電子記録債権ファクタリングをTranzaxとR.ホールディングスが提供開始、日本初

VOIX編集部VOIX編集部 お金
電子記録債権ファクタリングをTranzaxとR.ホールディングスが提供開始、日本初

電子記録債権ファクタリング(継続的な都度買取)サービスをR.ホールディングス株式会社とTranzax株式会社が提供開始

R.ホールディングスの既存の三者間ファクタリング取引をPOファイナンスシステム上に移行し「Win-Winファクタリング」の普及拡大

R.ホールディングス株式会社とTranzax株式会社が、日本初となる「電子記録債権ファクタリング(継続的な都度買取)サービス」の提供を開始しました。

Tranzax株式会社のPOFS(POファイナンスシステム)を活用した三者間のファクタリング 取引における、商流の最も早い時点での早期資金化の実現であり、日本初の取り組みであり、ファクターであるR.ホールディングス株式会社は既存の三者間ファクタリング取引をPOFSのプラットホーム上に移行することで、さらに安全で簡便な電子ファクタリング取引の提供に成功し、理念として掲げる「Win-Winファクタリング(二者間卒業ファクタリング)」の普及拡大につなげるとしています。

 

「電子記録債権ファクタリング(継続的な都度買取)サービス」により、ファクタリング サービスの利用者は特定の発注者に請求予定の代金債権を、検収合格直後から希望に応じて、早期資金化(真正譲渡)をすることができます。

また、発注者は検収から経理業務までのDX化(記録化)をはかることが可能となります。

R.ホールディングス株式会社 会社概要

  • 会社名:R.ホールディングス株式会社
  • 代表者:代表取締役社長 板橋 良
  • 所在地:東京都港区虎ノ門1丁目2番18号 虎ノ門興業ビル3階
  • ホームページ:https://www.r-holdings.net




タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ