三井住友カードの中小企業向け法人カード「三井住友ビジネスカード」の入会手続きがオンライン対応

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
三井住友カードの中小企業向け法人カード「三井住友ビジネスカード」の入会手続きがオンライン対応

三井住友カードの中小企業向け法人カード「三井住友ビジネスカード」の入会手続きと口座振替契約がオンライン対応

年会費初年度無料と永年無用の法人カード番号がないナンバーレスカードなどのクレジットカード事業を展開する 三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、社長:大西 幸彦)の中小企業向けの法人ビジネスカード「三井住友ビジネスカード」が、申し込み手続きの完全オンライン対応を開始、これによりカード入会がインターネット完結でできるようになる。

「三井住友ビジネスカード」の申し込み手続き完全オンライン化について

三井住友ビジネスカード」の申し込みにおいて、従来は引き落としに利用する銀行口座を設定する際、指定する金融機関との口座振替契約書に記入し、社印を押印してから郵送する必要があったが、三井住友銀行の法人口座を開設している事業者であれば、三井住友銀行の法人専用WEBサービス「Value Door」を利用し口座振替契約をWEB上で締結できる。

「三井住友ビジネスカード」の申し込みの流れ

「三井住友ビジネスカード」の入会手続きがオンライン対応

三井住友カード側においてもビジネスカードの申込書を受取ってから、手動で申込情報を登録する必要があったが、三井住友カード会員専用WEBサービス「Vpass」と三井住友銀行の法人専用WEBサービス「Value Door」間でシステムを連携し自動化することにより最短10営業日でビジネスカードの発行ができるようになったという。

三井住友ビジネスカードの概要

三井住友ビジネスカード 商品概要

中小企業におすすめ 三井住友 法人カード


【おすすめ 三井住友カードの法人カード】

業務用 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド 三井住友カード ビジネスオーナーズ
デザイン 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドカード smbc-biz-owners
特徴 ①審査書類として、登記簿謄本や確定申告書が不要なので、いますぐネットから申し込み手続きができます。キャッシュカードや通帳など、引き落とし用の口座番号がわかるものは必要です。)
②決算書や確定申告書、銀行口座残高証明など 業績に関する審査書類も不要なので、設立1年未満で決算書がない、設立・起業したばかりで、まだ売り上げがない・少ない、赤字など審査が不安な経営者にもおすすめです。
対象 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(フリーランス、副業を含む) 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(フリーランス、副業を含む)
年会費 5,500円、年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費永年無料
詳しくは⇒ 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド を年会費永年無料にする方法
永年無料
詳しくは 三井住友 ビジネスオーナーズ ゴールドのメリット・デメリット 三井住友 ビジネスオーナーズのメリット・デメリット
キャンペーン 最大10,000円相当 プレゼント 最大8,000円相当 プレゼント
公式 ゴールドカード
【公式】ページ
一般カード
【公式】ページ

<リリース>


※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ