PayPayの後払い”PayPayクレジット”と”PayPayカード払い”の違いや手数料について解説

PayPayの後払い”PayPayクレジット”と”PayPayカード払い”の違いや手数料について解説

目次

PayPayで後払いができるPayPayクレジット(旧PayPayあと払い)とは

PayPayの後払いサービスはPayPayカードとPayPayクレジットの2種類があります。 PayPayクレジットは元々”PayPayあと払い”と呼ばれていたサービスで2024年4月から”PayPayクレジット”という名称になりました。
PayPayクレジットは、後払い手数料が1回払いなら無料、チャージも不要でPayPay加盟店などでの支払いに使える”クレジットカードではない”カードレス型でPayPayが提供する最新の後払いアプリです。

メリットはもちろんですがPayPayカード 後払いの罠となるデメリットに加えPayPayカードとの違いも解説します。

関連▶PayPayカードを即日発行してその日のうちにすぐ使う攻略法

関連▶PayPayカードのデメリットは還元率?

PayPayクレジットとは、チャージ不要でPayPay加盟店などでの支払いに使えるサービスとして2022年2月1日からPayPay株式会社(公式)とPayPayカード株式会社が提供を開始したJCBやVisa、アメックスなどの決済ネットワークを利用しないデジタルクレジットカードとは違うカードレスタイプの後払いサービスです。

PayPayカード株式会社は、8月1日現在ヤフー株式会社の子会社ですが、PayPayカード株式会社は10月1日からPayPay株式会社の完全子会社化(持分100%)になります。

【カードレスとは】

カードレス、もしくはカードレスカードとはプリペイドカードのようなプラスチックカードを使わない、”カードレス”なアプリ専用の決済サービスです。

PayPayクレジットはクレジットカードではない、申し込むとすぐ使える後払いアプリのカードレス型決済サービスとなります。

他にもVisaやJCBのようなクレジットカードでもプラスチックカードと組み合わせて使うデジタルクレジットカードと呼ばれることが多い支払いサービスが増えており、中でも三井住友カード カードレスはアプリ専用のカードレス クレジットカードと呼ばれる数少ないサービスとなっています。

詳しく▶クレジットカードはカードレスがおすすめ

PayPayクレジットとは

PayPayクレジット(旧 PayPayあと払い)は、「PayPay」アプリ上で、当月利用した金額を翌月にまとめて後払いで支払いを可能にすることで、チャージ不要で「PayPay」が利用できる便利なサービスです。

PayPayカードの利用分とまとめて銀行引き落としなどで支払いができ、初期費用は無料、月1回払いであれば支払い手数料も無料です(リボ払いと分割払いは手数料が必要)。

「PayPayクレジット」に申し込みしてから審査完了後に即時発行され、PayPayの支払い方法として自動登録されます。

「PayPayあと払い」の形態

「PayPayクレジット」は、PayPay加盟店の実店舗での支払いができ、今後は、ヤフーが運営する「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」などのオンライン加盟店の支払いにおいても、順次対応するとしています。

2023年4月から、「PayPay請求書払い」でも「PayPayクレジット」が利用できるようになりました。 今までは「PayPay請求書払い」の支払い方法は「PayPay残高」のみでしたが、新たに「PayPayクレジット」でも支払いができるようになりました。

2月28日から、Yahoo!ショッピングとPayPayモールでも、「PayPayクレジット」が利用可能となりました。

PayPayクレジットは審査が必要、対象は18歳以上

「PayPayクレジット」は、高校生除く18歳以上が加入条件で、申し込みと審査が必要となります。

PayPayクレジットの審査時間

「PayPayクレジット」の申し込みと審査は、最短7分です。

PayPayクレジットの上限 利用額

「PayPayクレジット」の利用上限は以下の通りです。

過去24時間 過去30日間
25万円 25万円

ヤフーカード会員向けの「PayPayクレジット」の利用上限は以下の通りとなります。

過去24時間 過去30日間
本人確認未完了 2万円 5万円
本人確認済み 25万円 25万円

PayPayクレジットの手数料、年会費

  • 登録料(初期費用):無料
  • 年会費:無料
  • 1回払い利用料:無料
  • リボ払い:有料
  • 分割払い:有料

PayPayクレジットの引き落とし日や締め日、確定日

「PayPayクレジット」で支払いをした代金の精算は、締め日が毎月末日になり、翌月12日に引き落とし金額が確定し、引き落とし日は翌月27日となります(一括払いの場合)。

翌月の27日が土・日・祝日の場合は金融機関が休みなので引き落としがされず、翌営業日に引き落としになります。

※例:引き落とし日が2022年8月27日(土)の場合は、土曜日と日曜日が金融機関が休業のため、2022年8月29日(月)の引き落とし。

「PayPayクレジット」と「PayPayカード」の締め日や引き落とし日のルールは同一です。

PayPayクレジットはPayPayカード バーチャルカードも利用できる。

「PayPayカード」の形態

「PayPayクレジット」のミニアプリからの登録手続きが完了すると「PayPayカード バーチャルカード」も同時に利用できるようになります。

「PayPayクレジット」と「PayPayカード」に名称が変更

PayPayアプリにおいて「PayPayクレジット」と「PayPayカード」」に名称が変更されます。

名称変更後も「PayPayクレジット」の機能は変更はなく、当月に利用した金額を翌月まとめて支払える「PayPay」の後払い決済方法として利用でき、年会費無料で、翌月27日の一回払いの手数料も無料です。

「PayPayクレジット」はPayPayポイントの基本付与分が1.0%とPayPay残高払いよりも還元率が高い支払い方法で、さらにPayPayカード ゴールドをミニアプリ「PayPayカード」に登録した場合の還元率は1.5%、PayPayステップの条件を達成すると最大で2.0%還元になります。

①PayPayアプリ上のミニアプリの表示名を「PayPayカード」に変更

PayPayアプリ上のミニアプリの表示名が「PayPayクレジット」から「PayPayカード」に変更されます。

②PayPayアプリ上の支払い方法の表示を「PayPayクレジット」に変更

PayPayアプリ上の支払い方法の表示名が「PayPayクレジット」に変更されます。

PayPayクレジットの支払いに「PayPayポイント」が利用可能に

2023年12月6日より「PayPayクレジット」でも「PayPayポイント」を利用した支払いができるようになりました。

「PayPayクレジット」でPayPayポイントを利用するためには、支払い画面で「PayPayポイントを使う」をオンにしてください、そうするとPayPayポイントが優先的に支払いに利用されるようになります。

「クレジット(旧PayPayあと払い)」の支払いに「PayPayポイント」が利用可能に

PayPayカードとは

PayPayカードの入会キャンペーン
 
申し込み&審査で最短5分ですぐ使える、PayPayカードは即日発行
最高5%と高いポイント還元率でもちろん年会費は永久に無料など、最新のクレジットカードとして素晴らしいスペックのPayPayカードですが、一部デメリットと思われる点もあります。
最短5分ですぐ使える
ポイント還元率最高5%
PayPayカードについて
詳しくはこちら
PayPayカードのデメリット
 

PayPayクレジットのメリット

PayPayクレジットはチャージ不要

「PayPayクレジット」は事前にPayPayへチャージすることなく「PayPay」の支払い利用できます。

「PayPayクレジット」からPayPayへのチャージも可能(上限金額有り)となっています。

PayPayクレジットは手数料、年会費、登録料が無料

「PayPayクレジット」は、「登録料」、「年会費」、「1回払いの手数料」が無料と後払いなのにお得です。

ただし、「リボ払い」と「分割払い」の手数料は有料となりますので、注意してください。

PayPayクレジットはPayPayカード会員だと最短20秒登録OK

2022年3月1日(火)から「PayPayカード」会員も「PayPayクレジット」への登録ができるようになり、2Stepだけの簡単手続き&最短20秒で登録が完了します。

PayPayクレジットは一括払いもリボ払いもできる

属性情報や利用状況等などから無作為に抽出したユーザーを対象に提供している「PayPayクレジット(一括のみ)」は一括払いのみですが、「PayPayクレジット」は支払い後にリボ払いへの変更ができます。

PayPayクレジットはPayPayステップの対象

「PayPayクレジット」の支払いは、前月の利用状況に応じて最大1.5%のPayPayポイントが付与される「PayPayステップ」のカウント対象となります。

PayPayクレジットはPayPay加盟店の実店舗で使える

「PayPayクレジット」は、PayPay加盟店の実店舗での支払いができます。

PayPayクレジットは「Yahoo!ショッピング」で使える

「PayPayクレジット」は、Yahoo!ショッピング の支払いに利用できます。

PayPayクレジットは「PayPayモール」で使える

「PayPayクレジット」は、PayPayモール の支払いに利用できます。

PayPayクレジットは「ヤフオク!」で使える

「PayPayクレジット」は、ヤフオク! の支払いに利用できます。

PayPayクレジットは「LOHACO」で使える

「PayPayクレジット」は、LOHACO の支払いに利用できます。

PayPayクレジットの罠とデメリット

PayPayクレジットはPayPay加盟店舗専用

「PayPayクレジット」はPayPay加盟店の実店舗での支払いにしか利用できません。

今後は、ヤフーが運営する「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」でも利用できるようになる予定です。(2月1日現在)

【PayPayクレジットがYahoo!ショッピング、ヤフオク!、LOHACOに対応】
2月21日から「Yahoo!ショッピング」、「PayPayモール」、2月28日から「ヤフオク!」そのほか「LOHACO」サービスでも「PayPayクレジット」で支払いができるようになりました。 各入会特典プレゼントの対象にもなります。

PayPayクレジットはVisaやJCBなどクレジットカード加盟店では使えない

「PayPayクレジット」は、VisaやJCBなどクレジットカード加盟店では使えません。

VisaやJCBなどクレジットカード加盟店で利用するには、「PayPayカード」が必要になります。

PayPayクレジットは審査が必要

「PayPayクレジット」は申し込みと審査が必要です。

高校生除く18歳以上が加入条件で、利用規約に同意し、本人確認など所定の申し込み手続きをして、審査が完了してから利用できるようになります。

ただし、PayPayで本人確認が完了していれば、「PayPayクレジット」の申し込み手続きが簡単にできるようになっています。

PayPayクレジットはPayPayカード会員の加入ができない

PayPayカード」の会員は、「PayPayクレジット」に申し込みができません(2月1日現在)。

【PayPayカード会員もPayPayクレジットの登録が可能に!】
2022年3月1日(火)から「PayPayカード」会員も「PayPayクレジット」への登録ができるようになりました。
「PayPayカード」会員も「PayPayクレジット」で支払うと「PayPayステップ」のカウント対象&特典の対象になります。

【映画が割引き料金1000円になるカード】
映画が割引き料金1000円になるカード
イオンシネマで映画が割引き料金 1000円になるお得なクレジットカードの特典をご紹介! 土日も祝日も同伴者も1000円で映画が観られる優待特典です。

PayPayクレジットとPayPayカード払いの違い

PayPayクレジットとPayPayカードの形態の違い

「PayPayクレジット」の形態

「PayPayクレジット」の形態はアプリです。 スマートフォンを利用して支払いをします。

「PayPayあと払い」の形態

「PayPayカード バーチャル」の形態

「PayPayカード バーチャル」の形態もアプリです。 スマートフォンを利用して支払いをします。

「PayPayカード」の形態

「PayPayカード」の形態

PayPayカード」の形態は、一般のクレジットカードと同じプラスチック製のカードです。 使い方も一般のクレジットカードと同じですが、カード両面にクレジットカード情報が記載されない ナンバーレスクレジットカード となっています。

「PayPayカード」の形態

PayPayクレジットとPayPayカードの使える場所の違い

  • 「PayPayクレジット」の使える場所
    PayPay加盟店の店舗(オンライン決済、請求書払いは非対応
  • 「PayPayカード バーチャル」の使える場所
    クレジットカード加盟店のオンライン決済
  • 「PayPayカード」の使える場所
    クレジットカード加盟店の店舗での支払い

PayPayクレジットとPayPayカードの発行スピードの違い

  • 「PayPayクレジット」の発行スピード
    即時発行(審査完了後にPayPayの支払い方法に自動登録)
  • 「PayPayカード バーチャル」の発行スピード
    即時発行
  • 「PayPayカード」の発行スピード
    約1週間後に郵送

PayPayクレジットとPayPayカードの特典の違い

  • 「PayPayクレジット」の特典
    PayPayステップ:PayPayステップアカウントに対し前月の利用状況に応じて0.5~1.5%のPayPayポイントがもらえる
    PayPayカード特典:対象外
    入会特典:+2.5%のPayPayポイントがもらえる(2022年4月以降は+1%になる)
  • 「PayPayカード バーチャル」の特典
    PayPayステップ:対象外
    PayPayカード特典:利用金額の1%のPayPayポイントがもらえる
    入会特典:対象外
  • 「PayPayカード」の特典
    PayPayステップ:対象外
    PayPayカード特典:利用金額の1%のPayPayポイントがもらえる
    入会特典:対象外

PayPayカードとは

PayPayカードの入会キャンペーン
 
申し込み&審査で最短5分ですぐ使える、PayPayカードは即日発行
最高5%と高いポイント還元率でもちろん年会費は永久に無料など、最新のクレジットカードとして素晴らしいスペックのPayPayカードですが、一部デメリットと思われる点もあります。
最短5分ですぐ使える
ポイント還元率最高5%
PayPayカードについて
詳しくはこちら
PayPayカードのデメリット
 
【後払いサービス ”支払い.com” とは】
支払い.com(支払いドットコム)
支払いドットコムは、副業・フリーランス・個人事業主・法人経営者向けの資金繰りが楽になる 後払い法人サービスです。 取引先への支払いを最短60秒の手続きで最大60日間延長できるのが特徴です。
審査・担保・面談不要
最短60秒で手続き完了
最大60日間支払い延長

支払いcom(支払いドットコム)
詳しくはコチラ

PayPayクレジット申し込みの注意点

「Yahoo! JAPANカード」や「PayPayカード」などの会員の「PayPayクレジット」申し込みの注意点

PayPayクレジットに申し込みするとPayPayアプリの支払い方法やチャージ方法に登録されているYahoo! JAPANカードやPayPayカードの情報は削除されます。

また、決済後オートチャージの方法としてYahoo! JAPANカードやPayPayカードを登録している場合も削除され、オートチャージが発生しませんのでご注意ください。

家族カードでは、PayPayクレジットを登録することはできません。

【PayPayカード会員もPayPayクレジットの登録が可能に!】
リリース時は「PayPayカード」会員が「PayPayクレジット」申し込みすることはできませんでしたが、2022年3月1日(火)から「PayPayカード」会員も「PayPayクレジット」への登録ができるようになりました。
「PayPayカード」会員も「PayPayクレジット」で支払うと「PayPayステップ」のカウント対象&特典の対象になります。

PayPayクレジットのよくある質問

Q

PayPayクレジットとPayPayカードの違いは?

A

「PayPayクレジット」は、PayPayにチャージしたりPayPay加盟店で当月に利用した金額を翌月まとめて支払えるPayPay独自の支払い方法の一つです。
「PayPayカード」はJCB、Visa、Mastercard加盟店で支払いに利用できる”クレジットカード”です。
詳しくは⇒ PayPayクレジットとPayPayカード払いの違い

Q

PayPayクレジットを利用するには?

A

「PayPayクレジット」を利用するには、「PayPayクレジット」の申し込みが必要となり、「PayPayクレジット」の申し込み後、審査が完了すると利用できます。
PayPayカード、ヤフーカードを持っていない場合は、PayPayアプリの「あと払い」アイコンをタップし、申し込みしてください。
ヤフーカードを利用中の場合も「PayPayクレジット」に申し込めますが、PayPayカードを利用中の場合は、「PayPayクレジット」に申し込みできません(2022年2月現在)。

Q

PayPayクレジットの年会費と手数料は?

A

「PayPayクレジット」の年会費は、無料です。
「PayPayクレジット」の手数料も1括払いは無料ですが、リボ払いは手数料がかかります。
利用代金の支払いができなかった場合も、遅延損害金が発生します。

Q

PayPayクレジットの利用明細の確認方法は?

A

「PayPayクレジット」の利用明細の確認方法は、以下の通りです。
・PayPayアプリの「あと払い」アイコンをタップ
・PayPayクレジットトップの下部にある[利用明細]をタップ
「PayPayクレジット」ページ内の利用明細では、「PayPayクレジット」と「PayPayカード」、「ヤフーカード」の利用分も確認することができます。
「PayPayクレジット」の利用明細は、未確定月を含め最大24ヶ月分の明細を見ることができます。
PayPayカードキャンペーン

Q

PayPayクレジットの解約方法は?

A

「PayPayクレジット」は、PayPayカード株式会社が提供するさーびすなので、「PayPayクレジット」の解約方法は、以下、PayPayカード株式会社のコンタクトセンターに問い合わせをして手続きを行います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PayPayカード株式会社 コンタクトセンター
電話番号:0570-09-8181(自動音声サービス)
窓口時間:24時間受付 / 土日祝日を含む365日(メンテナンス日を除く)
※上記番号が利用できない場合は、093-330-8484に問い合わせ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q

PayPayクレジットが利用できる店舗は?

A

「PayPayクレジット」が利用できる店舗は、PayPayが使える街のお店(実店舗)となります。

Q

PayPayクレジットが利用できない店舗は?

A

「PayPayクレジット」が利用できない店舗は、「ネットサービスの支払い」、「請求書払い」、「”PayPayマネー限定”の加盟店」での支払いには利用できません。

Q

PayPayポイントとは、使いみちは?

A

PayPayポイントは、1ポイント=1円分としてPayPayが使えるお店、PayPay公式ストア、PayPayカード公式ストアで利用できるポイントです。

Q

PayPayポイントの有効期限は?

A

PayPayポイントは、有効期限はありません。

Q

「PayPayボーナス」が「PayPayポイント」に変更されるとどうなる?

A

PayPayポイントになってもそのまま使えます。 ポイント名が「PayPayボーナス」から「PayPayポイント」へとかわるだけです。

Q

PayPayポイントの残高はどうやって確認する?

A

PayPayポイントの残高は、PayPayアプリ下部の[残高]の[残高履歴]から確認できます。 また、これから付与される予定のPayPayポイントは【付与予定のポイント】から確認できます。

Q

PayPayポイントは出金できる?

A

PayPayポイントの出金はできません。

Q

PayPayポイントとPayPayは組み合わせて使える?

A

PayPayポイントとPayPayは合算して支払いに利用できます。

Q

PayPayポイントと”PayPay後払い”は組み合わせて使える?

A

PayPayポイントと”PayPay後払い”は併用できません。2023年12月6日より「PayPayクレジット」の支払いに「「PayPayポイント」が利用できるようになりました。

Q

PayPayポイントと”クレジットカード”は組み合わせて使える?

A

PayPayポイントと”クレジットカード”は併用できません。

PayPayクレジット[公式]ページ

関連▶請求後払い法人サービスの仕組みやメリットとは

アメックスも使える請求書カード払いの利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、後払いアプリなど他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

PayPayカードのデメリット

PayPayカードの入会キャンペーン
 
申し込み&審査で最短5分、即日発行してすぐ使えるPayPayカードは最高5%と高い還元率でもちろん年会費は永久に無料。
最短5分ですぐ使える
PayPayカードについて
詳しくはこちら
PayPayカードを即日発行
 
PayPayカードゴールドのメリット
ポイント還元1.5~10%!
Yahoo!プレミアム使い放題
詳しくはこちら
PayPayカードゴールドのメリット
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ