次世代型クレジットカード「Nudge(ナッジ)」の発行を今夏からナッジ株式会社が開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
次世代型クレジットカード「Nudge(ナッジ)」の発行を今夏からナッジ株式会社が開始

ナッジ株式会社が次世代型クレジットカード「Nudge(ナッジ)」の発行を開始

ナッジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:沖田 貴史)が、関係当局への事業者登録を前提に、第一弾のサービスとしてVisaのタッチ決済を搭載した、縦型のナンバーレスクレジットカード「Nudge(ナッジ)」の発行を開始する。

※ナッジ株式会社が「少額包括信用購入あっせん業者」の登録を完了し9月2日からからNudgeの受付を開始。

次世代型クレジットカード「Nudge(ナッジ)」とは

次世代型クレジットカード「Nudge(ナッジ)」とは

Nudgeは、スマホアプリなどにより新しい仕組みやサービスを複数実装することでクレジットカードの使いやすさを進化させ、クレジットカード利用者に加えスポーツチームやアーティストなどの提携先に対して新たな金融体験を提供するサービスになっているという。 年会費は無料のクレジットカードとなっている。

人気記事:コスパ最強の「年会費無料 法人クレジットカード」を専門家が解説

「Nudge(ナッジ)」のメリット

「Nudge(ナッジ)カード」はインクルーシブ

Nudgeは、AI等の独自の審査手法を用い、学生・アルバイトや非正規雇用社員、兼業や副業、フリーランスやクラウドワーカーなど従来のクレジットカード以上に対応範囲を広げるインクルーシブなサービスになっており、多様な働き方にも対応した柔軟なクレジットカード発行が可能。

「Nudge(ナッジ)カード」は事前入金(チャージ)不要、セブン銀行ATMからいつでも返済可能

Nudgeカードはプリペイドカードとは異なり事前の入金は不要。都度チャージの手間や、利用時の残高確認・使い残しの心配から解放されます。

利用金額の返済は月に1度の口座引き落としではなく、最短で決済の翌日から返済が可能。 好きなタイミングでセブン銀行ATM(全国25,000台以上)から実施できるため引き落とし日の口座残高を心配する必要がなく、クレジットカードの利用が不安な方にも安心です。

月の途中で利用枠が足りなくなっても、返済後即時に利用枠が回復いたします。

「Nudge」は事前入金(チャージ)不要

Nudgeはクレジットカードのため、プリペイドカードとは異なり事前の入金やチャージ、利用時の残高確認は不要、使い残しの心配もない。

「Nudge(ナッジ)カード」のembedded financeによる新たな金融体験

ナッジ株式会社の提携先は、1枚から提携クレジットカードの作成が可能であり、初期費用や月次固定費の負担も無く自社のサービスに金融サービスを組み込むことができる。 入会特典だけでなく累計の利用額に応じてクラブ特典を提供することで、ファンとの新たなエンゲージメントや金融体験を生み出すことができ、収益の多様化とともにファンマーケティングの可能性を広げられる。

「Nudge(ナッジ)カード」はクラブ機能で、好きを応援できる

「Nudge(ナッジ)カード」はクラブ機能で、好きを応援できる

Nudgeと提携する企業や団体が開設する「クラブ」を選択すると、好きなチームやアーティスト、クリエーターへの応援が可能となっている。 日常の支払いをNudge(ナッジ)カードに変えるだけで、自動的に応援をすることができる。

サービス開始時点で開設を予定のクラブは、「ブラウブリッツ秋田(サッカー)」「アースフレンズ東京Z(バスケットボール)」「岩手ビッグブルズ(バスケットボール)」「福島レッドホープス(野球)」「堀口恭司(総合格闘技)」「チームケンズ(トライアスロン)」などのアスリート・スポーツチームに加えて、「MILIYAH Loveheart Club(アーティスト)」などのアーティスト・クリエーターや「D.D.マーケット」などのECサイト、及び「A-TOM」のような地方創生プロジェクトなど約20クラブとなっている。 さらに、「ラスカル(キャラクター)」「ラグナドール(オンラインゲーム)」など様々なクラブの開設を予定されている。

利用者は、好きなクラブを選択し普段の買い物における支払いをNudge(ナッジ)カードに変えるだけで、クラブに関連した画像や動画・音声データなどの特典を受け取ることができる。 将来的にはNFT(Non-Fungible Token: 非代替性トークン)形式での提供も検討しているという。

「Nudge(ナッジ)カード」はスマホ完結

Nudgeの無料発行手続きや問い合わせは、スマホアプリ(対応端末:iOS、Android)で完結、利用状況のリアルタイム管理による不正利用や使い過ぎもアプリで防止可能。

「Nudge(ナッジ)カード」はナンバーレス

縦型のシンプルなデザインを採用し、クレジットカード番号や利用者名、有効期限などを裏面に集約しているため、表面はナンバーレスデザインとなりカード情報を盗み見されないセキュリティ対応が施されている。また、デザインは3種類から選択可能。

「Nudge(ナッジ)カード」は引き落とし日が自由

Nudgeは、月に1度の口座引き落としとなる一般のクレジットカードとは違い、利用金額の支払いは好きなタイミングでセブン銀行ATM(全国25,000台以上)から実施可能のため、引き落とし日の口座残高を心配から解放される。 最短で決済の翌日から返済可能となっているため、クレジットカードの利用が不安な方も安心できる。

「Nudge(ナッジ)カード」はVisaのタッチ決済に対応

Nudgeは、Visaブランドを採用しているため世界中のVisa加盟店で利用が可能。 さらに、日本を含む世界200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法である「Visaのタッチ決済」にも対応しており、カードリーダーにかざすだけで暗証番号やサインも不要、非接触で決済が完了。暗証番号の入力やサインの必要がなく、スピーディかつ安心・安全に支払が完了できる。

「Nudge(ナッジ)カード」の協業体制

次世代型クレジットカード「Nudge(ナッジ)」における、Visaブランド対応や与信システム構築、クレジットカードの製造・発行に関しては株式会社クレディセゾン および 凸版印刷株式会社、 TIS株式会社との協業により、ATMからの返済については株式会社セブン銀行と提携、eKYCについては株式会社Liquidの最新ソリューションの活用により実現している。

ナッジ株式会社について

ナッジ株式会社は、一橋大学商学部経営学科在学中に米国CyberCash社の日本法人であるサイバーキャッシュ株式会社の立ち上げに参加し2004年に株式上場ののち2015年まで代表取締役CEOを務めた沖田 貴史氏によって、日本におけるフィナンシャルインクルージョン(金融包摂)をチャレンジャーバンク事業を通じて、実現していくことを目指して2020年2月に創業された。

ナッジ株式会社が資金調達を実施

ナッジ株式会社が資金調達を実施

2021年8月11日に、「Spiral Capital」「Headline Asia」を共同リード投資家として、既存投資家である「ジェネシアベンチャーズ」等を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表している。 2021年2月に発表した第三者割当増資と合わせて、累計調達額は10億円を超え、2021年夏に予定しているサービスの提供開始に向けた体制を整備・強化している。

ナッジ株式会社 会社概要

  • 会社名:ナッジ株式会社
  • 設立日:2020年2月12日
  • 代表者:代表取締役社長 沖田 貴史
  • 所在地:東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階 FINOLAB

<リリース>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , , , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ