「eateat(イートイート)」をインタセクト・コミュニケーションズが提供開始

VOIX編集長 虎さん 公開 テイクアウト ニュース
「eateat(イートイート)」をインタセクト・コミュニケーションズが提供開始

インタセクト・コミュニケーションズ株式会社がモバイルオーダーサービス「eateat(イートイート)」の提供を開始

インタセクト・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:譚 玉峰)が、モバイルオーダーサービス「eateat(イートイート)」の提供を1月19日(水)から開始する。 また、先着にて5社限定で、3ヶ月間月額利用料が無料になるリリース記念キャンペーンも実施する。

「eateat(イートイート)」とは

eateat は、イートインからテイクアウトまで同一システムで、非接触・非対面を可能にした飲食店向けモバイルオーダーサービス。

「eateat(イートイート)」とは

イートインでは来店客がQRコードを読み込んでオーダーするので、ホールスタッフの業務効率化や回転率が向上し、オーダー情報は、専用のプリンタから印刷され印字名称は自由に設定可能となっている。

テイクアウトでは、PC&スマホに対応したデジタル化を実現しており、メニューを登録するだけで利用が可能、さらに、スマートロッカーと連携することで完全非接触の受け渡しもできる。

「eateat(イートイート)」の概要

  • 提供開始日 :2022年1月19日(水)
  • 費用 :初期費用25,800円(税抜)、月額費用3,980円(税抜)
  • 納期 :申込み情報を受領次第、プリンタを発送。 メニュー情報を事前に連携すると最短5営業日での稼働が可能
  • 申込み方法:公式WEBからお申込み
  • キャンペーン :先着5社限定で、月額利用料を無料で3ヶ月間提供

<公式ページ>

<リリース>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ