コカ・コーラ ボトラーズジャパンが「ウェルネスプログラム」を提供開始

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
コカ・コーラ ボトラーズジャパンが「ウェルネスプログラム」を提供開始

コカ・コーラ ボトラーズジャパン、法人向け健康経営支援プログラム「ウェルネスプログラム」を開始

お得意さまの健康経営に向けた取り組みをサポート

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 最高経営責任者:カリン・ドラガン、以下 当社)は、AI食事管理アプリ「あすけん」を展開する株式会社asken(以下 asken社)と連携し、2023年5月29日より法人向け健康経営支援プログラム「ウェルネスプログラム」の提供を開始しました。

「ウェルネスプログラム」は、当社自動販売機を設置した企業が費用無料で導入できる、ヘルスケアアプリ「あすけん」とコカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」(注1)が連動した、お得意さまの健康経営に向けた取り組みをサポートするプログラムです。

本プログラムを導入した企業の従業員は、本プログラム専用にカスタマイズされた「あすけん」アプリ内での「食事・健康記録」、「ウェルネスチャレンジ」をきっかけに健康行動を開始し、楽しみながら継続することができます。「ウェルネスチャレンジ」は、健康に関する簡単なチャレンジを達成することで「Coke ON」対応自動販売機で使用可能なドリンクチケットが獲得できる仕組みとなっています。

また導入先企業の担当者は、従業員のプログラム利用状況が可視化できるデータの受け取りが可能となり、効果的に健康経営を推進することができます。

近年多くの企業が健康経営へ関心を高めている中、当社はお得意さまの健康経営に向けた取り組みをサポートするために、国内No.1 AI食事管理アプリ(注2)「あすけん」を活用し本プログラムを開始します。

今後、自動販売機を設置されているお得意さまや、新たに自動販売機の設置を検討されているお得意さまを中心に本プログラムを提案し、健康経営に向けた取り組みをサポートしてまいります。

(注1)「Coke ON」はThe Coca-Cola Companyの登録商標です。

(注2)日本国内AppStoreとGoogle Play合算の「ヘルスケア(健康)/フィットネス」カテゴリにおける、2021・2022年のダウンロード数および収益(date.ai調べ)

【参考】

サービスイメージ

「ウェルネスプログラム」の特徴

健康行動を楽しく継続できる「ウェルネスチャレンジ」

導入先企業の従業員が、健康行動を楽しく継続できる好循環を生み出せるよう、コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」と連動した「ウェルネスチャレンジ」をご用意。本プログラム専用にカスタマイズされた「あすけん」アプリ上で設定された食事記録や運動記録回数などの目標を達成すると、全国約46万台の「Coke ON」対応自動販売機で使用可能な「Coke ON」のドリンクチケットがもらえます。「ウェルネスチャレンジ」は、asken社が保有する約50億件の喫食データなどを踏まえ、管理栄養士が監修した内容となっています。

導入先企業への健康経営サポート

導入先企業の担当者宛は、従業員の利用状況や健康管理状況に関するデータを定期的に受け取れ、データをもとに健康施策に関してPDCAを回すことが可能となります。健康経営法人申請のトピックとしてもご活用いただけます。

「あすけん」アプリを活用

「あすけん」は、累計会員数800万人(2022年12月時点)を超える食生活記録・改善アプリです。サービス開始から15年の歴史があり、利用者が日々簡単に健康記録をできるUI設計となっています。標準機能としては食事・運動記録機能や、管理栄養士のノウハウとAI技術を組み合わせた食事アドバイス機能などがあり、本プログラムでもご活用いただけます。

詳しくは「ウェルネスプログラム」特設ウェブサイトをご参照ください。
「ウェルネスプログラム」紹介動画

「Coke ON」について

「Coke ON(コークオン)」は、アプリ内でスタンプを15個ためて1本分のドリンクチケットを獲得できる、おトクで便利なコカ・コーラの公式スマホアプリです。ドリンクチケットは、「Coke ON」対応自販機で、お好きなコカ・コーラ社製品1本と無料で交換できます。キャッシュレス決済機能「Coke ON Pay」対応自動販売機では、サブスクリプションサービス「Coke ON Pass」、「Coke ON」の独自電子マネー「Coke ON Wallet」をはじめ、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ(アプリ決済)、 au PAY、d払い、Apple Pay、メルペイなどに対応し、自動販売機チャネルにおける製品購入の選択肢の幅をさらに広げました。「Coke ON」は2023年5月現在、4,600万ダウンロードを超え、全国46万台の対応自動販売機でご利用いただけます。

 ▼「Coke ON」公式ウェブサイト

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽教室 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円で見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人クレジットカード 最強の2枚
開業前の個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ