株式会社BeeX、クラウドライセンスと運用を一元提供するサービスパッケージ「BeeXPlus」を提供開始

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース
株式会社BeeX、クラウドライセンスと運用を一元提供するサービスパッケージ「BeeXPlus」を提供開始

株式会社BeeX、AWSとMicrosoft Azureのマルチクラウド基盤の運用・監視アウトソーシングサービスをワンストップ/ワンポータルで提供する「BeeXPlus」を開始

基幹クラウドの基盤構築・システム移行から運用保守、クラウドネイティブアプリ開発までワンストップでサービスを提供している株式会社BeeX(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:広木 太)が、アマゾン ウェブ サービス (AWS)、Microsoft Azureのマルチクラウド基盤の運用・監視アウトソーシングサービスをワンストップ/ワンポータルで提供する「BeeXPlus」を2020年7月7日より開始、Google Cloud Platform™についても追って対応予定。

プレスリリースが無料配信できるサイト 20選

リモートワークツール無料キャンペーン 特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

<以下、リリース>

株式会社BeeX、クラウドライセンスと運用を一元提供するサービスパッケージ「BeeXPlus」を提供開始

請求代行から運用保守までワンストップ/ワンポータルで企業のパブリッククラウド導入を幅広くサポート

基幹クラウドの基盤構築・システム移行から運用保守、クラウドネイティブアプリ開発までワンストップでサービスを提供している株式会社BeeX(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:広木 太)は、マルチクラウド基盤の運用・監視アウトソーシングサービスをワンストップ/ワンポータルで提供する「BeeXPlus」(以下、本サービス)を2020年7月7日より開始します。「アマゾン ウェブ サービス (AWS) 」、「Microsoft Azure」からはじめ、今後は「Google Cloud Platform™」のサービス提供も順次開始します。

本サービスは、パブリッククラウド領域において、クラウド利用状況が確認できるサービス「BeeX Service Console(BSC**)**」の提供を中心にクラウドライセンスリセール、管理、監視、運用保守、セキュリティ管理など、ワンストップ/ワンポータルで提供することで、企業のDX化に不可欠なパブリッククラウド導入における課題を解決することを目的としています。

サービス概要

https://beex-plus.com/

BeeXPlus-株式会社BeeX

背景・経緯

近年、様々な業種・業態の企業において、システム構築や運用管理に伴うコストや人的負荷の軽減を念頭に、基幹システムのインフラにパブリッククラウドを選択する企業が増えています。しかし、クラウドの進化は速く、複雑且つ広範囲にわたりサービスが提供されていることから、ユーザー企業はクラウド移行後も各ベンダーに管理・運用を任せざるを得ず、クラウド化によって当初目的としていたコスト削減や人的負荷の軽減に繋がらないケースも多数存在します。

BeeXは2016年の創業以来、SAPのマイグレーションを専門とした大手企業に対する支援を行っており、近年ではSAPに留まらず、パブリッククラウドの導入コンサルティングやエンタープライズシステムの新規構築、マイグレーションを支援しております。これまでの実績において、エンタープライズシステムのクラウド化により起きる問題を解決し、未然に防ぐためのノウハウを、より多くの企業が簡単にかつ低コストで活用できるようパッケージ化し、「BeeXPlus」として提供を開始する運びとなりました。

BeeXPlusについて

クラウド利用におけるライセンスリセール、請求代行、運用保守、周辺ソリューション連携など、「BeeXPlus」で実現できます。すでにAWS、Azureを活用されている企業・団体はもちろん、クラウドのご利用を検討中のユーザーに活用いただくことにより、マルチクラウドの設計・構築から運用まで安定した品質を保つとともに、より安心・安全なクラウド活用を実現します。これにより、お客様は本業のビジネスに専念するとともに、DX化の推進が可能となります。
なお、今後「Google Cloud Platform™」のライセンスリセール・運用サポートを提供開始することで、マルチクラウドに対応していきます。

ニューノーマル時代において企業が持続的に成長をしていくために、ICT活用だけではなくデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が不可欠であり、DXの推進を加速化する必要があります。BeeXは、SAPシステムおよび基幹システムのクラウドマイグレーションをはじめとするDX Ready Platformの実現をご支援させていただくともに、基幹システムの構築・運用で得られたノウハウをパッケージにした「BeeXPlus」のサービス内容を順次拡充しながら提供してまいります。

サービス一覧-株式会社BeeX

BeeXPlusの特徴

・マルチクラウド対応のクラウドライセンスと運用・監視のパッケージサービス
・クラウド利用状況が確認できるサービス「BeeX Service Console(BSC)」の提供
*クラウド利用料管理機能はAWSのみ対応(Azure、GCPは順次展開)
・請求代行、サポートサービス、運用・監視など、各種サポート及び、オプションで、多拠点/多コストセンターへの請求書発行など、請求アウトソーシングサービスに対応
・紙の請求書が不要な、請求アップロードシステム対応(標準サービス)
・パートナー様ソリューションとの連携でセキュリティーソリューションなど、安心で便利な幅広いサービスを順次提供予定
・その他、お客様のご要望に合わせ各種サポートメニューの提供

株式会社BeeXについて

株式会社BeeXは、SAPなど基幹システムを中心としたエンタープライズシステムのクラウドインテグレーションを専業として、2016年3月に設立した新しい会社です。基幹クラウド基盤構築とシステム移行から運用保守、クラウドネイティブアプリ開発までワンストップでサービスをご提供します。弊社にはSAPシステムをはじめとるするエンタープライズシステムのクラウド化黎明期からこの分野に携わってきた「クラウド」と「SAP」に精通した技術コンサルタントが一同に集結しており、特に SAP環境を含めた基幹システムのオンプレミスからクラウドへの移行に関しては、業界でトップクラスの技術力と実績を有しています。

所在地 :東京都中央区銀座7-14-13 日土地銀座ビル10F
設立 :2016年3月1日
資本金 :10,971万円(2019年3月1日現在)
代表者 :代表取締役社長 広木 太(ひろき まさる)
U R L :https://www.beex-inc.com

問い合わせ先 :ビジネス開発推進本部 営業開発部 小崎、実松
メールアドレス: beex-marketing@beex-inc.com

※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web ServicesおよびAWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
※Google Cloud Platformは Google LLC の商標または登録商標です。

<参照元>

プレスリリースを無料で配信できるサイト20選

リモートワークツール 無料キャンペーン特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

テレワーク導入に関する 助成金・補助金 特集

 

金融・法人カード特集
ビジネスカード おすすめ
法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード
三井住友ビジネス for Owners
セゾン プラチナ ビジネス アメックス
OLTAファクタリング

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方