dカードのボーナス払いの夏・冬の期間はいつから? あとから変更できるなど

dカードのボーナス払いの夏・冬の期間はいつから? あとから変更できるなど

dカードのボーナス払いとは

dカードはdポイントを効率的に貯めることができ、手数料無料で後払いもできるお得な評判のおすすめナンバーレスカードです。 普段からドコモ系サービスを使っている人なら、持っていても損はないでしょう。いくつか審査がありますが、満18歳以上の方ならネットで申し込みすることができます。もし気になるなら一度申し込みしてみると良いです。 この記事ではボーナス払いができない期間など、dカードゴールドでボーナス払いができない・使えない場合の理由もまとめています。

アプリにデジタルカードも即時発行できるdカードの場合は、ボーナス払いを利用することができます。ボーナス払いとは夏か冬のボーナス時において、1回払いにて支払うことができる方法です。ボーナス一括払いの場合、手数料無料で利用することができるのでお得に利用することができるでしょう。

ボーナス払いのメリット

  • 支払いを先延ばしにすることができる
  • 支払いを余裕のあるボーナス支給月に行える
  • しかも手数料無料(一括払いの場合)
  • dカードはボーナス払いできない期間がある

関連▶dカード入会キャンペーン

dカードゴールド 入会キャンペーン

dカード ナンバーレスが即日発行でき、満18歳以上で学生も作ることができ利用速報通知や利用制限通知など安心機能も満載、今なら入会特典がもらえるお得なdカードゴールド入会キャンペーンが開催中です。

最短5分で即日発行
入会キャンペーン開催中
dカードキャンペーン 2024

dカード ボーナス払いの期間は夏と冬?いつできる?

dカードのボーナス払いについて、期間がいつか気になるところです。ボーナス払いについて夏は12月16日~翌年6月15日が対象期間で、8月の支払い日になります。

冬は7月16日~11月15日で、翌年1月の支払い日になるでしょう。

簡単で便利に利用することができ、店頭でdカードを提示した後、ボーナス一括払いを指定すると手続きすることが可能です。

注意点としてdカードはボーナス払いができない期間として、11月16日~12月15日、6月16日~7月15日の夏と冬それぞれ1か月間が存在します。

支払い方法 支払い日 対象期間
夏のボーナス一括払い 8月 前年12月16日~翌年6月15日
冬のボーナス一括払い 1月 前年7月16日~前年11月15日
ボーナス2回払い ・1月
・8月
・夏のボーナス2回払いの場合:前年12月16日~翌年6月15日
・冬のボーナス2回払いの場合:前年7月16日~前年11月15日

夏のボーナス払いはいつ?

夏のボーナス払いは前年12月16日~翌年6月15日の間のボーナス払いでのお買い物が8月に支払い(口座引落)されます。

あなたの実際のボーナスの支払い時期やボーナスの支払いの有無は引き落とし時期に関係ありません。

冬のボーナス払いはいつ?

冬のボーナス払いは前年7月16日~前年11月15日の間のボーナス払いでのお買い物が1月に支払い(口座引落)されます。

あなたの実際のボーナスの支払い時期やボーナスの支払いの有無は引き落とし時期に関係ありません。

dカード【公式】ページへ

dカード ボーナス払い やり方は?

ボーナス払いのやり方について、dカードを利用する際に対象の期間内に「ボーナス一括」払いを指定することができます。

店頭であれば、「ボーナス払いでお願いします」というだけです。ネットなら支払い方法でクレジットカードを選んだ後に「ボーナス払い」を選択する必要があります。

店舗でも、ネットでもボーナス払いに対応していない店もありますので事前にボーナス払いができるか調べることをおすすめします。

取扱加盟店が限られるようになるので注意が必要です。利用方法や加盟店などによって取扱い金額や期間が異なるケースもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

ボーナス

dカード ボーナス払い あとから変更できる?

dカードの場合、ボーナス払いをあとから変更することは原則できませんが、リボ払いやに変更することが可能です。リボ払いの場合利息がつきますのでご利用は慎重に計画することをおすすめします。

dカード ボーナス払い 手数料とポイント還元は?

dカードは基本的に買い物すると100円に付き1pが貯まる仕組みです。dカードやd払いなどを併用すると、ポイントを3重で得ることができ、100円あたり最大2.5ポイント貯めることができます。

dポイントクラブも利用することができ、これはdポイントを貯めたり使用できるポイントプログラムです。カードを持っていると誰でも利用することができ、ポイントクラブは5つのステージが設けられています。ステージ毎に受け取れるサービスが変わっており、ステージはドコモ回線継続利用期間だったり、6か月間dポイント獲得数などに応じて決定する仕組みです。ケータイやドコモ光などを利用していると、料金をdポイントで支払うことができ、いろいろなショップでdポイントを利用可能です。マクドナルドやローソン、マツモトキヨシやアマゾンなどで使用することができ、特定商品と交換できます。

dカードのボーナス払いができない・使えない方へ

dカードのボーナス払いができない場合は下記4つのことを疑うべきです。

  1. ボーナス払い適用店舗でない
  2. ボーナス払い適用時期でない
  3. ボーナス払い下限額に満たない
  4. カード利用限度額を超える

ボーナス払い適用店舗/サービスでない

ボーナス払いは使えない店や使えないECサイトがあります。コンビニや小さな小売店では使えないケースがあるようです。ネットでは外資系のAmazonなどもボーナス払いは基本的に使えません。

百貨店や大型の家電量販店、おもちゃ屋や家具販売店、大型スーパーやショッピングモールで使えます。また、それらのECサイトでも使えるケースが多いです。

ボーナス払い適用時期でない

先に述べたようにボーナス払いは適用時期が決まっています。夏・冬それぞれのボーナス払い期間中にのみ適用されます。それ以外の場合はボーナス払い適用されませんので注意が必要です。

ボーナス払い下限額に満たない

クレジットカードによってボーナス払いに下限額が決められています。例えば「最低1万円からのお買い物にしか適用できません」というものです。これに満たない少額のお買い物の場合、ボーナス払いが適用されません。

カード利用限度額を超える

カード利用限度額はご存知でしょうか。クレジットカードを発行される際に決められる「○○万円までクレジットカードを利用できます」という枠のことですね。

カードごとに「30万円・50万円・100万円」など利用限度額が決められています。

今回のボーナス払いによってこのカード利用限度額の上限を超えた場合にエラーが出ます。カード利用限度額は変更が可能です。カード会社にWEBや電話を通じて申し込みしてみるとよいでしょう。

【山本克彦が語る「dカードのボーナス払い」】

監修者紹介:山本克彦 金融アナリスト(VOIX)

皆さん、こんにちは。クレジットカードなど金融サービスの専門家、山本克彦です。 今回は、すぐ使えるデジタル クレジットカードをアプリに即日発行することもできるdカードのボーナス払いについて詳しく解説しました。

dカードは、dポイントを効率的に貯めることができ、手数料無料で後払いもできるおすすめのナンバーレスカードです。特にドコモ系サービスを利用している方には非常に有益なカードとなっていますが、夏や冬のボーナス時期に1回で支払いを行い、手数料無料の支払いを長期間にわたり先延ばしできる最強の後払いアプリとして便利なdカードのボーナス払いを活用してください。

以上、山本克彦でした。今後も皆様に役立つ情報をお届けしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ボーナス払い特集

各クレジットカード会社のボーナス払いがいつできるかの期間や方法については下記ページで解説しています。

ボーナス払いのトラブルとその対応方法については下記ページで解説しています。

ボーナス2回払いについては下記ページで解説しています。

dカードゴールド 入会キャンペーン

dカード ナンバーレスが即日発行でき、満18歳以上で学生も作ることができ利用速報通知や利用制限通知など安心機能も満載、今なら入会特典がもらえるお得なdカードゴールド入会キャンペーンが開催中です。

最短5分で即日発行
入会キャンペーン開催中
dカードキャンペーン 2024

 

【クレジットカードの即時発行とは】
以前は、申し込みをした当日に店舗で受け取る”即日発行”が発行スピードの最速でしたが、今では ナンバーレス クレジットカード の登場によって状況が一変しました。
申し込みしてから10秒~10分程度ですぐ使えるクレジットカードを即日発行できるデジタル アプリなど、驚きのスピード発行が実現しています。
そして面倒な書類の準備が不要で驚くほどカンタンにスマホで申し込むことができ、年会費もかからず、手数料無料の後払いができるので、初めてクレジットカードを作る初心者にもおすすめです。
最近ではカードを発行しないデジタル専用の後払いバーチャルカード アプリも人気が高まっています。

クレジットカードが届く前に使うことができるデジタルクレジットカードアプリ

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ