ハイレゾがGPU専用データセンターに再エネ電気「かがやきGREEN RE100」を導入

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 SDGs
ハイレゾがGPU専用データセンターに再エネ電気「かがやきGREEN RE100」を導入

ハイレゾが石川県志賀町に国内最大規模のGPU専用 第2データセンターを開設。

再エネ電気「かがやきGREEN RE100」導入でグリーンエネルギーにも対応。

​GPU専用データセンターを運営する株式会社ハイレゾ(本社:東京都港区、代表取締役:志倉喜幸、以下当社)は、2022年8月29日に、石川県志賀町にて第2データセンターを開設しました。NVIDIA社の最新マシン「NVIDIA A100 Tensor コアGPU」などを設置し、GPU専用データセンターとしては国内最大規模となります。また、施設内電力の10%に、北陸電力が提供するCO2排出量ゼロでRE100の要件に適合した再エネ電気「かがやきGREEN RE100」を採用しています。

※GPU:Graphics Processing Unit、1999年にNVIDIAが世界ではじめて開発した高度な画像処理を行うためのプロセッサ

当社は2019年より石川県志賀町でGPU専用データセンターの運営を開始し、高性能GPUを低コストで提供するクラウドサービス「GPUSOROBAN」を展開してまいりました。

昨今のAI・ディープラーニング等の需要拡大をうけ、このたびGPU専用データセンターとして国内最大規模の「志賀町第2データセンター」を開設いたしました。廃熱効率に優れた「違い棚屋根方式」を取り入れ、エアコンを使用しないことで空調電力を90%削減し、脱炭素を推進するデータセンターとなっています。

また、北陸電力が提供するCO2排出量ゼロでRE100の要件に適合した再エネ電気「かがやきGREEN RE100」を採用し、お客様のグリーンエネルギー需要にも対応可能となりました。

「かがやきGREEN RE100」概要

北陸電力が調達した再エネの電気や環境価値(非化石証書)を活用した、CO2排出量ゼロの電気を提供する再エネ電気料金メニュー。トラッキング付非化石証書*1を活用し、発電所が特定(トラッキング)された環境価値を使用した再エネ電気が提供されます。

*1 環境価値の由来となった発電所情報等を国が非化石証書に付与する制度

代表取締役 志倉喜幸のコメント

このたび、石川県志賀町に第2データセンターを開設し、北陸電力の「かがやきGREEN RE100」を導入いたしました。SDGsへの関心が高まることで近年増えているグリーンエネルギー需要に対応し、より多くのお客様のニーズに応えてまいります。また、直近の当社事業を取り巻く環境としては、政府が発表した「デジタル田園都市国家構想」にデータセンター整備が盛り込まれました。首都圏への一極集中リスクが懸念される中、今後ますますITインフラの分散化について重要度が増していくと考えられます。私たちはこれからも地方でのデータセンター運営を通して、安定した国産インフラの提供に尽力してまいります。

GPUSOROBANについて

「GPUSOROBAN」は、AI・ディープラーニング等の膨大な計算処理を高速化するGPUクラウドサービスです。データセンターの建設コストと運転コストを抑えることで、NVIDIA A100(*)をはじめとする高性能GPUサーバーを低コストで提供しています。予算計画が立てやすい月額定額プランを用意し、国内企業や学術研究機関が使いやすいサービス設計をしています。

*NVIDIA A100 TensorコアGPU

株式会社ハイレゾについて

ハイレゾは、日本最大級のGPU専用データセンターを石川県志賀町で運営し、IaaSモデルにてクラウドサービス「GPUSOROBAN」を提供しています。

2019年に開設した第1データセンターは、エアコンを使用しないことで空調電力を90%削減し、電力使用効率を示すPUEは国内最高水準の1.1未満です。2022年8月には第2データセンターを開設し、「違い棚屋根方式」の段差を用いた屋根によって廃熱効率を高め、消費電力をおさえることで温室効果ガス排出量を抑制しています。また、北陸電力のグリーンエネルギー「かがやきGREEN RE100」を採用し、脱炭素を推進するデータセンターとなっています。

  • 2022年5月 NVIDIAパートナープログラム最上位レベル「Elite Partner」に認定
  • 2022年6月 NVIDIA「Best CSP Partner of the Year」受賞

※PUE:Power Usage Effectiveness、データセンター全体の消費電力をサーバーなどのICT機器の消費電力で割った数値。1.0に近いほど効率的。国内主要データセンターのPUE平均は1.4。

会社概要

  • 企業名  株式会社ハイレゾ
  • 所在地  東京都港区元赤坂1-1-8 赤坂コミュニティビル5F
  • 代表者  代表取締役 志倉 喜幸
  • 事業内容 GPU専用データセンターの運営、GPUクラウドサービスGPUSOROBANの提供、広告事業
  • URL https://highreso.jp/
  • GPUSOROBAN https://soroban.highreso.jp/
  • GPUSOROBANに関するお問合せ先 soroban_support@highreso.co.jp

パートナー募集

GPUSOROBANの販売パートナー・技術パートナー募集はこちらよりお問い合わせください


<以上>

 
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などが SDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。
VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ