郵便料金値上げにより請求書発行コスト増でデジタル化が急務に – 「楽楽明細」が解決策を提供

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 請求書カード払い
郵便料金値上げにより請求書発行コスト増でデジタル化が急務に – 「楽楽明細」が解決策を提供

「楽楽明細」による請求書発行業務のデジタル化

株式会社ラクスが実施した調査によると、全国の経理担当者441人を対象にした結果、約77.1%の企業が現在も「紙で印刷、封入し、郵送」している請求書発行方法を採用しており、郵便料金の値上げによってこれらの企業のコスト負担が増大することが明らかになりました。この調査結果は、請求書発行業務におけるデジタル化の必要性を強く示しています。

「楽楽明細」は、WEB上で請求書や納品書などを発行するクラウド型システムで、印刷・封入・発送の手間を省き、コスト削減を実現します。電子帳簿保存システム「楽楽電子保存」と組み合わせることで、電子保存法の要件に対応した形での電子保存・一元管理が可能になります。累計導入社数は8,000社を超え、電子請求書発行による業務効率化及びコスト削減を幅広い企業に提供しています。このようなシステム導入により、郵便料金の値上げに伴う課題への対応が急務である企業にとって、貴重な解決策となり得ます。

関連▶請求書の支払いをカード払いにするデメリット

このニュースのポイント
  • 約77.1%の企業が請求書を紙で発行し、コスト増の見込み
  • 「楽楽明細」による請求書発行のデジタル化がコスト削減を実現
  • 電子帳簿保存システム「楽楽電子保存」で法要件にも対応

 

<以下リリース>

請求書発行を「紙で印刷、封入し、郵送している」企業は77.1%

郵便料金値上げによりコストアップや顕在化する課題への対応が急務に

電子請求書発行システム「楽楽明細」を提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村崇則、以下ラクス)は、全国の経理担当者441人を対象に、郵便料金値上げに関する調査を実施しました。

2023年12月18日、総務省は定形郵便封書についての郵便料金上限額を引き上げる案を情報通信行政・郵政行政審議会に諮問したことをうけ、郵便料金が値上げされることにより企業のバックオフィス業務にどのような影響があるのか調査いたしました。

※現状は諮問を踏まえ、審議会が2024年3月7日に承認したことを発表。

郵便料金値上げにより、多くの企業が請求書発行業務における費用負担が増加

調査結果サマリ

  • 郵便料金が値上げされることを「知っている」と回答した方は80.3%と高い認知
  • 請求書発行業務を「紙で印刷、封入し、郵送している」と回答した方は77.1%

郵便料金が値上げされることを「知っている」と回答した方は80.3%

郵便料金が値上げされることを知っているかうかがったところ、80.3%の方が「知っている」と回答しました。

請求書発行業務を「紙で印刷、封入し、郵送している」と回答した方は77.1%

現在の請求書発行業務の運用方法が「紙で印刷、封入し、郵送している」と回答した方は77.1%となり、郵便料金が値上げされることで、多くの企業の費用負担が増える見込となります。

この調査結果から、多くの企業が請求書発行における費用負担増加に対応する必要があり、電子請求書発行システムなどのデジタル化のニーズが高まると予想されます。

請求書発行業務のデジタル化による効果

多くの企業で、未だ紙による請求書発行が主流となっています。「楽楽明細」は、請求書発行において手間のかかる「印刷・封入・発送」作業のデジタル化により業務の効率化を支援する他、紙での郵送費用などをはじめとしたコストの削減にも貢献しています。

電子請求書発行システム「楽楽明細」/電子帳簿保存システム「楽楽電子保存」 

「楽楽明細」は、請求書、納品書、支払明細などの帳票をWEB上で発行するクラウド型のシステムです。帳票データを「楽楽明細」にアップロードするだけで、取引先に応じて「WEB」「メール添付」「郵送」「FAX」のいずれかの方法で自動発行が可能で、請求書発行において手間のかかる「印刷・封入・発送」の作業をゼロにできます。

累計導入社数は2023年9月時点で8,000社を超え、「楽楽明細」で受け取った電子請求書などの帳票を電子帳簿保存法の保存要件に対応した形で電子保存・一元管理をすることができる「楽楽電子保存」も提供しています。

調査概要 

郵便料金値上げに関する調査

  • 調査対象:経理・財務・会計担当者
  • 調査地域:47都道府県
  • 調査期間:2024年2月15日~2月16日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 有効回答数:441サンプル

※当データ使用の際はクレジット記載をお願いいたします。
※本調査結果内で使用しているグラフは、小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計した数字が100%にならない場合があります。

会社概要

  • 社名      :株式会社ラクス
  • 本社      :東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿
  • 設立      :2000年11月1日
  • 資本金   :3億7,837万円
  • 代表者   :代表取締役 中村崇則
  • 事業内容:クラウドサービス事業
  • 会社HP:https://www.rakus.co.jp/

<以上>

アメックスも使える請求書カード払いの利用企業が急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

”手形”や”掛け払い”ではなく”法人クレジットカード”でもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスとして、特にビジネスローンやファクタリングに代わる手軽な資金繰り対策に「請求書カード払い」と呼ばれるサービスの人気が小規模事業者の間で急上昇中です。
VOIXでは中小スタートアップ法人に人気の「支払いドットコム」や個人事業主とフリーランスにも評判の「DGFT請求書カード払い」など請求書を銀行振り込みからカード払いに審査不要で簡単に切り替えできるサービスについて、後払いアプリなど他の後払い方式との違いや複数の類似サービスを比較し特集しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ