株式会社フォーステックのIoTスマートゴミ箱「SmaGO(スマゴ)」を「名古屋港水族館」が設置開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
株式会社フォーステックのIoTスマートゴミ箱「SmaGO(スマゴ)」を「名古屋港水族館」が設置開始

IoTスマートゴミ箱“SmaGO”、7月1日(金)から愛知県「名古屋港水族館」にて運用開始

海沿いへのスマートゴミ箱設置で、海洋ゴミの削減をめざす

2022年7月1日、株式会社フォーステック(所在:東京都千代田区 代表取締役:竹村 陽平)の展開するIoTスマートゴミ箱「SmaGO(スマゴ)」が、開館30周年を記念する「名古屋港水族館」(所在:愛知県名古屋市港区)に2箇所6台設置され、運用を開始いたしました。海に面した場所へのスマートゴミ箱設置で、海洋ゴミの削減をめざします。今回の設置は、名古屋市栄Hisaya-odori Parkに次いで、東海地方で二例目となります。

名古屋港水族館への設置について

SmaGO(スマゴ)について

「SmaGO(スマゴ)」は、環境にやさしい、ソーラー発電で動くスマートゴミ箱です。ゴミを自動的に約5倍に圧縮するため約600リットルもの容量を持ちます。また、通信機能を通じてゴミの蓄積状況をクラウド上でリアルタイムに把握できるため、ゴミの収集作業を効率化でき、回収コストや、回収作業に伴うCO2排出量の削減が期待できます。2020年10月からSmaGOを設置している「表参道」においては、ゴミ箱の容量増加により街の散乱ゴミが大幅に軽減され、2021年6月から設置している渋谷の「RAYARD MIYASHITA PARK」では、ゴミの回収頻度が5割以下になっています。

背景

海洋プラスチックゴミが海の生き物の生命を脅かし大きな問題となっている現在、海にゴミを流出させないことや、分別・リサイクルの促進は重要な課題となっています。

名古屋港水族館は、水族館で日本初の常設の環境教育ルーム「エコ・アクアリウム〜海の未来を考えよう!〜」を開設して海洋プラスチックゴミの実物を展示するなど、海洋環境保護の啓発に積極的に取り組んでいる施設です。今回、開館30周年を記念し、SmaGOが水族館前の海沿いの場所に設置されることとなりました。
今回の名古屋港水族館への設置は、施設の美化や分別・リサイクルの促進はもちろんのこと、海洋プラスチックゴミの削減に繋がり、また来場者に海洋資源保全の大切さを伝えられると考えています。

ラッピングデザイン

今回のラッピングデザインでは、開局60周年を迎えたメ~テレ(名古屋テレビ放送)と、開館30周年を記念する名古屋港水族館がコラボレーションしています。メ〜テレの局キャラクター「ウルフィ」と、名古屋港水族館のキャラクター「カイオー」「バンディ」たちが海の仲間たちと楽しく遊ぶ様子がデザインされ、子供たちにゆたかな海の大切さを伝えます。

設置写真

今後の展望

今後も株式会社フォーステックは、日本各地へのスマートゴミ箱SmaGOの設置を通して、街・企業・人々とともに、SDGs活動の推進・社会課題の解決に取り組んでまいります。

スマートゴミ箱SmaGOとは?

「SmaGO(スマゴ)」は、株式会社フォーステックが展開する、米BigBelly Solar社が開発したスマートゴミ箱を活用したソリューションです。当ゴミ箱は世界では50カ国以上で75,000台以上導入されており、各地でゴミ回収の効率化・最適化、街の美化を実現しています。

SmaGOの特徴

1.ソーラーで発電し蓄電

上部のソーラーパネルで発電し蓄電するため、電源が不要なだけでなく、環境に負担をかけずに利用することが可能。
使用電力も1日5W以下と非常に少なく、2週間ほど悪天候が続いても問題なく作動します。

2.ゴミが溜まるとゴミを自動で5倍に圧縮

ゴミが一定量貯まると、自動で圧縮機能が作動。およそ5倍に圧縮し、1台に600リットルのゴミを溜めることが可能なため、ゴミ箱が溢れることがなくなり、街の清潔さを保つことができます。

3.通信機能でリアルタイムにゴミの量を管理・分析

内部のセンサーが溜まっているゴミの量を常に検知し、4G通信機能でクラウドに共有。PCやスマートフォンからリアルタイムに各ゴミ箱のゴミの量を確認することができます。ゴミ箱がいっぱいになるとメールアラートが飛ぶ機能や、ゴミが溜まりやすい場所や時間を分析する機能もあり、効率的なゴミ回収を可能にします。

株式会社フォーステックについて

「Smart Action on the GO」(環境のための具体的なアクションを続けていく)をスローガンに、日本各地へのスマートゴミ箱SmaGO(スマゴ)の設置を通して、街と企業と人々が一体となった環境活動を提案しています。

会社概要

  • 会社名:株式会社フォーステック
  • 代表者:竹村 陽平
  • 所在地:東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi Oneタワー6階
  • WEB:https://forcetec.jp
本件に関するお問い合わせ先
  • 株式会社フォーステック 広報担当:緒方
  • TEL: 03-3453-7140
  • Mail: info@forcetec.jp
 ▼プレスリリース原文

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
住信SBIネット銀行とGMOあおぞらネット銀行など法人口座のおすすめを比較
法人クレジットカード 年会費無料 特集
法人クレジットカードおすすめ 中小企業 特集
弥生会計で連携できるクレジットカード 一覧
副業 クレジットカード おすすめ 特集
個人事業主のクレジットカード 特集
最強の法人カード 特集
三井住友ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ち攻略法
請求書カード払いのデメリット 一覧
クレジットカード 初心者におすすめはこれだ!
無料クレジットカード 最強
ナンバーレスカード おすすめ
カードレス クレジットカード 郵送なし
すぐ使えるクレジットカード アプリ
イオンカード キャンペーン
三井住友カード お得な作り方 一覧
三井住友ナンバーレス
ナンバーレスカードのメリットとデメリットを比較
プラチナプリファード 年会費無料 キャンペーン
三井住友ゴールドを初年度無料にするキャンペーン攻略法
JCBカードW 入会キャンペーン
PayPayカード キャンペーン
メルカード キャンペーン
審査なし、最新 後払いアプリ 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ