住宅ローンと事業性融資向けの 電子契約サービス「山梨中銀電子契約サービス」を山梨中央銀行が提供開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ニュース リモートワーク
山梨中央銀行のロゴ画像

株式会社山梨中央銀行が 住宅ローンと事業性融資向けの電子契約サービス「山梨中銀電子契約サービス」の取扱いを開始

株式会社山梨中央銀行(頭取 関 光良)が、住宅関連ローンと事業性融資の契約をWEB上で手続きできる電子契約サービス「山梨中銀電子契約サービス」の取扱いを開始する。

関連記事:電子契約サービス おすすめ を徹底比較

「山梨中銀電子契約サービス」とは

「山梨中銀電子契約サービス」は、株式会社山梨中央銀行が提供する、住宅ローンと事業性融資向けの 電子契約サービス で、日鉄ソリューションズ株式会社の電子契約サービス「FINCHUB@absonne」を利用している。

利用にあたり来店して対面での手続きが必要になるが、契約書のペーパーレス化(電子化)により印紙税の支払いが不要となり、スマートフォンやタブレットなどからネット経由で電子署名後の契約書の PDF ファイルを閲覧することができる。

従来通り、書面による手続きも可能だが、書面の場合は印紙税が必要となる。

人気の記事:10月に大幅改定した振込手数料を徹底比較、法人口座 おすすめ はこれだ!

「山梨中銀電子契約サービス」の概要

「山梨中銀電子契約サービス」の取扱開始日

2021年 11月 15日(月)

「山梨中銀電子契約サービス」の対象商品・取引

  • 自由設計型住宅ローン
  • 移住専用住宅ローン
  • セカンドハウスローン
  • 事業性融資(証書貸付)

「山梨中銀電子契約サービス」の利用方法

利用者は、来店したうえでWEB上で契約書のPDFファイルにより契約内容を確認し、電子署名用のパスワードを入力することで対象のローン手続きが完了する。

「山梨中銀電子契約サービス」のメリット

  • 課税対象となる契約書のペーパーレス化(電子化)により、印紙税のお支
    払いが不要となる
  • スマートフォンやタブレットなどを使用 して、ネット経由で電子署名後の契約書の PDFファイルを閲覧することができる

「山梨中銀電子契約サービス」の手数料

1契約あたりの契約金額 電子契約手数料(税込)
1,000万円超 11,000円
500万円超 1,000万円以下 5,500円
500万円以下 無料

<公式ページ>

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ