」について

飲食店が無料でPR・集客ができるアプリ制作ツール

2020年6月8日 

株式会社トランスメディアGPが、新型コロナウィルスの影響で打撃を受けている飲食店などへの新たな販促ツールの導入支援を目的として、全国店舗対象にアプリ制作の初期費用半額及び月額費用をお申込み月から2か月間無料とするキャンペーンを開始した。

集客アプリ作成サービス「店舗アプリ」無償提供について

アジア地域向けに無料でPR・プレスリリースができる

2020年6月5日 

アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN!JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communicationsが、訪日を楽しみにしている外国人に向けて、観光地・施設・お店の最新情報を”まとめ記事”にして配信を開始するに伴い、地域や企業、サービスや商品をPRする際に、ご希望の方に無料でURLリンクを開放する。

『FUN!JAPAN』の無料URLリンク開放について

9つの国と地域で「海外オンラインPRイベント」の提供を開始

2020年6月4日

PR事業、プレスリリース配信事業の株式会社ベクトルが、Afterコロナ・Withコロナ時代における新たな海外進出をする企業の支援として、中国、香港、台湾、韓国、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシアの9つの国と地域において「海外オンラインPRイベント」の提供を開始した。

株式会社ベクトルの「海外オンラインPRイベント」について

⼈気ライバーのライブ配信中にのPRをする新サービス

2020年6月3日

D2C事業、広告代理事業、インフルエンサーマネジメント事業を展開する 株式会社Direct Techが、リアルなPRイベントやプレスリリースイベントができない中、オンラインで所属⼈気ライバーのライブ配信中に商品・サービス等をPRする「pino live PR」を開始する。

株式会社Direct Techの⼈気ライバーPRサービス「pino live PR」について

地域PRイベント「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」スタート

2020年6月2日 

株式会社ディー・エヌ・エーが、ライブコミュニケーションアプリ「Pococha(ポコチャ)」において日本全国のユーザーひとり一人の街・地元・故郷から、ライブ配信のカルチャーを生み出していくことを目指したプロジェクト「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT(マイライブ マイタウンプロジェクト)」の取り組みを開始。

Pocochaの「MY LIVE ♡ MY TOWN PROJECT」について

世界の日本ファンへメッセージに無料でPRができるプロジェクト2020年6月2日

世界へ向けて日本の魅力を発信するメディア、和テンション株式会社が、インバウンド事業に注力している自治体および観光事業者様を対象として、世界に向けて多言語でのメッセージを無料配信するプロジェクト「Japan Now from every region」をスタート。

プロジェクト「Japan Now from every region」について

Googleマイビジネスで店舗を管理、PRできるツールを無料提供

2020年6月3日

株式会社コネクトムが、飲食店や小売店などの有店舗事業者様に対し、Googleマップ、Googleマイビジネス、facebookなどの外部チャネルと店舗情報を一元管理できるソリューション「toSTORE Local Search.」の基本機能および導入サポートを無償提供する。

「toSTORE Local Search.」の無償提供について

飲食店のテイクアウトやデリバリーを無料でPRできる

2020年6月3日

Foodelix協議会が、インターネット経由で注文し、決済、配送までを一元的に管理するデリバリー&テイクアウトプラットフォームシステム「Foodelix」を2021年3月末まで無料にする。

「Foodelix」を無料提供について

広告代理店ではなく無料で最適な担当者を探しPRを効率化

2020年6月1日 

Zokujin合同会社が、広告発注者側が完全無料で広告代理店を企業単位ではなく営業担当(プロジェクト管理者)単位で探すことが可能なマッチングサービス「Zokujin(ゾクジン)」β版の提供を開始。

「Zokujin(ゾクジン)」β版について

オンラインPRの経験を活かしオンラインIRサービスを開始

2020年5月28日

株式会社ストーリーズ・オンが、PRイベントのオンライン化の実績とグローバル企業向けサービスの多言語対応の豊富な経験を活かしてオンラインイベント配信サービス「MELON」によるオンライン株主総会(ハイブリッド型バーチャル株主総会)等に対応したオンラインIRサービス『MELON IR』を開始する。

株式会社ストーリーズ・オンのオンラインIRサービスについて

SNSをつかったPRを無料で効率化「Insight Intelligence Q」無償提供

2020年5月28日

データセクション株式会社、SNSを活用したPRやプレスリリースを無料で効率化できる、消費者行動を把握するソーシャルリスニング ツール「Insight Intelligence Q」の3ヵ月の無償提供を開始

データセクションの「Insight Intelligence Q」無償提供について

集客・PRをWeb広告で支援する「インターネット広告応援キャンペーン」を実施

2020年5月28日

クライアント企業のビジネスにおけるWeb戦略を総合的に支援する 株式会社ハタフルが、企業や店舗の集客やPRをWeb広告で支援する「インターネット広告応援キャンペーン」を、全国を対象に実施する。

株式会社ハタフル、インターネット広告応援キャンペーンについて

株式会社ユース・プラニング センター、オンラインPRをスタート

2020年5月27日

50年以上にわたりコミュニケーションのプロフェッショナルとして広報活動をサポートしてきた 株式会社ユース・プラニング センターが、新たな生活様式に即した3密(密閉、密集、密接)を避けた会見や情報発信が可能なオンラインPR、プレスリリースをサポートするサービスを強化する。

株式会社ユース・プラニング センター、オンラインPRをスタート について

レッスン予約サイト作成サービス「GoodPage」月額無料キャンペーン開始

2020年5月27日

株式会社Lascaが、デザイン性の高いレッスンサイトをスマホで簡単に作成できるWebサービス「GoodPage」をアップデートし、オンラインレッスンの予約・決済の自動化に対応、無料でPRができる月額無料キャンペーンも開始した。

株式会社Lascaのレッスン予約サイト作成サービス「GoodPage」について

無料でPR、「さぶみっと!レコメンド」6ヶ月間無料提供キャンペーン

2020年5月27日

株式会社イー・エージェンシーが、レコメンド機能に加えて様々な配信システムに対応したレコメンドメールの配信ができたようなプレスリリース・PRに対応するレコメンドASPサービス「さぶみっと!レコメンド」をECサイトを対象に6ヶ月間無償提供する「コロナに負けるな!キャンペーン」を開始する。

「さぶみっと!レコメンド」キャンペーンについて

グルメメディア「favy」とSNSで飲食店のPR支援キャンペーン

2020年5月26日

食マーケティング総合企業の株式会社favyが、グルメメディア「favy」とSNSを活用し、飲食店が新しく取り組み始めた新型コロナ対策を訴求できるPR支援キャンペーンの受付を開始した。

株式会社favyの飲食店向けPR支援キャンペーンについて

飲食店向けにPR・デジタルマーケティング支援を無償提供

2020年5月26日

株式会社ストロボが、港区麻布十番周辺の小規模・個人経営のテイクアウトや宅配対応をこれから開始する もしくは 既に開始している飲食店を対象に、グルメ領域で月産最大2000本のコンテンツ制作・メディア運用実績を誇る専門体制を活用した飲食店のテイクアウト・宅配強化に伴うデジタルマーケティング支援の無償提供を開始する。

株式会社ストロボの飲食店向けPR・マーケティング支援について

IT企業が無料でPRできる「マジセミ バーチャル展示会」を7月に開催

2020年5月26日

マジセミ株式会社が、新型コロナウィルス感染拡大防止の影響による展示会の中止を受け、独自のゲーム風展示会システムを活用し、IT企業が無料で出展できる「マジセミ バーチャル展示会」を2020年7月に開催する。

7月開催の「マジセミ バーチャル展示会」について

SNSで効果的なPRが無料で可能、動画自動作成ツール「CLIPBIRD」を無料提供

2020年5月26日

株式会社popteam(ポップチーム)が、SNSへの動画投稿を自動生成により制作時間と投稿担当者の工数カットを可能にするツール CLIPBIRD(クリップバード)を開発し、ベータ版の無料提供を開始した。

動画自動作成ツール「CLIPBIRD」について

PRプラットフォーム「インタツアー」を無料で開放

2020年5月25日

株式会社学生就業支援センターが、就活生の支援として学生と企業のコミュニケーションを促進するPRプラットフォーム「インタツアー」の一部機能を企業向けに無償で開放する。
学生就業支援センターのPRプラットフォーム「インタツアー」について

スポチュニティとPR TIMESがプレスリリースパートナー契約を締結

2020年5月22日

チーム・団体やアスリートを支援するスポーツ専門クラウドファンディングサービスのスポチュニティ株式会社とプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMESがPRパートナー契約を締結し、スポチュニティ株式会社の強みであるMBAホルダーによるスポチュニティ・アドバイザーの支援募集プロジェクトの企画・立ち上げ・情報発信などのサポートとしてPR活動を強化する。

スポチュニティとPR TIMESのパートナー契約について

無料配信、PR・マーケティング担当者向けアジア地域の市場調査レポート

2020年5月18日

株式会社ベクトルが、中国、香港、台湾、韓国、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシアの9カ国・地域における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の市場調査レポートを、海外PR・マーケティング、訪日インバウンドの担当者向けの支援サービスとして無料配信を開始した。

ベクトル、アジア地域の市場調査レポート無料配信開始

金融・カード特集
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ