Lecto株式会社たイオングループの債権回収会社 エー・シー・エス債権管理回収株式会社とパートナーシップ契約を締結

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
Lecto株式会社たイオングループの債権回収会社 エー・シー・エス債権管理回収株式会社とパートナーシップ契約を締結

Lecto(レクト)、イオングループのエー・シー・エス債権管理回収と督促回収業務のDX共創に向けた協業を本格開始

「Lectoプラットフォーム」のホワイトラベル提供とACMC独自のスコアリング基盤・運用ノウハウとの共創を開始

債権管理業務のDXを推進しているLecto株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小山 裕、以下 「Lecto」)は、イオングループの債権回収会社(サービサー)であるエー・シー・エス債権管理回収株式会社(本社: 千葉県千葉市、代表取締役社長:松山 正弘、以下「ACMC」)とパートナーシップ契約を締結しました。本契約のもと、Lecto独自のテクノロジーを活用した債権管理サービス「Lectoプラットフォーム」の一部機能を提供し、その機能を用いてACMCがホワイトラベル形式で新しい回収関連サービスを創出していくための協業体制を組成したことをご報告いたします。

パートナーシップ契約の背景

「督促回収テック※」を掲げるLectoの「Lectoプラットフォーム」はクラウド上へのデータアップロードを通じて、債権管理や督促・案内業務に必要な機能を統合管理したプロダクトであり、督促ルールの戦略設計、自動実行、データ管理・分析を通して債権回収業務の効率化を行う「Lectoプラットフォーム」を提供しています。

ACMCでは、中期経営計画において、先進的なテクノロジーとリテールサービスで他社の追随をゆるさない「No.1テックサービサー」を目指し「DX推進」「事業拡大」「事業・人財基盤」への取り組みを実施。その中で、督促行為から返済受付までをエンドツーエンドでデジタル化する債権回収ソリューションの構築を目指してきました。

両社では、2023年8月より協業に向けた新しい回収関連サービスの創出に向けたコンセプト実証(PoC)を実施しました。コンセプト実証(PoC)おいて、督促実行の自動化が実現可能であることに加え、Lectoプラットフォームのカスタマイズ性の高さから、ACMCが想い描く新しい回収関連サービスの創出が可能であるとされたため、この度、新たにパートナーシップを締結し、Lectoプラットフォームの技術力とACMCの専門ノウハウを掛け合わせ、新たな債権回収ソリューションの構築し、お客様にサービスを提供していくこととなりました。

※「督促回収テック」はLectoの登録商標です。

パートナーシップの概要

本パートナーシップを通して、より多くの事業者様とその先のお客様に対して効率的で快適な債権回収体験が届けられる世界を目指し、営業・運用・開発のあらゆる面で協業の取組みを進めてまいります。

(1) ACMCへのLectoプラットフォームの導入・ホワイトラベル提供

Lectoプラットフォームを導入・活用することにより、新たな債権回収ソリューションの構築をよりスピーディに実現していきます。

LectoプラットフォームをACMCにホワイトラベルで提供、ACMCの持つ独自のスコアリング基盤や運用ノウハウと組み合わせることで、新たな債権回収ソリューションとしてお客様に付加価値の高いサービスを提供していきます。

(2)営業・運用体制の構築

ソフトウェアの販売・運用には技術に精通した営業・運用を構築していくことが重要となります。Lectoが培ってきたプラットフォーム営業・運用のノウハウを元にACMCの事業立ち上げを支援し、より質の高い営業・運用体制を作り上げていくとともに、Lectoプラットフォームの営業販路拡大を促進していきます。

また、ACMCがこれまで培ってきた債権回収に関わるノウハウを元に、Lectoプラットフォームへのフィードバックを蓄積していくことで、Lectoプラットフォームの機能強化・開発も加速させてまいります。

ACMCの掲げる「テックサービサー」とは

「テックサービサー※」とは、サービサー事業の新しい価値提供のあり方を記した、ACMCが策定した造語です。ACMCは、AI・データアナリティクス技術や、オートメーション技術の活用など、先進的なテクノロジー(Technology)とサービサー事業(Servicer)の融合による革新(DX)を推進し続け、業界に先駆けた新たな債権回収ソリューションの提供に取り組んでまいります。詳細はACMCコーポレートサイトをご参照ください。

※「テックサービサー」はACMCの登録商標です。

Lectoが開発する「Lecto プラットフォーム(レクトプラットフォーム)」について

Lectoは、「督促回収テック」を展開するFintech関連企業です。金融サービスやリテール・サブスクリプションサービスの裏側(バックエンド)にある面倒な実務や複雑で属人化しやすい業務フローを改善し、債権管理(顧客管理)・回収からオフバランスまで一気通貫での課題解決を目指しています。それにより顧客満足度、サービスUXの向上を目指すことが可能になります。

 

今後ともLectoは、金融・決済業界ほかあらゆる産業のますますの発展のため、引き続き尽力してまいります。

 エー・シー・エス債権管理回収株式会社について

  • 会社名:エー・シー・エス債権管理回収株式会社
  • 代表:代表取締役社長 松山 正弘
  • 設立:1999年2月
  • URL:https://www.acmcservicer.com/

 Lecto株式会社について

  • 会社名:Lecto株式会社
  • 設立:2020年11月
  • 代表者:代表取締役社長  小 山  裕
  • 本社:東京都渋谷区道玄坂1−2−3 渋谷フクラス17階
  • URL:https://lecto.co.jp

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ