「アイフルビジネスファイナンス」の評判が良い。審査の流れを解説。

VOIX編集部VOIX編集部 サービス分析
「アイフルビジネスファイナンス」の評判が良い。審査の流れを解説。

アイフルビジネスファイナンスとは?評判から分析。

アイフルビジネスファイナンスは事業者に特化したローンを提供しており、事業資金の調達に役立つ事業者向けカードローンビジネスローン不動産担保ローンなどを展開しています。

すべてがビジネスに特化しており、総量規制の対象にはなりません。主力商品の事業者向けビジネスローンは、個人向けローンよりも高額の借入れが必要、なるべく早く借入れしたい、といった人におすすめです。

法人・個人事業主が対象

法人または個人事業主が利用対象者となり、個人向けローンで事業資金の調達ができない状況で役立ってくれます。個人向けローンには無担保で借りられるタイプが数多くありますが、融資条件として事業資金は不可とする条件が少なくありません。

また個人向けローンは総量規制の対象になり、ビジネスローンは対象外であることから、事業資金を確保するにはアイフルビジネスファイナンスのローンが適しています。

アイフルビジネスファイナンスのメリット

アイフルビジネスファイナンスはその名のとおり、事業資金の貸し付け専門です。利用目的がビジネスなので、ビジネス目的での融資を希望する人とマッチングします。

ビジネスローンは個人より高額融資が受けやすい

事業者向けビジネスローンにおいては、50万円~1,000万円の範囲内で借入れができます。カードローンやキャッシングなどの個人向けローンと比較して、借りられる金額の下限が大きいのが特徴です。高額融資を受けられる秘密は、総量規制の対象外になるためです。

(参考)個人向けローンは年収の3分の1まで

もし個人向けのカードローンで資金調達をする場合においては、総量規制の対象になるので、借入れ金額は年収の3分の1までに制限されます。それに対してビジネスローンは制限を受けません。

担保は不要、保証人は原則不要

契約利率は年3.1%~18.0%となっており、ここは個人向けのカードローンやキャッシングなどと大きな違いはないです。また担保は不要、保証人は原則不要という点も面倒ではなくて良いですね。銀行融資などでは担保や保証人を求められることもあります。

返済は銀行引き落としが利用できる

返済は毎月定額の返済となり、銀行口座引き落としが利用できるのがメリットとなります。指定口座に残高があれば引き落としされるので、うっかり返済忘れを起こすことがありません。返済方法は元利均等返済と元金一括返済を採用しています。

つなぎ資金、資金繰りの健全化など様々なケースで利用できる

事業者向けビジネスローンが役立つ場面は当面の事業資金が不足している状況はもちろん、事業をさらに拡大したい、決算が迫っている、といった状況になります。事業資金においては高額の借入れを要するケースが多く、つなぎ資金、資金繰りの健全化などのために借りる事業者が少なくありません。借入れしたあとについては返済だけ行っていくスタイルとなるため、追加で何度も借入れをして返済に逼迫するリスクを回避できるでしょう。無理な借入れを防ぐことは事業の健全化に直結するので、申し込み時は安定した返済ができる希望額を設定してください。

原則来店不要。WEB完結で申し込できる。

ローン利用の申し込みは申込フォームから手続きができ、ここに必要事項を入力して送信します。それから仮審査が行われて、パスすれば必要書類を提出して本審査に移行します。各種書類の提出はメールやFAX、郵送などで可能です。来店をする必要がないので多忙な状況で都合がよく、また契約までもスムーズです。審査にパスできたら契約手続きが開始され、それから融資へとなります。

融資まで最短数日とスピードが早い

なおアイフルビジネスファイナンスの融資は迅速ですが、混雑しているタイミングで申し込みすると融資に数日かかるケースがあるので、資金調達が必要となったタイミングで申し込むのが得策です。

アイフルビジネスファイナンスの料金・手数料

アイフルビジネスファイナンスの主力ローンである事業者向けビジネスローン契約において発生する費用は、契約時締結費用としての印紙代だけです。

毎月の利用料金などは発生せず、手数料はあくまで利息のみとなります。
ローンの契約利率は実質年率のことで、3.1%~18.0%になります。

利息は借入れした金額、適用利率、返済期間などによって決まります。なるべく利息を抑えたい場合は、無理な借入れをしないこと、返済期間をできるだけ圧縮すること、などを意識してください。金利に関してはアイフルビジネスファイナンス側が決定するため、申込者の希望が通るとは限りませんが、一般的には融資額が大きくなれば適用利率が下がる仕組みになっています。

アイフルビジネスファイナンスの申し込み方法・審査

申込方法

ビジネス、つまり事業において必要となる資金調達全般に活用できます。使途は事業資金に限定されており、契約は原則来店不要です。ただし状況によっては来店が必須となる場合があります。

審査について

財務状況は健全であるほど審査に通過しやすいですが、赤字決算だから不可というわけではありません。事業運営における将来性なども考慮して融資の可否が決められます。

法人/個人事業主限定。会社員などの個人は申し込み不可。

申し込みにおいて注意したいのは、サラリーマンやパート・アルバイトといった方には対応していないことです。給与所得のある方は事業者とはみなされないためです。あくまで事業者が資金を調達するときに利用するローンであり、それゆえ総量規制の対象外になっています。そのため個人向けのカードローンやキャッシングの代用にはなりません。

アイフルビジネスローン
公式サイトへ

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ