Visa法人カードを利用した「請求書支払い代行サービス」を三井住友カードとNTTコムウェアが提供開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
Visa法人カードを利用した「請求書支払い代行サービス」を三井住友カードとNTTコムウェアが提供開始

三井住友カードとNTTコムウェアがVisa推奨法人決済スキームBPSPを活用した「請求書支払い代行サービス」を提供開始

中小企業向け 法人カードナンバーレスカードなどのクレジットカード事業を展開する 三井住友カード株式会社(三井住友カード)と エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア)が業務提携を締結し「請求書支払い代行サービス」の一般提供を開始、事業者間のクレジット決済市場を拡大し、3年後の取扱高(累積)900億円をめざすという。

三井住友カード「請求書支払い代行サービス」とは

「請求書支払い代行サービス」は、法人向けビジネスを展開するNTTコムウェアの「企業間決済プラットフォーム」上で提供される決済サービス。

Visaが推奨するクレジットカードで支払いを行いたい買い手企業と、クレジットカード支払いを受け付けていない売り手企業の決済をつなぐための新たな法人決済スキーム「BPSP(Business Payment Solution Provider)」に基づいており、三井住友カードのクレジットカード決済に関するノウハウを活用した事業者向けの法人カードを活用したサービスとなる。

三井住友カード「請求書支払い代行サービス」の対象カード

2022年6月~

2022年8月~

2023年春頃~

  • Visaカード会員(三井住友カード以外のVisaカードにも対応)

三井住友カード「請求書支払い代行サービス」の特徴

事業者間の取引において、入金と支払いのタイミングが数週間~数か月ズレることがあり、特に中小企業では資金繰りが悪化する課題となっている。

また、資金繰りを解決するために、おすすめの手段として法人カード の利用が挙げられるが代金の受け取り(売り手)側の事業者がカード決済に対応していないという問題がある。

三井住友カード「請求書支払い代行サービス」

「請求書支払い代行サービス」を導入することで、支払い側の事業者は、Visaブランドの法人カードがあれば、代金の受け取り(売り手)側の事業者がクレジットカード決済に対応していなくても、カード決済を利用して支払うことができるサービス。

支払い側の事業者は「請求書支払い代行サービス」を利用しWeb画面から24時間365日いつでも簡単・安全に、クレジットカード決済による請求書の立替払いを利用できるようになるため、資金繰りが改善できる。

三井住友カード「請求書支払い代行サービス」

代金の受け取り(売り手)側の事業者は、手数料の支払いや、通常の売上回収のフローも変更せずに振込等による期日通りの入金が保証される。

通常の法人カード利用と「請求書支払い代行サービス」との違い

通常の法人カードを利用した支払いは、決済手数料を代金の受け取り(売り手)側が負担するが、「請求書支払い代行サービス」は支払い側の事業者が決済手数料3%を負担する点が大きな違いとなる。 クレジットカードの大きなメリットの1つであるポイントは従来通り還元される。

「請求書支払い代行サービス」の買い手(支払い)側企業の導入メリット

  • 企業間取引における請求書の支払いにカード決済が利用可能。
  • 現在所有のVisaカードで決済可能。融資契約など、新たな資金調達の契約締結は不要。
  • カード決済(後払い)であれば、資金繰りが改善。
  • 支払方法の一元管理により業務効率化が可能。

「請求書支払い代行サービス」の買い手側企業の導入メリット

  • 買い手企業からの入金サイクル、振込名義情報等に影響無し。
  • 買い手企業が本サービスを利用することで、入金が保証される。
  • 本サービスによる手数料等の金銭的な負担無し。

「請求書支払い代行サービス」が利用できる三井住友ビジネスカード


【おすすめ 三井住友カードの法人カード】

業務用 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド 三井住友カード ビジネスオーナーズ
デザイン 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドカード smbc-biz-owners
特徴 ①審査書類として、登記簿謄本や確定申告書が不要なので、いますぐネットから申し込み手続きができます。キャッシュカードや通帳など、引き落とし用の口座番号がわかるものは必要です。)
②決算書や確定申告書、銀行口座残高証明など 業績に関する審査書類も不要なので、設立1年未満で決算書がない、設立・起業したばかりで、まだ売り上げがない・少ない、赤字など審査が不安な経営者にもおすすめです。
対象 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(フリーランス、副業を含む) 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(フリーランス、副業を含む)
年会費 5,500円、条件を満たすと翌年以降の年会費が永年無料
詳しくは⇒ 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド を年会費永年無料にする方法
永年無料
詳しくは 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドのメリット・デメリット 三井住友カード ビジネスオーナーズのメリット・デメリット
キャンペーン 最大10,000円相当 プレゼント 最大8,000円相当 プレゼント
公式 ゴールドカード
【公式】ページ
一般カード
【公式】ページ

「請求書支払い代行サービス」のよくある質問

Q

「請求書支払い代行サービス」が利用できるカードは?

A

「請求書支払い代行サービス」が利用できるカードは、2022年6月時点で、三井住友カード ビジネスオーナーズ、三井住友ビジネスカードfor Owners の法人代表者会員(Visaブランドのみ)です。
2022年8月以降に順次対象事業者が拡大されます。 詳しくはこちら⇒ 三井住友カード「請求書支払い代行サービス」の対象カード

Q

「請求書支払い代行サービス」に審査はありますか?

A

三井住友カードのVisaカードの利用者であれば審査はありません。 「請求書支払い代行サービス」が利用できるカードはこちら⇒ 三井住友カード「請求書支払い代行サービス」の対象カード

Q

「請求書支払い代行サービス」の費用はかかりますか?

A

はい、「請求書支払い代行サービス」を利用して支払う際に3%の手数料がかかります。 初期費用や年会費などはかかりません。

Q

「請求書支払い代行サービス」で支払いができる請求書の種類は?

A

請求書の支払い方法が国内の銀行振込のものであれば「請求書支払い代行サービス」が利用できます。 納付書やコンビニ払い等の支払い用紙での支払いや個人あての支払いには利用できません。

Q

「請求書支払い代行サービス」の利用限度額はありますか?

A

「請求書支払い代行サービス」の支払いに利用する法人カードの枠内であればいくらでも利用できます。

Q

「請求書支払い代行サービス」は個人事業主出も利用できますか?

A

2022年6月時点では法人マイナンバーが必須のため法人限定サービスとなりますが、2022年8月に個人事業主への対応を予定しています。

Q

「請求書支払い代行サービス」は、Mastercard、JCBやアメックスも利用できますか?

A

「請求書支払い代行サービス」は、Visaが推奨する法人決済スキーム「BPSP(Business Payment Solution Provider)」に基づいて構築されたサービスのため、Visaブランドのみの利用となります。

 

<リリース>


タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ