京セラコミュニケーションシステム、管理会計クラウド「Amoeba Pro(アメーバプロ)」を提供開始

VOIX編集チーム 更新 公開 ニュース
京セラコミュニケーションシステム、管理会計クラウド「Amoeba Pro(アメーバプロ)」を提供開始

京セラコミュニケーションシステム株式会社、管理会計クラウド「Amoeba Pro(アメーバプロ)」の提供を開始

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長:黒瀬 善仁)が、部門別の採算に限らず、事業別、商品別、プロジェクト別等、多軸で数値を把握できる、管理会計クラウド「Amoeba Pro(アメーバプロ)」の提供を開始した。

プレスリリースが無料配信できるサイト 20選

個人事業主とフリーランスに必要? おすすめ 法人ビジネスカード特集

法人カード2枚持ちのメリットは? 2枚目におすすめ 法人カード特集

無料で配信 PR TIMES スタートアップチャレンジ

<以下、リリース>

管理会計クラウド「Amoeba Pro」を提供開始

~企業の管理会計の運用をサポート~

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長:黒瀬 善仁、以下KCCS)は、2020年8月4日より管理会計クラウド「Amoeba Pro(アメーバプロ)」の提供を開始します。

激しく変動する経営環境においては、自社の経営状況をタイムリーかつ正確に把握し、迅速に意思決定することが重要です。そのためには、経営状況の様々な視点での分析や、経営環境の変化に合わせたKPIや分析セグメントの見直しが必要です。

これまで当社では、経営状況を分析するためのシステムとして「The Amoeba」を提供してきましたが、部門別の単一軸でしか数値を把握できませんでした。
このたび提供を開始する「Amoeba Pro」は、部門別の採算に限らず、事業別、商品別、プロジェクト別等、多軸で数値を把握できることに加え、豊富な分析レポートを用意していることから、より幅広い視点での分析を効率的に行うことが可能です。また、多様な導入テンプレートをクラウドで提供し、既存システムとのデータ連携も行えるため、早期の導入が可能です。小規模ユーザー向けのライセンス体系を用意しており、企業規模を問わずご利用いただけます。

KCCSは「Amoeba Pro」の提供を通じて管理会計の運用をサポートし、企業の成長発展に貢献します。

Amoeba Pro-KCCS

Amoeba Pro-KCCS

製品概要

名称:Amoeba Pro(アメーバプロ)
提供開始日:2020年8月4日
月額利用料(税抜):65,000円/5ユーザー ~(初年度のみ年間契約)
※月額利用料にはサポート対応費用、バージョンアップ費用を含みます
※月額利用料は利用ユーザー数に応じて変動します
※別途、初期費用(環境設定・マスタ登録・ユーザー教育など)が発生します
※最低利用期間は12カ月です
Webサイト:https://www.kccs.co.jp/consulting/service/system/amoebapro/

※製品の仕様・サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
※製品名・サービス名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ

京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCSカスタマーサポートセンター
TEL:0120-911-901(フリーコール)、050-2018-1827(携帯電話・IP電話など)
E-mail:kccs-support@kccs.co.jp
URL:https://www.kccs.co.jp/contact/ja/consulting/

<参照元>

プレスリリースを無料で配信できるサイト20選

リモートワークツール 無料キャンペーン特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

テレワーク導入に関する 助成金・補助金 特集

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ