テレワーク・リモートワーク ツール27選 人気のテレビ会議ツール、VPNツールとは?

VOIX編集部VOIX編集部 リモートワーク
リモートワークツール27選

 

法人カード おすすめ 特集

法人カード 審査 を専門家が解説

新型コロナウイルスがリモートワークツールの発展・展開に寄与する

現在世界中でビジネスリーダーにとっての懸念材料は、新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延と言えるでしょう。

感染者数は3/24時点でアメリカで4万人を超え、世界中を見ても30万人を超えています。米政府機関は、職場での感染拡大を避けるための推奨事項の中で、管理職に対して在宅勤務ポリシーの作成を奨励しています。

アメリカの一部企業ではハリケーンなどの被害からの教訓により不測の事態が発生した場合にリモートワークに頼らなければならないことが認知され、既に導入されています。

先進国アメリカで必須のリモートワークツールとは?

リモートワークへの切り替えを効果的に行うには、企業が行う業務の種類によって異りますが、一般的にホワイトカラーのビジネスであればリモートワークには移行しやすいとされています。

しかし、適切な技術ツールを導入しなければ、専門家がすでに経済成長の減速を予測している今年、在宅勤務は企業の効率性に影響を与え、業績を悪化させる可能性があります。

本記事では、企業がリモートワークを可能にするために必要なキーテクノロジーをいくつか紹介します。

テレビ会議ツール

「1時間も他の人と近くで話す」ということは集団感染が発生している中で避けるべき活動のように聞こえます。そこでオンラインテレビ会議ツールが役に立ちます。

テレビ会議ツール6選

日本国内でも普及しているツールがありますね。数多くのミーティングソリューションサービスが、チームメンバーが自宅にいながら会話をすることを可能にしています。

多くの企業がリモートワークを義務化している中、いくつかのサービスがシステムの無料機能を拡張しています。これは企業の責任感を示す動きであると同時に、危機の中での潜在的なビジネスチャンスを示唆しています。

ハイテクツールはどこでも仕事ができるが、労働者がこれらのツールを効果的に使用するには、自宅に十分な帯域幅が必要になるといいます。最低でも毎秒50メガバイト(Mbps)のインターネット接続があれば十分です。

コラボレーションツール

コラボレーションツール3選

これらのソリューションは、チームがリモートワークに移行する中で、コミュニケーションのラインをオープンにしています。

一般的に日本ではメールの文化が発達していますが、連絡・コミュニケーションの手段をコラボレーションツールに切り替えることよって、他の多くの問題を回避することができます。

コラボレーションプラットフォームは、オフィス内のコミュニケーションの流れを簡単かつ迅速にしてくれます。

共有データアクセス

企業は、従業員を一日、あるいは数週間、あるいは近い将来に帰宅させる前に、全員が必要なデータにアクセスできるようにしなければなりません。

企業のファイル同期・共有ソフトウェア、リモートアクセスツール、または仮想デスクトップインフラストラクチャは、従業員のリモート化に伴い、企業の運用を維持するのに役立ちます。

ファイル共有・データアクセスツール4選

これらは、従業員がどこから仕事をしているかに関係なく、情報をファイル、同期、共有できるようにします。

リモートアクセスツール2選

これらのサービスは、別の場所にあるコンピュータにリモートアクセスするためのツールを提供しています。どのデバイスからでもコンピュータにアクセスが可能という点で、オフィスから持ち出せないデバイスを遠隔操作する作業に向いています。

仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)3選

上記3つのVDIサービスは企業が提供する仮想デスクトップインフラストラクチャを利用することで、従業員は別の場所にあるサーバー上のリモートオペレーティングシステムにアクセスすることができます。

ユーザーごとに個別の仮想マシン(VM)を提供し、これらのVM上でデスクトップOSを動作させます。ユーザーが互いに隔離されているため、厳しい規制やセキュリティが適用された環境、すなわち情報の流出が深刻な問題となる環境にVDIは適しているでしょう。

セキュリティツール

リモートワーカーは、一日中ホームオフィスに閉じこもっている人ではありません。

従業員は一日のうち少なくとも一部はコーヒーショップや地元の図書館でポスティングをしながら移動しています。このシナリオにはセキュリティ上の問題があります。

リモートワーカーがウェブブラウザを介して主要なビジネスアプリケーションにアクセスする場合、企業データの安全性を確保するためにVPNソフトウェアが必要になるでしょう。

VPNセキュリティツール4選

などのアイデンティティおよびアクセス管理ソリューションは、クラウドベースのシステムにアクセスするための認証の層を提供することができます。

バーチャル・ワークプレイス

多数の社員が分散している企業では、一握りのベンダーが物理的なオフィスにデジタルアバターを与えようとしています。

バーチャルワークプレイスとは?

ネットの仮想空間上に疑似オフィスを作成し、その中のアバターとしてコミュニケーションをとることができるサービスを指します。

下記、画像を見るとわかりやすいと思います。

Walkabout Workplace

※画像はWalkabout Workplaceのモデル

ただ単に、コミュニケーション”機能”だけが存在するのではなく、擬似的にオフィスに”存在する”という点で、より一体感をもったワークができることが強みです。

バーチャルワークプレイスツール3選

これらのプロバイダーは、同僚と気軽に会話を交わすことができる休憩室を完備したバーチャルオフィスを作成しています。

誰もがバーチャルデスクを持っていて、文字通り誰かのバーチャルオフィスのドアをノックして、チャットができるかどうかを尋ねることができるという利点があります。

日本では導入事例は少ないようですが、今後発展性が期待されるサービスです。

 

最新リモートワーク ツールまとめ

以上のようにアメリカでは今回の新型コロナウイルス問題を景気に、Tech界隈を中心としてリモートワークツールの導入・発展が進みつつあります。

ほとんどのツールで無料版が存在するので、導入を検討される方は試用して見る価値があると思います。また、新型コロナウイルス問題に対して、期間限定で無償リリースを行っているサービスも多いです。

一度チェックする価値はあると思います。

プレスリリース とは 、無料配信サイト 一覧

リファレンスチェック とは 、おすすめツール 比較

 

金融・法人カード特集
法人カード
法人カード年会費無料
法人 ゴールドカード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード
三井住友ビジネス for Owners
OLTAファクタリング
アメックスビジネスゴールド

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方