「INVOYカード払い」は審査無しで請求書をクレカ払いできる法人決済サービス

「INVOYカード払い」は審査無しで請求書をクレカ払いできる法人決済サービス

INVOYのクレジットカード払いサービスとは

請求書払いを最大60日間遅らせることのできる法人向けの後払いサービス「INVOY(インボイ)カード払い」というサービスをご存知でしょうか? 「受け取った請求書をクレジットカード払い」することで最大60日間も支払いを遅らせることができる画期的なサービスなのです…!

例えば… 振り込みが3日後に迫っていても
最長60日支払いを先延ばし

《銀行振り込みの支払いが迫っているとき》逆三角形の画像《クレカ払いにすることで支払いを先延ばし》

しかも「審査なし」で手数料もわずか3%とファクタリングなどより圧倒的に安く、取引先にもバレません。 法人の決済において、請求書の支払いまでの期間(支払いサイト)は予算の運用上大きな悩みとなるところですのでそれを解決できるこのサービス、必要な企業さんは多いのではないでしょうか?

審査・担保・面談不要
手数料が3%と格安
最大60日間支払い延長
24時間365日受付中

INVOYクレカ払い
公式サイトへ

「INVOY(インボイ)カード払い」の特徴

まず、”INVOYカード払い”の簡単な特徴やメリットをまとめます。

INVOYカード払いが利用しやすい理由

先程申し上げたとおり、”INVOYカード払い”は「受け取った請求書をクレジットカード払い」することで最大60日間支払いを遅らせることができるサービスです。

このサービスが利用しやすい理由は以下の4点

  1. クレジットカードをそのまま使える
  2. 審査なしですぐに利用可能
  3. 業界最安水準の手数料(一律3%)
  4. 取引に知られずに利用できる(相手にバレない)
なぜ取引先にバレないか
当記事下部、「利用の流れ」パートにも書いていますが、申込後最短当日(3営業日以内)にINVOYが請求書にもとづいて取引先に入金します。その際の入金元の口座の振込名義は自由に指定することができるのです。
なので取引先には「入金元:インボイ 金額10万円」とは表示されず「入金元:○○○(あなたが自由に決める) 金額10万円」と表示されるわけです。

INVOY カード払い

利用対象は?

BtoB取引を行う法人や個人事業主です。また、請求書を法人カードやビジネスカードなどのクレジットカード払いに変えるというサービスの性質上、必ず事業用の請求書が必要となります。

事業用の請求書であれば利用金額の上限や下限はありません。クレジットカードの上限金額内であればいくらの請求書でも対応可能です。

 

個人事業主やフリーランスにも対応

本サービスは個人事業主やフリーランスのビジネス用の取引にも対応しています。個人的な支出の請求書には対応していませんのでご注意ください。

審査について

”INVOYカード払い”は利用における審査がありません。

対象となる決済は?クレジットカードはすべて対応ではない。

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードでの決済が利用可能ですが、対応している国際ブランドは「Visa」と「Mastercard」に限定されます。国際ブランドがJCBカードやアメリカン・エキスプレスの場合は利用できませんのでご注意ください。

個人の利用カードも利用できる。
法人カードやビジネスカードのみならず、個人のクレジットカードでも利用可能です。ただし、与信枠や経理の便利さからビジネスカードで利用するほうがおすすめです。
ライフカードであればJCBにも対応
カード発行会社がライフカードの場合のみ、JCBカードでも決済可能です。ビジエスカードのビジネスカード「ライフビジネスカードプラス」についての記事を参照。

メリットは2点。①支払いを遅らせること②クレカで支払えること。

大きなメリットは2点。

①最大60日間請求書の支払いを遅らせることができる

請求書からクレジットカードの支払にすることで最大60日間の支払い猶予ができます。

②クレジットカード払いに支払いを一本化できる

経理業務の効率化という点では、クレジットカード払いに支払いを一本化することもメリットといえるでしょう。クレジットカードによっては支払い時にポイント還元がありますので、請求書払いではつかない「ポイント」を得られるというメリットもあります。

デメリットは手数料…!だが相場より格安。

INVOY(インボイ)カードの手数料は3%

デメリットは一点だけ。手数料がかかることです。請求金額に対し一律3%の手数料がかかります。100万円の請求書が手元にあるとしたら3万円の手数料がかかりますね。

ただし、3%は業界だと最安基準です。競合となる支払い.comは手数料が4%です。
さらにクレジットカードにポイント還元がある場合、ポイントとして戻って来る場合があります。例えばポイント還元率1.0%のクレジットカードを所有している場合、実質2%で利用できるという計算にもなりますね。(手数料3%-還元率1%)

なぜ最大60日間支払いを遅らせることができるか?仕組みを解説

INVOY(インボイ)カード払いの仕組み。なぜ60日遅くできる?

仕組みのイメージはシンプルです。通常、クレジットカードは決済から口座引き落としまでに時間がかかりますよね?例えば5/1に決済したとしてその決済が実際に口座から支払われるのは6/25や6/30になると思います。(クレジットカード会社により異なる)
この口座から引き落としされるまでのラグを上手く使ったサービスです。

気になる方はぜひ利用してみてください。

審査・担保・面談不要
手数料が3%と格安
最大60日間支払い延長
24時間365日受付中

INVOYクレカ払い
公式サイトへ

INVOYカード払い 利用の流れ

簡単に”INVOYカード払い”の利用の流れを解説します。
かなりシンプルなサービスで、口座名義はあなたが決められるので取引先にバレることはありません。

利用の流れ

  1. あなた:取引先から請求書を受け取ります。
  2. あなた:INVOYに利用登録。請求書とカードを登録。
  3. INVOY:取引先にお金を支払います。(振込名義はあなたが指定できます。)
    あなたが登録してか最短当日(3営業日以内)に取引先に振込されます。
  4. あなた:クレジットカードの支払日に口座から引き落としされます。
    口座引落は最大60日後です。(カード会社により違う)

以上のとおりです。

イメージがつかめないかたのためにお金の流れを100万円にして例にして書いてみます。

例:100万円の請求書が届いた場合

  1. あなた:取引先から100万円の請求書を受け取ります。
  2. あなた:INVOYに利用登録。請求書とカードを登録。
  3. INVOY:取引先に100万円のお金を支払います。
    あなたが登録してから最短当日(3営業日以内)後に取引先に振込されます。
  4. あなた:クレジットカードの支払日に口座から103万円(100万円+手数料3%分)引き落としされます。
    口座引落は最大60日後です。(カード会社により違う)

利用の際に注意したいのが、あなたが持っているカードの利用限度額です。クレジットカードなら利用限度額(利用枠)が決まっていますよね?これが請求書より小さいとカードで支払えません。

プリペイドカードの場合ではチャージした金額が上限となります。
法人プリペイドカードを比較。審査なしの法人カード
https://voix.jp/biz/credit/21505/

デビットカードの場合では、紐付いている銀行口座が上限となります。

INVOYカード払い はOLTAが提供

”INVOYカード払い” は、日本初の即日オンラインファクタリングを提供するOLTA株式会社とその完全子会社であるFINUX株式会社がライフカードと提携し、VisaとMastercardそれぞれが推奨する企業間決済スキーム「Business Payment Solution Provider(BPSP)」および「Business Payment Aggregator Program(BPAP)」に準拠するBtoB向けカード決済サービスとして、2022年10月7日よりサービスがリリースされました。

審査・担保・面談不要
手数料が3%と格安
最大60日間支払い延長
24時間365日受付中

INVOYクレカ払い
公式サイトへ

「INVOY」とは

「INVOY」とは簡単にいうと、中小企業や個人事業主向けに提供されている、請求書の発行や管理などを軸として入出金管理をサポートするクラウドサービス、請求書・見積書・発注書・納品書・領収書の作成・発行・管理のほか、入金消込、郵送代行サービス、取引先管理、請求書の定期自動作成など、便利な豊富な機能が無料で利用できます。

「INVOY」はOLTA株式会社の子会社であるFINUX株式会社から2018年に提供を開始され、2021年には2023年に開始予定のインボイス制度に対応するなど日々機能拡張が繰り返されている結果、登録者数は現在9万人を超えています。

「INVOY」の機能一覧

「INVOY」の機能一覧

2022年2月から提供を開始した「Standardプラン(有料)」では、口座自動連携や資金繰り表の作成機能が新たに追加され、利用する企業の入出金管理を包括的にサポートできるサービスに発展しています。 従来の機能は「Freeプラン(無料)」として、引き続き無料で利用ができるようになっています。

2022年には「INVOYカード払い」、2023年には「INVOYカード請求」などの新サービスも「INVOY」の派生サービスとして追加されています。

後払い法人サービスのおすすめ 利用企業急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

「掛け払い」ではなく「法人クレジットカード」でもでもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスが増加しています。 特にビジネスローンやファクタリングに代わり、”「請求書カード払い」サービス”が、手軽な資金繰り改善方法として事業者に人気です。

フリーランスや個人事業主にも人気がある「支払いcom(支払いドットコム)」 や「INVOYカード払い」、「ラボルカード払い」に代表される”後払いサービスをいままでの後払い方式との違いや複数の類似サービスと比較し、まとめて紹介しています。

 


 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ