一般社団法人道東SDGs推進協議会が「道東カーボンファーミング研究会」を設立

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公開 SDGs
一般社団法人道東SDGs推進協議会が「道東カーボンファーミング研究会」を設立

脱炭素社会と食のサステナビリティに挑戦する『道東カーボンファーミング研究会』が設立。

脱炭素型酪農乳業の実現に向け、地域社会、地域市民、乳業メーカーによる、連携事業『道東カーボンファーミング研究会』が設立されました。初年度活動として2023年9月から日本一の生乳生産の地、別海町をフィールドとして牧場の土中炭素貯蓄量の調査を行います。

生乳生産 日本一の地にて「道東カーボンファーミング研究会」が設立。牧草地が持つ土壌が持つ脱炭素のポテンシャルを見極めていきます。

生乳生産 日本一の地にて「道東カーボンファーミング研究会」が設立。牧草地が持つ土壌が持つ脱炭素のポテンシャルを見極めていきます。

このたび、北海道庁が北海道農業の脱炭素化を進める「北海道カーボンファーミング推進協議体の発足に合わせて、一般社団法人道東SDGs協議会(会長:中山勝志)と明治ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長CEO:川村和夫)および株式会社 明治(本社:東京都中央区 代表取締役社長:松田克也)(以下、明治グループ) は温暖化ガスの削減につながる脱炭素型酪農法として「カーボンファーミング」(※1)の評価・研究・実践を目的とし、生乳生産量 日本一の別海町(町長:曽根興三)をフィールドとして「道東カーボンファーミング研究会」(所在地:北海道別海町、以下、道東CF研究会)を設立しました。

酪農の現場からカーボンファーミングを試行し、これからの酪農業のあり方を社会に提言していく、地域社会、地域市民、乳業メーカーが連携する日本初の取組となります。

「北海道カーボンファーミング推進協議体」(※2)構成員による研究会

2023年5月25日に北海道農政部は、北海道農業の脱炭素化に向けて、生産者をはじめ産学官金など、幅広い分野の関係者が集う情報交換と協働の場として「北海道カーボンファーミング推進協議体」を設立しました。

道東CF研究会を構成する一般社団法人道東SDGs推進協議会、明治グループ 、カーボンファーミングの調査フィールド・協力自治体である別海町は、それぞれが北海道庁が北海道農業の脱炭素化を進める「北海道カーボンファーミング推進協議体」の構成員となっております。

また事務局を務める株式会社TREE、土壌調査・分析を実施する日本工営株式会社、情報発信を担当する株式会社4CYCLEも構成メンバーであり、道東CF研究会は「北海道カーボンファーミング推進協議体」の構成員によるコラボレーションとなる取組です。

 道東CF研究会 主要関係者  

一般社団法人道東SDGs推進協議会

日本の生乳生産のカギを握る道東エリアにて、2018年に地域へのSDGsの普及啓発を担う有志が集う任意団体として設立。2023年6月、活動のさらなる発展を目指し、一般社団法人化しました。

  • 所 在 地 :北海道野付郡別海町中春別307番地の2
  • 代 表 者 :
    会長 中山勝志(有限会社中山農場 代表取締役会長)
    事務局長 山本照二(養老牛山本牧場 代表取締役)
  • 設 立:2023年6月

明治グループ

明治ホールディングス株式会社と同グループで食品事業を担う株式会社 明治が道東CF研究会メンバーとして関わっていきます。本研究会の成果などを通じて、広く道内、国内の酪農家へカーボンファーミングの普及促進や酪農業の温室効果ガス排出削減を推進するとともに、乳製品の生産販売を通じて、消費者も参加する持続可能なサプライチェーンの構築を目指します。

  • 所 在 地 :東京都中央区京橋ニ丁目4番16号
  • 代 表 者 :代表取締役社長CEO 川村和夫
  • 設 立:2009年4月

 北海道別海町(推進支援オブザーバー)

別海町は、北海道の東部、根室管内の中央部に位置し、東西61.4km、南北44.3kmに広がる町です。面積1,319.63平方km(東京ドーム28,077個分)、人口14,273人(令和5年6月末)うち20%以上が農業に従事しており、総酪農家数659戸、牛飼育頭数119,125頭、生乳生産量(令和4年実績)502,638トンで生乳生産量全国一の酪農王国です。

  • 所 在 地 :北海道野付郡別海町別海常盤町280番地
  • 代 表 者 :町長 曽根興三
  • URL:https://betsukai.jp/
  • TEL:0153-75-2111

学識アドバイザー

土壌に関する科学的な知見や循環型農法の構築に向け、北海道大学 信濃卓郎教授、カーボンファーミングを新しい社会システムとして組み込むためのオフセットクレジット造成に向けて一般社団法人Natural Capital 理事長馬奈木俊介氏の両氏が学識アドバイザーとして参画します。

北海道農政部食の安全推進局食品政策課・経済部ゼロカーボン推進局ゼロカーボン産業課(オブザーバー)

   北海道農業の脱炭素化に向けて取組を進める農政部食の安全推進局食品政策課・経済部ゼロカーボン推進局ゼロカーボン産業課がオブザーバー参加します。

  • 所 在 地 :札幌市中央区北3条西6丁目

生乳生産 日本一の別海町における土壌調査活動からスタート

別海町(町長 曽根興三) は生乳生産量(令和4年実績)502,638トンで生乳生産量全国一の酪農王国です。道東CF研究会長である中山も別海町に自身の農場を有しており、この日本の酪農の中心地にて町内各地点における土壌分析を行います。

分析結果は農林水産省が行っている『農地土壌炭素貯留等基礎調査』(※3)と比較を行うことや、牧草地の炭素吸収量の調査検討も行い、牧草地の土壌が持つ脱炭素のポテンシャルを見極めていきます。そして酪農業における土壌が持つ価値を再認識し、その価値をさらに高めていく日本版カーボンファーミングへと発展させていきます。

別海町長 曽根興三氏より

『既に酪農が脱炭素化に貢献していることを科学的に証明する必要があると考えている。そのため、草地が毎年どの程度CO2を貯蓄できるのか見える化に取り組むことを期待している。』

7月14日 道東CF研究会キックオフMTG 別海町役場にて7月14日 道東CF研究会キックオフMTG 別海町役場にて

今後の見通し『道東カーボンファーミングモデル』の発信と食のサステナビリティに向けて

2023年7月14日(金)には別海町にて関係各社・団体が集い、それぞれが抱く脱炭素へのビジョンと今後の活動の確認を行いました。初年度となる今年度はカーボンファーミングの展開に向けた準備期間と位置づけ、別海町内で土壌分析を行い現行酪農乳業の炭素貯蓄量を測定します。その結果を踏まえ、地域特性に則った脱炭素型酪農法を考察、2024年からはカーボンファーミングの試行を目指します。2026年末にはその知見とカーボンクレジット化により道東エリアそして道内全域、全国の酪農家が実践できる『道東カーボンファーミングモデル』として還元し、SDGsゴール年である2030年に向け日本発信の持続可能な酪農乳業として発信します。

7月14日 道東CF研究会キックオフMTG 別海町役場にて7月14日 道東CF研究会キックオフMTG 別海町役場にて

(※1)大気中のCO2を土壌に取り込んで、農地の土壌の質を向上させ温室効果ガスの排出削減を目指す農法。2021年には欧州委員会がカーボンファーミングの普及のためのスキーム作成について、2018年から2年間実施した調査研究の成果を発表するなど、農林畜産業における温暖化ガス排出削減・吸収活動として注目されています。

参考資料:農林水産省資料 『Carbon Farmingに関する報告書 最終報告』(2023年3月)

(※2)北海道庁「北海道カーボンファーミング推進協議体」

お問合せ先 北海道庁農政部食の安全推進局食品政策課 TEL : 011-204-5431

(※3)「国連気候変動枠組条約」の締約国である我が国は、毎年、国全体の温室効果 ガスの吸収・排出量を条約事務局へ報告する義務があり、農水省は農地・草地土壌に おける温室効果ガスの吸収・排出量の報告に必要なデータを収集するための調査等を実施しています。
参考資料:農林水産省資料「農地土壌炭素貯留等基礎調査事業について」

一般社団法人道東SDGs推進協議会長  会長プロフィール

中山 勝志(なかやま まさし)

   有限会社中山農場代表取締役会長、一般社団法人道東SDGs推進協議会長。『人が幸せに、牛が幸せに、関わる人が幸せに』を社是とする中山農場は、1996年に地域に先駆け、家族経営から法人経営へ舵を切り、酪農乳業の内製化・組織化を行う。その後、牛舎へのロボティクスの導入、また糞尿によるバイオマス発電を行うなど先進的な取組を行う酪農家として注目を浴びています。

〒086-0654 北海道野付郡別海町中春別307番地の2

参考:明治ホールディングス株式会社 Meiji Dairy Advisory 中山農場紹介

就任にあたってのコメント

   現在、日本の酪農業界はかつてないレベルで厳しい状況に置かれています。その中で我々、研究会メンバーは酪農乳業の脱炭素化の実現と同時に北海道から日本の食を守っていきたいと考えています。カーボンファーミングへの挑戦を社会から応援して頂き、生産者やメーカーそして消費者の皆様が参加出来るような活動を目指したいと思います。

一社道東SDGs推進協議会  中山農場遠景一社道東SDGs推進協議会  中山農場遠景

一社道東SDGs推進協議会  養老牛山本牧場(中標津町)一社道東SDGs推進協議会  養老牛山本牧場(中標津町)

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルなクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説
ミニオンカードで映画を1000円で見るイオンシネマ特典の買い方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カード 年会費無料 特集
法人カード おすすめ 中小企業向け 特集
最強法人カード 2枚!
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたいのは開業前
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードの即日発行はデジタル アプリがおすすめ
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
「後払いアプリ」審査なしで作れるバーチャルカード 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ