ティールテクノロジーズ、飲食業界初の多店舗管理BIツール「TEAL BI」リリース

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース リモートワーク
飲食業界初、多店舗管理BIツール「TEAL BI」正式リリース。

 

法人カード おすすめ 特集

法人カード 審査 を専門家が解説

株式会社ティールテクノロジーズ、飲食業界初の多店舗管理BIツール「TEAL BI」正式リリース

株式会社ティールテクノロジーズ(東京都新宿区。代表取締役CEO斉田教継)が、飲食店のエクセル作業を削減して店舗のリアルタイム分析を可能にすることで飲食業界のDXを推進する、飲食業界初のSaaS型多店舗管理BIツール「TEAL BI」の正式提供を開始した。

NTTファイナンスBizカード レギュラーを解説

三井住友ビジネスカード 審査 を解説

アメックスプラチナビジネス 審査 を解説

<以下、リリース>

飲食業界初、多店舗管理BIツール「TEAL BI」正式リリース。

飲食店のエクセル作業削減、店舗のリアルタイム分析を可能にします。 また、飲食業界へのDX推進、経営力を根本的に強化します。

株式会社ティールテクノロジーズ(東京都新宿区。代表取締役CEO斉田教継)は、10月より、飲食業界のDXを進めるために、飲食業界初のSaaS型多店舗管理BIツール「TEAL BI」の正式提供を開始いたします。2020年2月に、プレシードラウンドとして、個人投資家を中心に2,600万円の資金調達を完了し、開発とグループ会社の店舗での運用でサービスを磨いてきました。

●TEAL BIについて

飲食業界では、売上分析や収支管理が煩雑で、データがツール毎にバラバラで、それらを集めて日次レベルで共有や分析がしづらい環境でした。それらバラバラのデータを自動集約して、本部店舗間で共有し分析ができる世界を実現するためのツールを開発してます。トップダウン型経営で権限を本部に集中させてきたのを、データを店舗で共有することで、店舗ごとの現場の経営力アップを目指すためのツールです。

●サービス誕生の背景

外食業界の多くの店舗はコロナ禍で厳しい環境にさらされています。業界特有の、以前のようなおおざっぱな収支管理で簡単に利益が出せる環境ではなくなりました。現場でコントロールできるKPIを絞り込んで日次でPDCAを回さないと利益は絞り出せません。しかし収支が確定するのは月末締め後翌月終盤という会社も多くあります。その後改善を始めるとPDCAは2か月に1回しか回せません。

弊社グループでは、これまで13年半にわたって年商15億円まで飲食業を経営してきましたが、日次管理は人海戦術で、エクセルなどを利用して行ってきました。一方で、これまでいろんなツールを探してきましたが良いものが見当たらず、構想2年を経て自社で開発することにしました。

●TEAL BIが目指すもの

トップダウン経営が主流の業界の中で、勝ち組の多くは、データを現場で扱えるようにすることで改善が現場から起こり、PDCAがよりスピーディーに責任感のあるものになっています。
当たり前ですが、飲食店は儲かることがとても重要です。儲かっていない店は活気がありません。離職者が増えます。儲かっているお店は活気が出て仕事が楽しくなります。店舗と会社がどんどん成長します。

そのためには、店舗では日次で状況把握する必要があります。本部で月次管理して現場に改善を指示するより、現場で日々データを見て問題に気付いてその場で改善するほうが、PDCAは素早く回ります。しかし、分析に時間がとられ、パソコンのスキルが必要になるのも本末転倒です。
店舗管理者のデスクワークの時間が増えるほど現場の士気が下がりチームワークが悪くなります。責任者はもっとスタッフと向き合う時間を作るべきです。パソコンスキルは本来要らないはずです。バックヤードでパソコンに向かうのではなく、オペレーションの合間で、タブレットでさっと見れるツールにする必要があります。
人が好き、料理が好き、サービスが好きでたまらない人がもっと輝ける現場にしたい。飲食の店舗の仕事をもっと楽しくしたい。この業界で長く働く人がもっと増え、この飲食業界がさらに発展してほしい。その想いからこのシステムを開発しています。

●TEAL BIの機能

1)店長ダッシュボード

毎日速報値として、売上、社内順位、客単価の昨年対比、月次売上累積、累積+予算=着地見込み、人件費率推移、発注原価率、理論原価率推移、などをグラフで一覧表示。毎日速報値で確認できるので、毎日改善のPDCAが回せるようになります。

2)売上分析BI

タブレット上で指先だけで売上を深堀して分析できます。店舗別、売上種別、年度別など、多角度で切り出すことができ、日次、週次、月次の推移表示、累積表示、トータル表示などを選べます。営業会議で「あの角度で分析してみてくれ」という急なフリにもその場で対応ができるようになります。これまではエクセルでグラフを作っていたのが、BIツールにより無限の様々な比較グラフを瞬時に見ることができます。

3)ABC分析

メニューごとの出数と売上の変動や累積、期間合計など、様々な角度で分析が可能。メニューの売れ行きの変化が時系列でグラフ化でき、日次、週次、月次と選べます。さらにメニューの売れるスピードをグラフで化できるようになりました。短期的変化から長期的変化まで気づきづらい変化に気づくことができるようになります。

●今後の展開

現状は売上とコストの管理と分析ツールですが、今後は、予約管理、広告媒体、アンケート、物理的に収集するデータ、ビッグデータ等、幅広くデータ連携しながら、管理や分析機能を追加していきます。さらに、小規模事業者でも、スマホベースで、より簡易な分析ができるアプリツールも開発しく計画です。

●企業情報

社名:株式会社ティールテクノロジーズ
代表取締役CEO:斉田教継
本店:東京都新宿区新宿2-5-5
設立:2020年4月

●問い合わせ先

メールアドレス:info@teal-tech.jp

<参照元>

プレスリリース とは 、無料配信サイト 一覧

リファレンスチェック とは 、おすすめツール 比較

米国で人気 リモートワークツール 27選

 

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ